TOP >作品データベース >冬時間のパリ

冬時間のパリ

みんなの感想/評価
「冬時間のパリ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
57%
  • 良い
    4
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
100
ポジティブ指数90
公開日
2019/12/20
原題
Doubles Vies
配給
トランスフォーマー
上映時間
107分
解説/あらすじ
敏腕編集者のアランは電子書籍ブームが押し寄せる中、なんとか時代に順応しようと努力していた。そんな中、作家で友人のレオナールから、不倫をテーマにした新作の相談を受ける。内心、彼の作風を古臭いと感じているアランだが、女優の妻・セレナの意見は正反対だった。そもそも最近、2人の仲は上手くいっていない。アランは年下のアシスタントと不倫中で、セレナの方もレオナールと秘密の関係を結んでいる。時の流れと共に、変わりゆくもの、変わらないもの――それは何?もつれてこんがらがった2組の夫婦は、それぞれの幸せを模索していく…。
©CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuccheee
    13本目『冬時間のパリ』(@tenpara_tw)。ひたすら続く会話の応酬に正直あまり乗れなかった。W・アレンを引き合いに出す評があったけど、登場人物に向けられる眼差しとか印象はだいぶ異なるような。
    いいね

    普通
  • jasminya
    『冬時間のパリ』不倫がバレてても何だか余裕でオシャレにさえ見える…コレは書かないでと言われても作家にそんな気はさらさらない…果たしてその小説が出た時のリアクションは?? #冬時間のパリ
    いいね

    普通
  • garancear
    『冬時間のパリ』ルシネマで邦題パリシリーズ。書籍のデジタル化などについて知的階級の登場人物達が語る語る。恋愛模様以上にフランス映画らしいと思うも眠気が襲う。以前非モテの典型を演じたマケーニュがビノシュと不倫するというリア充ぶり。 #映画
    いいね

    普通
  • 624ken
    ル・シネマで『冬時間のパリ』を鑑賞。2組の夫婦の話。書籍のデジタル化や政治の話は、どの国も一緒やね。不倫してても、爽やかな不倫に見えてしまう。おしゃれで会話がおもしろかった。ジュリエット・ビノッシュさんは、どの映画でも素敵。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『冬時間のパリ』O.アサイヤスとフランス名優達による膨大な台詞の会話劇。デジタル化する出版業界や夫婦の在り方を軸に、物事の二面性を酒や煙草を片手に語り尽くす。人間として其々の変化を受け入れる瞬間に無形の器でいたいと思う冬の夜でした。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『冬時間のパリ』オリビエ・アサイヤス監督が冬のパリを背景に、電子書籍ブームが押し寄せて揺れる出版業界に属する登場人物達のオフィシャルな部分と、不倫関係が転換期を迎えているプライベートな部分がウィットを交え、並行して描かれていく。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『冬時間のパリ』東京国際映画祭2018で鑑賞。ビノシュとギョームカネの共演。出版業界が舞台で男女の三角関係をシニカルに描いた。ビノシュが女優役もはまっていた。良くも悪くもフランスっぽい映画。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ville0096
    「冬時間のパリ」観賞。異なる価値観を持ったインテリ層達による、文学や権威を巡った痛烈な会話劇がとても面白かった。「変わらない為に変わる」とか、心に留めておきたいセリフも多数。アサイヤスの前作「パーソナル・ショッパー」でのホラー路線… https://t.co/gD1R6HHuNl
    いいね

    良い
  • asapu918
    『冬時間のパリ』試写。名匠オリヴィエ・アサイヤス監督、不倫をする2組の夫婦を描くコメディ。会話中心の構成で台詞量が膨大。初期のウディ・アレン風で個人的には苦手なタイプの映画。ただ、衣装やカフェの喧騒、海辺でのバーベキューなど視覚面は超素敵。フランスらしいお洒落感を満喫した。
    いいね

    良い
  • kiarostami_san
    『冬時間のパリ』観た。出演者が喋りまくるから字幕を追うのがしんどかった。あまり内容を理解できなかったけど、主人公の友人レオナールに笑わせてもらった。ギョーム・カネ目的で観た映画なので、彼の出演シーンが沢山あって大満足。相変わらず素敵でした😍
    いいね
  • horsebeans
    映画「冬時間のパリ」、事情により成り行きで見たらクッソつまらんかった。退屈な会話が続くだけ。口直ししよ。
    いいね
  • tyui0209
    『アイリッシュマン』も『冬時間のパリ』も『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』も『パラサイト』も『マジ歌選手権』もまだ観れていないのですが、みんな楽しそうだし、自己顕示欲に負けたので、2019年の個人的な映画ベストを書いておきます。
    いいね
  • keaton1_SF
    今年、最後に見るのにふさわしいと思い、昨日、オリヴィエ・アサイヤスの『冬時間のパリ』を見に行ったが、今朝、ふと思い立ち、幼児連れの親御さんたちに紛れて、早朝、『ひつじのショーン』へ。幼児のバカ笑いの溢れる新鮮な映画体験。それとは関係なく、映画もスピルバーグ・パロディも楽しい傑作。
    いいね
  • sable_parole
    少し前に『冬時間のパリ』を観た。まぁ登場人物が良くも悪くもペラペラとよくしゃべる。フランス映画らしい入り乱れた恋愛関係だけでなくデジタルに圧される出版業界を描いているのが個人的に面白かった。白いリボンとかマラルメとか、小ネタが色々仕込まれてるのも楽しめた。さすがアサイヤス。
    いいね
  • hig_design
    『冬時間のパリ』 つくりも映像もゆるい…しかしこれがよい。 デジタル化による出版危機や政治についてひたすらしゃべりまくり、そんな議論も陳腐に感じるんだけど、 こんな特に気持が上がるでもない作品を映画館で観る時間は贅沢でいいもので… https://t.co/PNqL6Z5ixd
    いいね
  • Miffyno5
    その後観た映画「冬時間のパリ」は、ジュリエット・ビノシュ見たさで選びましたが、彼女がすっぴんでも相変わらず可愛いという、私にとってはそれ以上でも以下でもない映画😞💦フランスではたかが不倫で、日本みたいに騒ぐ事でもないのかしら??? https://t.co/WRuwqxK7A0
    いいね
  • 07101968
    「冬時間のパリ」鑑賞。 フランス映画の会話劇。ウッディ・アレン映画のよう。 予想以上に面白かったです。 昔はフランス映画観ると会話とかシュールな位お洒落に感じたものですが、書籍のデジタル化や政治の話は今の時代どこの国も一緒だな、と… https://t.co/NVjiCj71Cl
    いいね
  • chihiro_uchimo
    アサイヤスは大好きな作品もいくつかある一方で私とは関係を結べなかったものも結構あるんだけど、『冬時間のパリ』はそんな見なくてもよかった映画かな。延々と会話劇の切り返しとか巧みだなとは思った。
    いいね
  • jjEA5upedrihJWq
    今日はムービックスで『9人の翻訳家』、京都シネマで『冬時間のパリ』、ムービックスで『キャッツ』を観る映画デーです🎬 https://t.co/gM7NOqsS6h
    いいね