TOP >作品データベース >だれもが愛しいチャンピオン

だれもが愛しいチャンピオン

みんなの感想/評価
「だれもが愛しいチャンピオン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    15
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
579
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/27
原題
Campeones
配給
シンカ
上映時間
118分
解説/あらすじ
プロ・バスケットボールのコーチ、マルコは“負ける”ことが大嫌いなアラフォー男。ところが短気な性格が災いして問題を起こし、チームを解雇された揚げ句、知的障がい者のバスケットボールチーム“アミーゴス”を指導するはめに。アミーゴスの自由過ぎる言動にはじめは困惑するマルコだったが、彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れて一念発起、全国大会でまさかの快進撃を見せる…。
© Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE synca.jp/champions/
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Ishigakorogaru
    『だれもが愛しいチャンピオン』ギャグがエグかったり恐怖症の克服が荒療治で釈然としないところもあるけど、ここで生まれた絆は本当に羨ましい。あと追加メンバーの眼鏡でダウン症の女が出ると流れる彼女のテーマ曲が最高。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『だれもが愛しいチャンピオン』本物の障害者がちゃんと芝居をできてるだけで感動するというのは何ができないかも知らないで言うとおこがましいけど、それを差し引いても宛書きされてるだけあってみんなが輝いていて素晴らしい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『だれもが愛しいチャンピオン』クソクズなバスケコーチの主人公が踏んだり蹴ったりで泣きっ面に蜂な挙句障害者チームのコーチをすることになるんだけど、この障害者チームが少林サッカー以上に言うことを聞かない。最高。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『だれもが愛しいチャンピオン』知的障害者のバスケットボールチーム。最初は適当に指導をして、義務を果たせばいいと思っていた主人公が、徐々に彼らと気持ちが通い合っていく姿が実に感動的。みんな個性的で、一人一人が本当に愛おしくなってくる。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『だれもが愛しいチャンピオン』前知識ほぼなしで観賞したのが良かった!クズみたいに性格の悪いオヤジが知的障害者のバスケチームを育てるつもりが逆に彼らに成長させてもらう物語。冒頭と終盤ではもはや別人。新年早々泣かされた。感動をありがとう
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『だれもが愛しいチャンピオン』障害者題材だが恐れず彼等の言動を笑いに変えている所に好感。短気で無理解なコーチが変わっていく様はやや説得力に欠けるけど、チームの面子が愛らしく何となく納得。また勝つことだけに囚われないスポーツの意義なんかも感じたり。裁判官は後半も登場して欲しかった。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『だれもが愛しいチャンピオン』試写@セルバンテス文化センター♪
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『だれもが愛しいチャンピオン』有能だが癇癪持ちのバスケコーチが知的障害者のチームをコーチすることになり、選手たちと反発しながら次第に分かり合い大人になっていく。コーチの能力と選手の特徴が活かせてないし、バスケシーンがおざなり。
    いいね

    普通
  • garancear
    『だれもが愛しいチャンピオン』スペインで一位というにはユルい作り。走れもしなかった障害者チームがどうしてあんなに強くなれたのか、偏見コーチがなぜ変わったのか、納得させる見せ場が足りない。とはいえチームはユーモラスでラストの試合シーンは楽しかった。 #映画
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『だれもが愛しいチャンピオン』知的障害がありながら其々の理念と純真さを持ち合わせるアミーゴスの面々が素晴らしく愛おしい。彼らに触れ変容していく短気なコーチ同様に、スポーツや人生の意義すら色を変えていく結末は感動を超え爽やかさを残す。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『だれもが愛しいチャンピオン』世間から変な目で見られがちな知的障害者だが、本作を観ていると俗に言う健常者と呼ばれる我々より余程人間らしい存在ではないかと思えてくる。初めは教える立場だった主人公が彼らに教えられていくドラマに心震える。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『だれもが愛しいチャンピオン』実は2回目の観賞。また沢山笑い沢山泣きました!俗に健常者障害者と言うけど本当は同じ人間なんです!心の綺麗さや真実を見る目はその名称で言うと障害者のが優れてる事が映画に詰まってる!見終わって爽やかな感動!
    いいね

    良い
  • kmrks
    『だれもが愛しいチャンピオン』(Campeones)鑑賞。219 設定は珍しくないもののスペインらしいテイストで笑顔になれる結末。ヒット作でありつつ教材的な使い方もできそう。 #eiga
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『だれもが愛しいチャンピオン』#movie ドキュメンタリーの方も公開して欲しいものである😄
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『だれもが愛しいチャンピオン』最初は障害者達を上から目線だったコーチ。エリートが首になって仕方なく引き受けたはずが。一生懸命やればできる、選手達と同じ目線にたって公平に扱い、やがては離れられなくなるほど心が通じ!時に泣きました。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『だれもが愛しいチャンピオン』#movie コジャンテスの金玉蹴り必見(^^)/
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『だれもが愛しいチャンピオン』#movie これは最高!ラストは意表をつかれて大笑い(^^)/
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『だれもが愛しいチャンピオン』試写。チームメンバーが皆、知的障害を持ちながらも明るいキャラクターばかり。それぞれ自分の哲学を持っていて、精神的に自立している。最初は嫌々だった短気なコーチも彼らのペースにすっかり巻き込まれ、変化していく過程が楽しい。スペインのゴヤ賞で3冠を受賞。
    いいね

    良い
  • napoleonfish
    スペイン映画「だれもが愛しいチャンピオン」 をジャックアンドベティにて鑑賞。絶対に泣くと思っていたけど、案の定泣いた😢ベタだけど、アミーゴスのみんなが個性的で愛しい。コーチも愛しい。ラストの方が予想外だったけれど、それが彼らの素晴しさだった。映画ってやっぱりいいな💕
    いいね
  • hisashinis
    「だれもが愛しいチャンピオン」観た。絶妙の面白さ。爆笑した。映画でこんな爆笑したのも珍しい。知的障害者のチームのコーチを命ぜられて戸惑う主人公。恋人ソーニャがチームに加わってからチームの雰囲気が変わる。知的障害を個性として描いて、それを笑いにつなげるうまさ。今年一番のおすすめかも
    いいね
    もっと見る Loading...