TOP >作品データベース >母との約束、250通の手紙

母との約束、250通の手紙

みんなの感想/評価
「母との約束、250通の手紙」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    18
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
51
ポジティブ指数100
公開日
2020/1/31
原題
La promesse de l‘aube
配給
松竹
上映時間
131分
解説/あらすじ
破天荒でパワフルなシングルマザーのニーナは、息子のロマンが将来フランス軍で活躍し勲章を受け大使となり、作家としても成功すると頑なに信じ、その才能を引き出すことに命を賭けていた。母の強すぎる期待と愛情を一心に受けて育ったロマンは、その溺愛の重圧にあえぎながらも、母の途方もない夢を叶えると幼心に決めていた。ついにロマンはパイロットとして活躍し、同時に念願の小説が出版されることに。しかし相変わらず届き続けるニーナの手紙には、なぜか息子の作家デビューを喜ぶ様子はなく――。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『母との約束、250通の手紙』ヒトラーにフランスが占領される前にはヒトラーを暗殺してこいとかベルリンに行かせる。かと思ったら途中で中止させる。フランスの有名デザイナーの秘蔵っ子みたいな詐欺師で儲けるがユダヤ人であるゆえの差別とか。ロシアの役者で映画スターとのロマンスを感じさせる。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『母との約束、250通の手紙』これ外交官でゴングール作家でもあるロマン・ガリの自伝作品だった。メキシコの死者の日のカーニヴァルのオープニングがマルカム・ラウリー『火山の下』のような世界。狂ってしまった作家の原稿をイギリス人の妻が読むと母との葛藤の小説だった。悲劇というより喜劇。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『母との約束、250通の手紙』情報なしに見に行ったが面白かった。「なまいきシャルロット」のシャルロット・ゲンズブールがしっかり狂気の母親役は良かった。息子をフランスの英雄にするために恐ろしいほど息子に干渉していく毒母。息子はドン・キホーテみたいなサンチョ・パンサの作家のような。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『母との約束、250通の手紙』作家ロマン・ガリの自伝作品なんだが、その母親の存在がかなり強烈。でも、彼女の強い愛があったからこそ、息子が偉大な人物へと成長したのは間違いないね。そして、母と離れ離れになった後のエピソードが心に刺さる
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『母との約束、250通の手紙』子離れできない母と息子やんと言ってしまったらダメなんだろうか。そう考えるとどっちの立場も共感できんなあってなっちゃうんだけれど。そんな風にこの作品をみちゃだめなの。
    いいね

    普通
  • eichan2014
    #母との約束/250通の手紙』激動の時代を命懸けで生きた母子の壮絶な物語。息子への思い入れは凄まじいがどんな境遇にあろうと一番に味方してくれる母親には感動の涙を禁じ得ない。実話であるだけに更に愛しい新鮮な母モノ映画。
    いいね

    良い
  • garancear
    『母との約束、250通の手紙』俗な感想だがマザコンすぎてひいた。自分の親子関係に対する価値観もあるが、母の愛とそれに応えた息子にはどうしても思えず、子離れ親離れできない2人の様子が気に障った。手紙の結末も予想できてしまうし。俳優は熱演。 #映画
    いいね

    普通
  • jasminya
    『母との約束、250通の手紙』母と息子の山あり谷ありの暮らし…母は息子を自分の思い通りに育てようと洗脳、それは息子に少しでもいい暮らしをさせたい親心だったと思うけど、やり過ぎにも見える。結果作家になった息子は果たして幸せだったのか。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『母との約束、250通の手紙』此の母にして此の子あり。母ニーナとロマン・ガリの劇的すぎる(ガチで小説のような)幼少期から第二次大戦終戦まで。C.ゲンズブールとP.ニネのハンパない役者魂。でも邦題は『夜明けの約束』にすべきだった思う。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『母との約束、250通の手紙』タイトルにある、250通の手紙ってあんまり出てこないじゃん?と思ってたら、後半ガツンと来た!強すぎる母の愛は重い。でも、それを生きるバネにしたロマンもすごい!ピエール・ニネ、ゲンズブール、どちらも熱演!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #母との約束、#250通の手紙  ♦ロマン・ギャリーの自伝を映画化。『息子の素質を見抜いた偉大な母親と、期待に応えた息子の話』とも『息子に執着し人生をコントロールし続けた母親と、自分を見失った息子の話』とも。凄い。実話だなんて。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「母との約束、250通の手紙」母の愛は永遠であり大きくて、何よりも大切な宝だと思います。』#母との約束 #250通の手紙 https://t.co/LY4xPcBLVz?amp=1
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『母との約束、250通の手紙』「愛情」では生ぬるい苛烈な母子の絆。母の狂気じみた支配欲と、母の願いを叶えたい息子の共依存関係が、良くも悪くも一蓮托生の綱渡りで見る者を揺さぶる。人生の夜明けを迎えたはずのロマンの虚脱感が全てを物語る。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『母との約束、250通の手紙』@新宿ピカデリー♪母の愛ともとれるし母の呪いともとれる。 その時の自分の心境と立場でどちらにも転びそうな絶妙な塩梅だった。良さも悪さも全部ひっくるめてる。。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『母との約束、250通の手紙』 これは「母が重い」案件。強すぎる息子への思いと愛が、結果として呪いとなって息子の人生を縛ってしまっている。小説家としての名声や数々の軍功を上げても、ロマン・ガリーの人生はあまり幸せに見えない。
    いいね

    普通
  • lab2lab4lbd
    『母との約束、250通の手紙』フランスの作家ロマン・ガリの自伝小説「夜明けの約束」を映画化した作品。自分がどんな状況でも息子が目標に向かって邁進できるように応援する母の気遣いが詰まった映画で良かった。
    いいね

    良い
  • hunnwarigohann
    『母との約束、250通の手紙』#素晴らしいですね。ナチスとフランスと母親、これらが何度も絡み合って徐々に結合し、そして分散してしまう儚い作品となっていました。母親の偉大さと醜さを素直に表現した素晴らしい作品です。
    いいね

    良い
  • Toyono2010
    『母との約束、250通の手紙』実話なんて驚きの「凄~く濃い母の愛」。可愛かったシャーロット・ゲーンズブールがモーレツ肝っ玉かあさんに!時の流れを感じます。。が、それも味わい深い!
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『母との約束、250通の手紙』大人になって、へその緒で繋がってるかのような親子。本当に強い思いが相手を鼓舞させて、生きがいになるのかが力強く描かれてる。幼少期、青年期を演じた子役もピエールに負けず劣らず!演技も良いが台詞に泣かされる
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『母との約束、250通の手紙』フランスの作家ロマン・ガリは知っていたが、自伝的小説「夜明けの約束」を映画化した本作を観て、作家本人がこんな波瀾万丈な人生を送っていたことを初めて知った。母の愛の尊さ、それに応えた息子に圧倒されました。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...