TOP >作品データベース >シン・ウルトラマン

シン・ウルトラマン

みんなの感想/評価
「シン・ウルトラマン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    82
  • 普通
    27
  • 残念
    14
総ツイート数
165,386
ポジティブ指数91
公開日
2022/5/13
配給
東宝
解説/あらすじ
次々と巨大不明生物【禍威獣(カイジュウ)】があらわれ、その存在が日常となった日本。通常兵器は全く役に立たず、限界を迎える日本政府は、禍威獣対策のスペシャリストを集結し、【禍威獣特設対策室】通称【禍特対(カトクタイ)】を設立。班長・田村君男、作戦立案担当官・神永新二、非粒子物理学者・滝明久、汎用生物学者・船縁由美が選ばれ、任務に当たっていた。禍威獣の危機がせまる中、大気圏外から突如あらわれた銀色の巨人。禍特対には、巨人対策のために分析官・浅見弘子が新たに配属され、神永とバディを組むことに。浅見による報告書に書かれていたのは【ウルトラマン(仮称)、正体不明】。
Ⓒ2021「シン・ウルトラマン」製作委員会 ©️円谷プロ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • moopee
    『シン・ウルトラマン』タイ劇場にて鑑賞。終幕に湧き上がった拍手に胸熱。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『シン・ウルトラマン』人類が宇宙で最高の知能を有すると考える事が驕りだ。侵略を目的とせず他の星から来て他の星の生物を守ろうとするウルトラマンは稀有な存在だ。侵略の手段は暴力だけに限らない。理性や心を狙われた時に人間の真価が問われる。
    いいね

    良い
  • yamicoke
    『シン・ウルトラマン』『宇宙に他の知性は無い』前提に立つハリウッドの「アド・アストラ」が代表する虚無的で実存主義的な作品群に抗うかの如く最新の宇宙論を駆使し『宇宙人は存在する!』とSF映画の世界観を更新して見せた。驚きと感謝しかない
    いいね

    良い
  • x_e_r_o_w
    『シン・ウルトラマン』2度目の鑑賞。初見ではあまりピンと来なかったが、オリジナルのテレビシリーズを見てから再見すると、オマージュを入れながら、現代的によくまとまった脚本だなと思った。庵野秀明さすがです。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『シン・ウルトラマン』 ▼6/25/22再鑑賞 【超<ウルトラ>映像体験上映(Dolby Cinema)】
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『シン・ウルトラマン』ウルトラマンは小さい頃になんとなく見てただけのにわか知識で鑑賞。シン・ゴジラに近い空気があったがウルトラマンのアクションでエンタメ感増量。意外にも分かりやすいストーリーでがっつり楽しめた。解釈がおもしろい。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『シン・ウルトラマン』ウルトラマンを素材にした現代映画であって、それ以上でもそれ以下でもないよね。庵野脚本の異常な詰め込み方とか樋口監督のクリーチャーへのこだわりが楽しめるし、展開が早過ぎるとこだけ気になったけど。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『シン・ウルトラマン』冒頭文字の組成はウルトラQと同じ!透明怪獣は即ネロンガ!地底怪獣はガボラとグビラ合体でガボラ!メフィラス星人は隊員の巨大化エピソードを踏襲!ザラブ星人はニセウルトラマンエピソード踏襲!ゼットンのトラウマも払拭☆
    いいね

    良い
  • rK7BUbkDafwTf6n
    二度目の鑑賞終了。一度目に見逃してたり、気に留めてなかったりしたシーンを味わうことができました。表面上はさらっと観れておもしろかったで終わるけど、よく考えると、実際に他の国や星の生物との間で起こり得ることですよね。
    いいね

    良い
  • omiomiolive
    『シン・ウルトラマン』 人間が出てくるところ以外は面白くてワクワクして庵野さん🫶て感じだった!!!隣に座ってた子供がゼットンのプルルルルの真似しててかわいかったwww
    いいね

    良い
  • spau_39
    『シン・ウルトラマン』20220603@バルト9
    いいね

    良い
  • mikimomo_as
    『シン・ウルトラマン』自分はやっぱり「ウルトラマンは禍威獣から自分たちを守ってくれるヒーローである」を見たかったんだなーと再確認した。 ウルトラマンの事情にはさほど興味がないし、ウルトラマンに共感することもない。 ウルトラマンは好きなままだけど「大人」になった人向けな感じ
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『シン・ウルトラマン』ほぼ知識のない状態で鑑賞。序盤の禍威獣の迫力とウルトラマンの起源を知れたのは良かったけれど、戦闘シーンがどれも不完全燃焼で盛り上がりに欠ける。議論は楽しめるが面白いかと言われれば…?同じような悪役2人もいる?
    いいね

    良い
  • atarimeshishamo
    しっかり特撮映画の体で怪獣やウルトラマンの皮膚の質感など、随所に庵野氏のこだわりが見れた。若干駆け足な気もするが盛り上げるとこは抑えてるのはさすが。個人的にはバルタン星人も欲しかったけど、全体的に上手く纏められてる。
    いいね

    良い
  • tachiaoi_08
    『シン・ウルトラマン』自分は何を期待して観に来たのか…恐らく何も期待しておらず見届けたいの思いで観た気がする…完全に大人向けであり世界観と映像をシンプルに楽しんだ…楽しめた…だ…wwもう一回観たらより理解が深まる…かな!?
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『シン・ウルトラマン』@ TOHO梅田観。「映画は自身が観るまで判らない。私の好きな言葉だ!」賛否ものごっつぅ割れてたが詳細は知らず。そぅ思い入れも無いが昭和の懐古さと令和の新しさの化学反応。禍威獣やヒーローで子供も小難しい会話の応酬や異星愛で大人も行ける良いエンタメ塩梅だった!
    いいね

    良い
  • taco_yas
    3回観た。ウルトラマンがとにかく良い人で、浅見弘子がイイ女で、班長も滝くんも船縁さんも愛おしくて、ザラブ戦が超絶カッコよくて、後半ハラハラして最後悲しいけどありがとうって気持ちで終わる。これを良い映画だと言わずになんて言うんだ。
    いいね

    良い
  • snake954
    『シン・ウルトラマン』みる。2回目。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    ウルトラマンの物語でありウルトラマンではない何かの映画『#シン・ウルトラマン』 ザラブ戦だけで元が取れる オリジナルの脚色が熱い、音楽の使い方が熱い ウルトラマンの価値観によって評価分かれる IMAXで新作が見れただけで幸せ
    いいね

    良い
  • yosh_yok
    『シン・ウルトラマン』ゼットンが完全に使徒だった。いっそのこと最後に実写版エヴァ出して欲しかった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...