TOP >作品データベース >慶州 ヒョンとユニ

慶州 ヒョンとユニ

みんなの感想/評価
慶州 ヒョンとユニ
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
2019/6/8
配給
A PEOPLE CINEMA
上映時間
145分
解説/あらすじ
親しい先輩の訃報の知らせから、久しぶりに大邱を訪れた北京大学教授のチェ・ヒョン。亡くなった先輩との7年前の旅を思い出したヒョンは、衝動的に、そこからほど近い慶州へと向かう。以前と変わらず、美しい緑に包まれた古墳が並ぶ街を懐かしむヒョン。彼にはどうしても確認したいものがあった。それは、茶屋にあった一枚の春画。その茶屋を訪れたヒョンは、美しい主人・ユニに出逢う。そこに春画は、もうなかった。ユニによれば、7年前からそれは存在しないという。ヒョンはその後、かつて一夜を共にしたことのある後輩の女性をソウルから呼び出すものの、衝撃的な秘密を打ち明けられる。そして、ユニにも哀しい過去があったーー。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xsizuku
    『慶州 ヒョンとユニ』記憶というものは痛ましく、またはかないものだ。ゆったりとした流れの作品だが、笑えるシーンなども多く意外と退屈しない。昼も夜も、緑が絶品の美しさ。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『慶州 ヒョンとユニ』ゆったりと流れる時間の中で喪失を経て漂うように生きる人間。人生の本質は哀しみと言わんばかりの、だからこそ少しのズレが可笑しさを生み、更なる孤独感を際立たせる。飄々とした脱力の演出にユーモアとエグさが狡いほど光る
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『慶州 ヒョンとユニ』古墳のある独特の雰囲気をみせている慶州に戻ってきた教授とそこでお茶カフェを営む彼女。日本人のおばさん観光客二人の写真のシーンが笑えるけどあんななんだろうね。
    いいね

    良い
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    624ken
    4653movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us