TOP >作品データベース >マスターズ・オブ・ホラー

マスターズ・オブ・ホラー

みんなの感想/評価
「マスターズ・オブ・ホラー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数0
公開日
2019/7/19
原題
Nightmare Cinema
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
119分
解説/あらすじ
ある日、サマンサが街を歩いていると、ひとけのない映画館が目の前に現れた。中に入ると客席は無人だった。席に座ると、突然スクリーンに映像が流れ始める。そこには何かに追われ、屍で埋め尽くされた森の中を走る、血だらけの自分自身がいた…。一方、その頃、ベネディクト神父も、ふと目にした映画館へと導かれていた。そこで教会の屋根から少年が飛び降り自殺をする映像を目にする。そして、神父にさらなる恐怖が襲いかかる…。閑散とした魅惑のホーンテッドシアターが映し出す狂気の沙汰の数々。それらは妖しげに繋がり壮絶な“血の歴史”が紐解かれる…。
©2018 Nightmare Cinema Productions, LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • eiga_ningen
    ヒューマントラストシネマ渋谷で『マスターズ オブ ホラー』鑑賞。古びた映画館(映写技師はミッキー・ローク!)を舞台にしたオムニバス5本立て。この手の映画にしては尺が長い気もしますが、かなり満足な出来! https://t.co/37U8Y6uTy8
    いいね
  • tahtaunwa
    「マスターズ・オブ・ホラー」鑑賞。映画館を舞台にした5人の監督(ジョー・ダンテ、北村龍平ほか)によるホラーオムニバス。映画館に入ると客席には1人だけ。始まる映画の中には自分がいて…。他に客のいない深夜の映画館では観たくない。第1話が展開といい、オチといい、1番好き。
    いいね
  • yankora0205
    「マスターズ・オブ・ホラー」。クレイブン、フーパー、そしてロメロに捧げられた本作。ミッキー・ローク演じる映写技師を語り部に、劇場に引き寄せられた客が自分の映画を観るという形式で語られるオムニバス。見本市のような楽しさがあり、シリーズ化を期待したい。やっぱりホラー映画って良いよね
    いいね