TOP >作品データベース >テッド・バンディ

テッド・バンディ

みんなの感想/評価
「テッド・バンディ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    26
  • 普通
    4
  • 残念
    2
総ツイート数
101
ポジティブ指数89
公開日
2019/12/20
原題
Extremely Wicked , Shockingly Evil and Vile
配給
ファントム・フィルム
解説/あらすじ
1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディとシングルマザーのリズとは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき…。
©2018 Wicked Nevada,LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nagasumi_hasi20
    『テッド・バンディ』違ったザック・エフロンが見れた。犯人じゃないように最後まで惑わされた。
    いいね

    良い
  • 1224Lowtech
    『テッド・バンディ』多くの映画や書籍に描かれた米国の連続殺人犯テッド・バンデイを、その恋人の女性が著した著作の視点から新に映画化。監督のジョー・バリンジャーは同時期にNetFlixでドキュメンタリー『殺人鬼との対談:テッド・バンデイの場合』を撮っている。映画との違いが興味深い
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『テッド・バンディ』嘘を嘘と思わない? 口のうまい人には要注意。 上手いから嘘とは気がつかない。 奥さん目線で見て衝撃 見終わった嫌な気持ちに良いはつけられないけど 作品的にはね
    いいね

    良い
  • FFFFigaguri
    『テッド・バンディ』風変わりで恐ろしいサスペンス。有罪と無罪の間で揺れているように見せる展開は今まで見た事がない恐ろしい体験になり観ていたこちら側までもテッドの手中に入り込んだあの感覚は大変衝撃的だった。すごい映画だ。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『テッド・バンディ』@ tohoシネマズ錦糸町♪2019年の映画納めはこれ。それでもテッド・バンディに引き込まれていく人たちがいることは不思議と違和感がなかった…。来年公開のリチャード・ジュエルとセットで観ると面白いと思う。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『テッド・バンディ』奴は犯人なのか違うのか。連続女性殺害事件の容疑者として逮捕されるも、自らを弁護士として徹底的に無実を主張し闘う彼。その言葉を信じて彼はやはり冤罪で無罪なのか、それともやはり犯人なのか。自体が進んでもなおわからない
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『テッド・バンディ』犯人の心理ではなく、内縁の妻リズの視点からが興味深かった。10年以上の苦悩。そして、正妻となったキャロルの惨めさは何とも。判事の発言も光るものが多かった。活力溢れ頭も良く饒舌で気の利く男って危険だと思うべき。
    いいね

    良い
  • garancear
    『テッド・バンディ』シリアルキラーの猟奇シーンなどは一切なく好人物ザック・エフロンが恋人も子供も大好き話が続き、これは死刑制度反対映画なのか?と思った。(そうなのか?)最近実際の映像にソックリシーンを入れた映画は多いが、それだけでない深掘りがほしい。 #映画
    いいね

    普通
  • sitaoka
    『テッド・バンディ』エフロンとマルコビッチの存在感は👍
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『テッド・バンディ』犯罪の過程は描かれず、捕まってからの言動を描くので、犯人だとはわかっていながらもしかして?と思わされる所も。当時の側から見ている感覚なのかも。分からないから描いていないのかもしれないが内面が描かれていないのは残念
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『テッド・バンディ』「羊の皮をかぶった狼」という言葉があるが、狼というより悪魔に近い「シリアルキラー」の語源となったテッド・バンディを内縁関係にあった女性の視点から描いた本作は、人間の持つ不可解さや闇を静かなタッチで浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • nieve822
    【テッド・バンディ】愛する人がシリアルキラーだった…。見ているこちらも何が真実か翻弄されて、当時傍聴席に座ってた女性達の心情もこうだったのかなと。犯人や裁判官のセリフも忠実に再現されていて印象的。面白かった!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『テッド・バンディ』殺人鬼の恐怖よりも、ほぼ描かれない真相の中で、誰もが信じてしまった事実に翻弄される恐怖。ただの伝記にせず、真実が曖昧となり、善人の顔をした悪魔が笑う現代性を表現したリズ視点の演出。幸せが齎した彼女の苦しみが辛い。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『テッド・バンディ』中盤まで「これ、テッド・バンディの冤罪の可能性を描いているの?」と思ったが、彼の残虐さ、卑劣さよりも、第三者が通報するかしないかのジレンマ、通報後の葛藤が焦点。テッドを信じ、サポートしていた女性があまりにも気の毒
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #テッド・バンディ  ♦実在の殺人鬼が、恋人の前では稀なる善人だったという視点で描かれた作品。恋人の裏の顔が露になる悲劇。でも、心の中では、以前から違和感を感じていたのかな…。ザック・エフロンの人当たりの良さに背筋が寒くなる一瞬。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『テッド・バンディ』 稀代のシリアルキラー、バンディの実像に迫る実録ものを期待してみるとやや肩透かし。逮捕後の彼の言動に翻弄された当時の人々の視点で描かれるので、バンディ自身しか知らない事件の真相はほとんど描かれていない。
    いいね

    普通
  • kmrks
    『テッド・バンディ』(Extremely Wicked , Shockingly Evil and Vile)の中で「パピヨン」が使われるのが色々間違ってるw https://coco.to/movie/87017 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『テッド・バンディ』鑑賞。240 何が素晴らしいってテッドでもキャロル(嫁)でも無くリズ(テッドを捨てた美人)の視点で描かれている事。キャロルに至っては「ウザいブス」に描かれてて清々しい。 鑑賞オススメ。 #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『テッド・バンディ』(Extremely Wicked , Shockingly Evil and Vile)鑑賞。240 Haley Joel OsmentがJoel Edgertonかと思う程キモ男だったw #eiga
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『テッド・バンディ』判決の日の裁判長の言葉がすごくいいなと思ったら、エンディングで当時の映像が流れて、セリフは裁判で裁判長が実際に言った言葉だったのを知った。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...