真実

みんなの感想/評価
「真実」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    41
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
77
ポジティブ指数97
公開日
2019/10/11
原題
La Vérité
配給
ギャガ
解説/あらすじ
国民的大女優ファビエンヌが自伝本【真実】を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……お祝いと称して、集まった家族の気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにを綴ったのか?」そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていき──。
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『真実』数えたカットは414。イーサン・ホークが一番なじみのある俳優だったが、どの出演者も名優ということがわかっていてもなお、彼女たち家族がどこかにいてもおかしくない存在感があった。是枝監督作ではあるが、これはフランス映画だよなという雰囲気があった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『真実』鑑賞。大女優とその家族、それぞれのそれぞれに対する思いが交錯する様子が見ごたえがあり、さらに女優の映画撮影の様子が交錯することで思いの深い部分までが描かれていく。その内容が見事だし、最後まで見ると今作のタイトルである真実という言葉の意味がぐんと重くなる。傑作。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『真実』キャストと設定でイメージしたほど傑作とはならず。冒頭の日本語台本が透けて見える説明的なくだりは乗れなかったが、演技が白熱するところから楽しめる。舞台が海外に移っても是枝テーストは健在。子役の自然な芝居もまた是枝監督らしい。
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『真実』ドヌーブとビノシェの競演。時に火花のちる母と娘。偉大な母を尊敬しつつ、どこか対抗心のある娘をさりげなく好演したビノシェはさすが。家族の物語。どんなに争っても家族っていいなと思う。フランス人が登場人物だから描けた映画。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『真実』4)幾重にも、さらに幾重にも貼られた伏線を初見で回収したとは思わない。だけども、これは家族の話ではなくて、呪縛を解くための話であるということは、何度も指摘しておきたい。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『真実』3)本作で描かれる亡霊は複数いる。サラの再来となる女優。主役の大女優の執事、料理担当のパートナー、そしてサラから寵愛を受けた娘。大女優の彼女にとっての真実とは何かと考えると、彼女自身が描いた演出家として物語なのだろう。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『真実』2)本作は家族のホームコメディとか、過去の大女優とかの虚実織り交ぜた話とされがちだけど、それは違う。この話はホームドラマを上塗りした、過去・亡霊と決別する物語。亡霊とは個々の主人公たちに覆い被さる呪縛だ。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『真実』1)評価S。作品をこれから論評するにあたり、真実か虚偽かではなく、何かが実在しているのか?不在しているのか?を巡る戦いを魅せられていたと思う。その虚空の中心にいる人物は姿も声もない。ただ記憶の中に複数化され、個人化される。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「真実」母と娘の行き違った気持ちが長い時を経て交差する。吹替版の方が理解出来ると思います。』 https://t.co/E8prvtgoPg?amp=1
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『真実』‪ここで描かれるのは、男性と女性の立場が逆転した家族の姿‬。たとえそれが他人からは奇妙に見えようとも、彼女たちの真実は彼女たちだけのもの‬で、家族のあり方は千差万別。舞台がフランスだからこそ男女逆転がしっくりくる映画だった‬
    いいね

    良い
  • fullswing_mizu
    『真実』劇中劇の『母の記憶に』完成版を見たくなりました。DVD発売するときには特典映像に入れて欲しいです。
    いいね

    良い
  • polalain
    『真実』劇中劇中劇!全部みてみたい!ドヌーヴ歳をとっても素敵だし存在感。とある日の出来事@映画は大好物なのでほっこり。イーサンもよき雰囲気だったし 秋のフランス素敵だったなあ
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『真実』ヒョウ柄のコートで寛ぐ75歳のドヌーヴの貫禄と美貌は圧巻。全盛期時代を知る者としてはやっぱり図太い女優だったと君臨ぶりが微笑ましいし、是枝監督の観察眼も鋭く、晩秋のパリのエスプリを纏う撮影と音楽が詩的に絡み合い終始心地よい。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    81本目『真実』。記憶の中の誤謬や敢えてつく優しい嘘。真実と思っていることに一体どれほどの価値がある?劇中劇のSF設定が母娘の立場を相対化して関係修復の契機となったようで面白い。舞台はパリだけど会話劇が冴えわたる紛れもない是枝作品。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『真実』字幕版。毒気と温もりの混在する家族の物語は深まる秋に射す木漏れ日のような穏やかな心地良さ。女優と母親の異なる性質を体現した実存するドヌーヴと、会話で骨格から輪郭まで示される不在のサラの2人の存在感。創作の枠を超えた脚本が見事
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『真実』人の真実など知るべきではない。記憶は曖昧で、悪い思い出は残りやすい…というどこの家族にも共通しそうな是枝文学、ユーモアのある毒… https://www.cinemarev.net/entry/shinjitsu.html  #映画
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『真実』 ドヌーヴ様がご自身まんまのようなキャラで登場。全く板についていて、とてもよろしい。主演3人のアンサンブルもバランスがいいなと思いました。私は結構楽しんで見てました。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『真実』是枝監督仏作品。女優である母と娘の葛藤劇。THE女優のカトリーヌ・ドヌーブの魅力が満載。人の記憶の深さや曖昧さを是枝監督風にアレンジ。当たり前の日常が心に染みる余韻あり。子役の少女がいいアクセントに。#eiga #movie
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →『8月の家族たち』を想定して見ていたけれども、是枝監督は優しかった。老女優は扱いづらく強引で、そして他人からみれば可愛い。『真実』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →でも全世界的に子どもは親の子育てを批判したく、親は子どもの気持ちを汲めず、口が悪い人は理解されず、驕った人は孤独になる……そして人の記憶なんて不確かな物。という事なのだろう『真実』#eiga #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...