TOP >作品データベース >リンドグレーン

リンドグレーン

みんなの感想/評価
「リンドグレーン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    16
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
34
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/7
原題
Unga Astrid
配給
ミモザフィルムズ
上映時間
123分
解説/あらすじ
兄弟姉妹とスウェーデンのスモーランド地方の自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目が向きはじめる。教会の土地で農業を営む信仰に厚い家庭で育ちながら、“率直で自由奔放”な彼女は、次第に教会の教えや倫理観、保守的な田舎のしきたりや男女の扱いの違いに、息苦しさを覚え始めていた。そんな折、文才を見込まれ、地方新聞社で働き始めた彼女は、才能を開花させはじめる。しかしその矢先、アストリッドの人生は、予期せぬ方向へと進んでいく――。
© Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • polalain
    『リンドグレーン』長くつしたのピッピは当時愛読書の1つであり思い入れが深い彼女の若き頃の波乱万丈を映像でスウェーデンの美しい景色や衣裳も素敵でストーリに没頭やはり彼女の感性自由奔放さは突起していたが貫き通し迫力!
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『リンドグレーン』「長くつ下のピッピ」の作者にはこんな半生があったのね😲早熟な少女は女癖の悪い中年男に惹かれてしまうものなのかしらね😓辛い思いはしたけれど、その後運命を切り拓いたのは素晴らしい。アルバアウグストが好演。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『リンドグレーン』「長靴下のピッピ」は何度読み返したことか。これは彼女の成功譚ではなく、彼女が彼女らしく懸命に生きた若い頃の物語。地域性、性差、宗教観が今とはかなり違った時代。頑張ったのだなぁ。タイトルは原題の方がよいのでは。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『リンドグレーン』#movie 冒頭なソドムとゴモラの話でアストリッドのファンになりました😄
    いいね

    良い
  • 624ken
    飯田橋ギンレイホールで『リンドグレーン』を鑑賞。スウェーデン作家のアストリッド・リングレーンの若き頃の話。この時代では、若き女性の妊娠は、なかなか理解得られず、つらいところ。若くして波乱万丈の人生だが、母親は強いなー。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『リンドグレーン』シングルマザーの奮闘記映画で、前半は波乱の生き方はその無茶振りのダンスによって表現されている。お涙頂戴映画かもしれないけどこういう祖父ちゃん視線で見てしまう。出産のシーンから里親をママと呼ぶシーンなど涙。でも童話作家となって独居老人みたいで息子はどうした?
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『リンドグレーン』スウェーデンの童話作家アスリッド・リンドグレーンの半生の映画。邦題はあとにリンドグレーンと結婚するのだからちょっと原題とは違う。不倫で子供が出来て2歳までデンマークに里子に預けるが里親が病気になり、息子を引き取るがそれまでの生活から環境の変化で子供がなつかない。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『リンドグレーン』優柔不断な男のために離れて暮らした最愛の息子は、自分を忘れてしまい、懐かない。これほど母親を悲しませる現実は無い。その絶望の淵から、ただひたすら愛することで息子との絆を紡いだ主人公に涙。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『リンドグレーン』残念ながら、リンドグレーンのお話は読んだことは無い。児童文学の世界で名を馳せた女性の半生は波乱万丈、若気の至り。彼女の遺した仕事と私生活とのギャップが大きく、人生いろいろだなと思った。 #映画
    いいね

    良い
  • adzukiaddict
    『リンドグレーン』若い女の子がしょうもない中年男によろっとしちゃうお決まりのパターンですが、実話なんだからしょうがない。あの自由な子どもたちのお話が生まれた瞬間を描いたお話でもあります。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『リンドグレーン』ピッピちゃんの作者にはこんなストーリーがあったなんて。時代が時代だから差別偏見中傷も想像付く。彼女が自分を貫く姿、強く生きる姿は美しいし彼女の善さに気付く人もいて当然か。子供の心を失わない秘密に強さがあると思う!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『リンドグレーン』児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの若き日を描いた伝記。前衛的で自由奔放だったが為に波乱に満ちた半生を歩む彼女を支える愛と意志の強さ。閉ざされた社会を切り拓く、生への活力に溢れる後の作品群に繋がる源流の力強さ
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #リンドグレーン』登場人物らが単に善良なだけでなく強い意志を内に秘めた存在として描かれ、豊かな自然、おもちゃのような鉄道列車も魅力的な背景の中、時にぶつかりながらも成長する様がくっきりと浮かび上がる極めてクオリティの高い作品です☆
    いいね

    良い
  • wasei_koba
    『リンドグレーン』 作家としてデビュー前のお話です。 北欧の寒さが感じられる映像でその中で作家となる前の才能の一部披露がありますが 女性としてのリンドグレーンが表現され共感しました。 感動する作品です。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『リンドグレーン』児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの波瀾万丈、艱難辛苦の若かりし頃を描く本作は、彼女の文学がこの時期に如何に醸成されていったか、そして終始、彼女を支えたのは愛であり、生きる希望であったことが浮き彫りにされる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • KENG3
    「リンドグレーン」子供の時に読んだ長くつ下のピッピの作者の半生を描いたスウェーデン映画。が、彼女が本を書く前の話。不倫でできた子供を自分で育てるためひとまず隣国に里子に出すが…、と言うなかなかの話。リンドグレーンはその後結婚した姓。邦題としてはどうかな。主人公の容姿変化に注目。
    いいね

    普通
  • kyamokyamo
    #リンドグレーン』あの「長靴下のピッピ」の著者アストリッド・リンドグレーン👧 子供たちからのあふれるほど大量のファンレターと共に彼女の半生を辿る旅は、厳しさも優しさも北欧の自然もいっぱい詰まってて胸がザワザワするくらい冒険に満ち… https://t.co/kgHpWMXhBe
    いいね

    良い
  • asapu918
    『リンドグレーン』試写。児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの若き日を描く伝記ドラマ。訳あり男性との恋、働くシングルマザーの苦悩。後に誕生する名作の数々を執筆するシーンはないが、彼女の心象と波乱の日々がサスペンスのようにスリリングで息つく暇もない。髪を切るシーンにときめく!
    いいね

    良い
  • mirarogue2
    フルタイム勤務始めて書いた枚数だけでなく読んだ本の冊数もかなり減った(たぶん100冊未満)けれど、鑑賞した映画の数は(もともとそんなに多くないので)横ばいくらい? 先週は『リンドグレーン』を。昨年は同じ時期に『メアリーの総て』を観たんだった。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    5152movies / tweets

    follow us