HOKUSAI

みんなの感想/評価
「HOKUSAI」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
52%
  • 良い
    14
  • 普通
    9
  • 残念
    3
総ツイート数
3,117
ポジティブ指数85
公開日
2021/5/28
配給
S・D・P
上映時間
129分
解説/あらすじ
町人文化華やぐ、江戸の町。その片隅で、日の目を見ない、ひとりの貧乏絵師がいた。勝川春朗—のちの葛飾北斎である。傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門。食うことすらも、ままならぬ日々を送っていた。そんな北斎に、ある日、人生を変える転機が訪れる。歌麿、写楽を世に出した希代の版元・蔦屋重三郎が、北斎の秘めた才能を見出したのだ。重三郎の後押しによって、「絵の本質」に気づいた北斎は、その才能を開花。誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となる。その奇想天外な世界観は、瞬く間に江戸を席巻。さらに町人文化を押し上げたが、それが次第に幕府の反感を招くことに。絵は、世を変えられるのか?
©2020 HOKUSAI MOVIE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kamino_saga
    『HOKUSAI』田中泯の後半が凄かった。前半は挫折の日々だから…。青木崇高くん出てたー!小布施の謎解けた。 #Hokusai
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『HOKUSAI』柳楽優弥が演じる、若い頃のとんがった北斎の姿があって、田中泯が演じる、老いてなお、精力的に絵を描く北斎翁の姿が、強烈な印象を残す。欲を言えば、北斎の娘、お栄=葛飾応為の、絵師としての活躍をちゃんと描いて欲しかった。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『HOKUSAI』苦労して才能を開花させた人間の話は面白い。自由な表現が許されなかった時代に表現する事を貫いた北斎の偉大さ。老いたからこそ見える物があると考えれば老いさえも楽しめる。曇り無き喜びを最期まで感じられる人生は幸せだろう。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『HOKUSAI』(20/日) 葛飾北斎の青年期を柳楽優弥が、壮年期を田中泯がそれぞれ好演。爛熟していく町人文化への幕府の弾圧を描き。表現と規制の現代にも通じるテーマ性がある。吉原の絢爛な美術に京都撮影所の底力を感じた。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『HOKUSAI』劇場で鑑賞。青年期と晩年から照射される"画狂人"葛飾北斎の生涯。江戸の町人文化を彩った、錚々たる面々と邂逅し深まっていく絵師としての業。共に北斎を演じる柳楽優弥と田中泯の眼光ギラつく芝居ぶりが素晴らしい。良作です
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『HOKUSAI』脚色は強いと思うが風景画が生まれるきっかけに歌麿や写楽、蔦谷重三郎との関わりを持ってくる辺り楽しく。青年期のギラツキ感から一端の絵師となり親となる落ち着きを演じた柳楽優弥から一転、70を超えても描く対象に歓喜する田中泯の演技も楽しく。前半部の着物デザイン好き。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『HOKUSAI』稀代の天才絵師 葛飾北斎の生涯を映画化と言うものの、ほぼ創作の青年期は絵師としての成長をテーマにしてるが老年期との繋がりも乏しくやや冗長。柳楽優弥、田中泯ともにギラギラとした狂人っぷりを全身で表現してるだけに惜しい
    いいね

    普通
  • 370sana
    『HOKUSAI』観てきた。画業に悩む若かりし柳楽優弥と、蔦重の阿部寛が良い。悩んで悩んで突き抜けた画家を後押しするのはなんて素敵な仕事なのだろう。晩年の田中泯も良いので、前後半に分けてじっくり描いて欲しかった。先日小布施を訪問した身としては最後に鴻山と波の絵が出て嬉しい限り。
    いいね

    良い
  • trustpine
    HOKUSAI、観ました。江戸時代に3万点以上もの作品を残し、91歳まで生きた天才絵師、葛飾北斎の謎に満ちた生涯と絵への情熱を描いた作品です。前半は非常に面白かったのに、後半の失速感と章立ての129分は長すぎた感じがします。青年期の北斎を演じた柳楽優弥がいいですね。
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『HOKUSAI』★★★☆☆前半の美術と衣装がいい。全体的に散漫な印象になってしまった。
    いいね

    普通
  • tb_polkadots
    『HOKUSAI』鑑賞。謎の多い葛飾北斎の人生を当時の人気絵師や戯作者との交わりも描きながら辿る物語。あの有名な絵が生まれた背景も出てくるが、晩年まで彼を突き動かした絵に対する情熱が、個人的には今一つ伝わって来なかった。#eiga
    いいね

    普通
  • kiyokiyo1222
    『HOKUSAI』アニメや小説にも描かれている北斎に寄り添うお栄さんは大事な役どころ、誰かと思ったら、企画・脚本の作家さん。身内でかためた感が強い。画狂人として生きた人間性については、より謎に思える。「すみだ北斎美術館」に行きたい。
    いいね

    普通
  • lovetravelmovie
    『HOKUSAI』北斎だけじゃない、歌麿、写楽と有名どこが出てきて大興奮する!そうか、写楽は天才だなぁ~。天才らを前にあえぐ北斎…開眼したと思いきや、まだ第2章!?まさかの急にお爺ちゃんで、有名なのは晩年だったか。でも前半が好きだ。
    いいね

    普通
  • paranoiaquality
    『HOKUSAI』章仕立てにする意味ってあったのかしら、柳楽優弥と田中泯が2人で葛飾北斎を演じるだけで十分なのに。絵師の映画だからアートっぽくなるのはいいけど波の描写とか中途半端で不十分。序盤に歌麿と写楽と一堂に会するのは興奮する。
    いいね

    残念
  • kukucoo
    →歴史的事象は描写が少なく、もちろん創作だけれど、弾圧があってもなくても、リアルな体験が絵師に命を与え情熱を呼び起こす、その描き方は好き。北斎はもちろん、色気だだ漏れの玉木さま@歌麿に魅入ったり、狂気の永山瑛太に涙する。役者と風景を楽しむ。『HOKUSAI』#映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『HOKUSAI』青年期やさぐれてギラギラ。老年期枯れずにギラギラ。柳楽優弥からの田中泯さま。もうピッタリのキャスティング!!ああ、このための泯さまだつたのかと思うと何度も泣けてしまう。全身の表現。好きなものを好きに描けない時代、精いっぱい生きた人たちを描く #映画
    いいね

    良い
  • estate_la
    『HOKUSAI』本日鑑賞。朝から凄い入り。年配者多い。 名前くらいしか前知識なく、当時の浮世絵師に歌麻呂、写楽など一同に会す場面は時代の成せる奇跡かと。 90近くまで絵を描き続ける執念。教養として観ておくのも悪くない。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #HOKUSAI」若い北斎は動なんだけど晩年の北斎は静なのでちょっと寂しいです。面白いんですけどね。引っ越し好きな北斎も観たかった。#北斎 #邦画 #柳楽優弥 #田中泯 https://t.co/NIngL6Zzy4?amp=1
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    『HOKUSAI』今は芸術が自由にできる時代になったよ、と言えないのが悲しい。ある意味リアルだった。 ただ物語は微妙。 天才を描くのって難しい。
    いいね

    普通
  • maccha6madame
    『HOKUSAI』波の絵、遠近感、富士山の形の比率、計算し尽くされた絵がどのようにして生まれたのかが描かれていると期待してしまった。人生論を描いてる? ちょっと残念。大きな画面で絵が観たかった
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2382movies / tweets

    follow us