TOP >作品データベース >ブレッドウィナー

ブレッドウィナー

みんなの感想/評価
「ブレッドウィナー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    13
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
194
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/20
原題
THE BREADWINNER
配給
チャイルド・フィルム、ミラクルヴォイス
上映時間
94分
解説/あらすじ
タリバン政権下、争いによって荒廃したカブールの町で、11歳のパヴァーナは、家族と小さな部屋に暮らしている。足の悪い父は、アフガニスタンの歴史を美しい伝説になぞらえて話してくれていた。ある日突然父親がタリバンに連行され、家族の暮らしは一変する。タリバンは女性のみの外出を禁じているため、残された者だけではお金を稼ぐことも、食料を買いに行くこともできない。家族のために、パヴァーナは髪を切り少年になりすまし町に出て、父親を救いだす方法を探そうと決意する――。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • chusingura
    『ブレッドウィナー(行きのびるために)』Netflixで鑑賞。タリバン政権下で自由を奪われた少女たちの過酷な状況に心痛む。そんな中でもパヴァーナが紡ぐ物語が、かすかな希望をもたらしてくれる。こんなときだからこそ観るべき一作。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ブレッドウィナー』「女は家にいろ」「女が顔を出すな」「女に物を売るな」アフガニスタン、カブール。やはりどんなフィクションよりも現実の方が酷い。時代が進んで文明が退化するということもあり得るのだなと思った。世界が人間が退化している。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ブレッドウィナー』あまりに理不尽な女性差別や横暴なタリバンには強い怒りを覚える。 それと同時に戦争状態からいつになっても当たり前の生活ができないアフガニスタンの人々の苦境には心が痛む。絵巻物のような美しさは相変わらず魅力的。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ブレッドウィナー』タリバン支配下のアフガニスタンの家族を描いた社会派アニメ。ただ女性であるというだけで、働くことはおろか、街に出ることすら叶わない。そんな社会の理不尽さが、シンプルだけど力強い絵によって強く迫ってくる。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『ブレッドウィナー』紛争耐えないアフガニスタンが舞台。女性だけでは外出が許されない状況下で父親がタリバンに連行され、残された家族は買物すら行けない。困窮した家族と父親を救うために髪を切って少年になりすまし街に出るパヴァーナが愛おしい。同スタジオの前2作とは打って変わった重い物語。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ブレッドウィナー』アニメでしか描けない!自在に展開、アフガニスタンの不条理が浮き彫りとなる。女性差別の現状。買い物すら男性でないと出来ないなど衝撃💥アニメが可愛らしいのでその現状が余計に悲惨な感じがした!まだまだ闘いは続いて。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ブレッドウィナー』素晴らしいアニメ表現により登場人物は表情に溢れアフガン人民の過酷な状況が容赦なく描かれる。戦争や紛争の最たる犠牲者はやはり女性や子供。タリバン支配の悲惨な実態を世界に発信した価値ある映画。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ブレッドウィナー』カートゥーン・サルーンの美しいアニメがタリバン政権下のカブールを描く。暴力や女性への抑圧は過酷だがタリバン兵士の人間性も丁寧に描く。戦乱はいまも終わっていないが、物語パートの美しい映像がかつて平和で美しかったアフガニスタンへの郷愁のようだ。 #映画
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ブレッドウィナー』なんて深い脚本!女性という理由だけで自由を奪われ、読書すら許されず、理不尽な差別と暴力を受ける人々。それに屈することなく家族を守ろうとする少女。物語と同時進行のおとぎ話、そして最後に明かされる事実。ただただ泣いた
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ブレッドウィナー』 タリバン制圧下のアフガニスタン、女性は外出することすら許されない。一家の稼ぎ手である父親も投獄されてしまい露頭に迷う家族を救うため、少女は男装して街へ出る。今もアフガニスタンで続く悲劇を背景とするアニメ。
    いいね

    良い
  • aniyan_otakoji
    ガーデンシネマで『ブレッドウィナー』。『ソング〜』『ブレンダン〜』は画はいいのに脚本と演出がダルかったけど、これは絶えず続く緊張感もあって魅せられた。自由を奪われ生きる痛み、辛さ、そして怒りが響く。生きる「糧」の大切さが人の手で紡がれるアニメーション、映画という型に上手くはまる。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ブレッドウィナー  ♦アイルランドの監督、カナダの原作、アフガニスタンが舞台。女性は単独での外出さえ許されない環境で、少年の格好で家族を支えようとする少女の話。理不尽! 弟に聞かせる『お話』の勇敢な主人公に自分を重ねていたな…。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ブレッドウィナー』タイトルは一家の稼ぎ手を意味する。米同時多発テロ後のアフガニスタンのカブールを舞台に、父がタリバンに捕らわれた少女が家族を救う為に少年となって奮闘する様を描く展開はフィクションでありながら現実を浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • RYzuj5HuYUR2qaC
    (ネタバレ) ブレッドウィナーとその後の内藤教授のトークともに非常に考えさせられた パヴァーナ父を連れ去ったターリバンの一人が実際に戦争に向かうとき彼の何というか妙に不安そうな表情と縮こまった姿勢を見るに支配下では威張っているが正直戦地には行きたくないという思いがあるように感じた
    いいね
  • yfa13299
    映画ファンの集いで強く勧められたブレッドウィナーを鑑賞。宗教のせいか、戦争のせいか分からないが、どちらにしても文化の違いの大きさがショックだったけど、映画はなかなか面白かった。併映の短編映画も面白かった。
    いいね
  • arikuikun
    『生きのびるために(ブレッドウィナー)』 カートゥーン・サルーンの前2作と比較すると、幻想的な世界観はパヴァーナが弟に読み聞かせる物語のパートで発揮されていて、彼女の暮らす世界は装飾を抑えた作画になっていた。
    いいね
  • ETakiyam
    『ブレッドウィナー』観た。女性を弾圧するタリバン支配下のアフガンで生きる少女を描いた佳品。日本でいえばこの世界の片隅にみたいだが、こちらは現在進行中なので緊迫感が違った。しかし「怒りより言葉を伝えよう」という劇中フレーズがテーマの一つらしく、片隅と同様「声高」が苦手な方にお勧め。
    いいね
  • Balette51k
    テアトル梅田で「ブレッドウィナー」の後、2回目の「幸福路のチー」を観賞😊 観るのが2回目でも心にグッとくる何気無いのに素晴らしい台詞達😢 主題歌の和訳で又しても号泣😭 #幸福路のチー https://t.co/WUY40JKWal
    いいね
  • 0_0takokan
    ブレッドウィナーも観た。期待以上に最高のアニメーション映画だった。カートゥーンサルーンは最推しのアニメスタジオです。
    いいね
  • heylollol
    ブレッドウィナーと幸福路のチーをハシゴで観た。しかし両方良過ぎた。もっと日をあけて見ればよかった、、、1日に良作を2本観るなんて贅沢過ぎたのだ
    いいね
    もっと見る Loading...