TOP >作品データベース >ラスト・クリスマス

ラスト・クリスマス

みんなの感想/評価
「ラスト・クリスマス」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    21
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
199
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/6
原題
Last Christmas
配給
パルコ ユニバーサル映画
上映時間
103分
解説/あらすじ
ロンドンのクリスマスショップで働くケイトは、小妖精(エルフ)の格好をして煌びやかな店内にいても仕事に身が入らず、生活も乱れがち。そんなある日、不思議な好青年トムが突然現れ、彼女の抱えるいくつもの問題を見抜いて、答えに導いてくれる。ケイトは彼にときめくけれど、ふたりの距離は一向に縮まらない。トムを捜し求めつつ自分の心の声に耳を傾けたケイトは、やがて彼の真実を知ることになる…。
© Universal Pictures
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 51thor
    『ラスト・クリスマス』ワム!の名曲と共に主人公ケイトの周りで起こる家族愛、仕事への姿勢、移民の現状など一見季節物のラブコメかと思いきや脚本の素晴らしいさ!LOOK UP!これを心に日常を過ごすと人生が変わる #movie
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ラスト・クリスマス』@ TOHO西宮OS観。まさにこの時季作品!甘ぁっ~たるいラブコメじゃと…まぁそうだがちょっぉ~と違う!w「上を向いて!」歩くと背筋はピンっと伸びるし色々な物が広がるし視えてくる!世間は自身で如何様にも変わる!妙な多幸感に終盤の仕掛けに全く気付かなかった!w
    いいね

    良い
  • akato2023
    ラスト・クリスマス 名曲の興味深い解釈に基づいた物語にエミリア・クラークたちの好演と巧みな音楽の使い方が上手く合致したロマコメ. この時期公開の映画としてとても良い.
    いいね

    良い
  • chikap11
    『ラスト・クリスマス』最初は主人公のダメさにイライラしたけど、ラストは涙してしまった。主人公と突然現れた青年のやりとりを主軸に、今のイギリス(世界が)が抱える様々な問題を織り混ぜているのが良い。エミリアクラークめちゃくちゃかわいい!
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『ラスト・クリスマス』人間味に溢れ表情が豊かで飾り気が無いケイトが抜群に魅力的だ。自分の不幸に歎くだけでなく他者の幸せの為に奔走する。自然と笑顔になり涙が浮かび温かな多幸感を味わう事が出来た。音楽も物語も何より人間が素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ラスト・クリスマス」クリスマスの精霊がくれた贈り物は温かい心でした。』 https://ameblo.jp/yukigame/entry-12557099141.html
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ラスト・クリスマス』ポール・フェイグ版クリスマスファンタジー。甘いロマコメを想定してたら、見失った自分を探すダメ娘の成長ストーリーであり、家族の絆の話であり。トムの本当の姿がわかったあたりから、涙がとまらなかったよ。いい映画だ!
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ラスト・クリスマス』甘ったるいLOVEストーリーかと思いきや違った。ラブコメ後に本当のクリスマスの意味を分からせてくれたよう。「クレイジーリッチ」での親子の共演も興味深いけど、甘ったるいのを期待してしまったからな。
    いいね

    普通
  • 624ken
    TOHOシネマズ錦糸町で『ラスト・クリスマス』を鑑賞。クリスマスのラブコメ。多様性な人たちに溢れてるラブコメですね。時代は変化してるなー。ワムのラストクリスマスは、大好きな曲。もうそんな時期なんですね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ラスト・クリスマス』劇場で鑑賞。軽妙なロマンチック・コメディの体裁を保ちつつ、現代への批評的視点を織り込んだ脚本に感心。表情豊かで愛嬌漲るE・クラークや、頗る爽やかで華々しいH・ゴールディングなど、役者陣の好演も清々しい。快作です
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ラスト・クリスマス』このラブコメは、いろいろ深い。エミリア・クラークのWikiみてみたらヒロインと重なるし、アジア系俳優「クレイジーリッチ」のあの親子のキャスティングもいい。エマ・トンプソンの語りたい愛がてんこ盛り、人類愛も。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ラスト・クリスマス』寄与される事への劣等感から自他共に大切にできない女性の成長譚ロマコメ。小さな寄り添いの連鎖が生む温もりや自分らしさへの回帰、そこからのラストは思わず落涙。名曲からインスピレーションした脚本、E.トンプソン見事。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『ラスト・クリスマス』‪鑑賞。最初はケイトに共感出来なかったが、彼女の境遇が分かるにつれ見方が変わった。トムの力で自分らしさを見つけ、周囲も幸せにしていくケイトをE・クラークが好演。弱者への温かい視線を感じられる物語。#eiga
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ラスト・クリスマス』 ★★ 皆がテンション高く延々喋り倒していて正直見ててしんどい。だけど失恋の歌詞を全く違うふうに捉えた解釈や、誰かに優しくしたり仲直りしたり人助けしたり、は生きてるからこそ出来る事というテーマは好き。
    いいね

    普通
  • GD_momoco
    『ラスト・クリスマス』何事も与えられ続けてきたようなケイトと、彼女に与えてきた人々。与えるごとや寄り添う事、救う事の難しさがとてもよく描かれていた。ラストシーンは勿論圧巻だけれど、バスの中の会話シーンが一番心に残っている。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『ラスト・クリスマス』号泣。予告編からは想像もできなかった展開。E.トンプソンが旧ユーゴ出身の移民を好演。You're made of everything you doというセリフが印象的。互いを助け合うことで私たちは幸せになれる
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ラスト・クリスマス』タイトルの「ワム!」やジョージ・マイケルの数々の楽曲に彩られた本作を観ていると、クリスマスはプレゼント交換やパーティーをすることだけでなく、愛を家族や周囲の人々と分かち合うものだということを思い出させてくれる。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『ラスト・クリスマス』TOHO日本橋。クリスマス映画にありがちなロマコメかと思いきやそんなことなかった。主題が見えてから面白くなって来たがそこまでがかなり鈍重なんだよね。最後も説明の必要も無いし。セイフヘイブン的な作品かな。日曜の劇場がガラガラだったのが気になったよ。
    いいね

    普通
  • nodatetu
    「ラスト・クリスマス」TOHO日本橋。G.マイケル、ワム!の名曲に彩られたロンドン発のロマコメと思ってたら裏切られた!脚本の勝利。駄目っ娘ケイトが移民、社会的弱者、家族との交流から気遣いや優しさを学ぶ姿が胸に響く。好青年トムの正体が判明した瞬間、涙腺決壊。ジョーカー感もあります。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『ラスト・クリスマス』@TC日本橋。ロマンチックコメディの体を成しながらヒロインの成長を通して家族や仲間との絆や誰かを思いやり助け合う事の大切さが心の染みてくる・・・名曲の素晴らしさは勿論、エミリアを筆頭に女優陣のキュートさも素敵。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...