TOP >作品データベース >歌ってみた 恋してみた

歌ってみた 恋してみた

みんなの感想/評価
「歌ってみた 恋してみた」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/6
配給
アルミード
上映時間
74分
解説/あらすじ
実家でニート中のサブカル女子“ゆうこ”。ネット友達“ひかる”からの誘いで上京し、ひかるの家に転がり込む。ひかるは容姿が女性の青年、いわゆる“男の娘”。2人の共通点は“歌ってみた”の謎の歌い手「タクロー」の信者ということ。ゆうこ達信者は、タクローの素性はおろか顔さえみたことがない。ある日、ゆうこはひかるの知人でバンドマンの“そうすけ”に憧れのタクローを罵られ、猛反撃。そうすけの繊細な心を傷つけてしまう。そんな中、ゆうこにタクローの正体を知るチャンスが訪れたが、小心者のゆうこは動く素振りがない。そんな彼女の背中を押す妄想フレンドたち。ゆうこは勇気を振り絞り、タクローの元へと走る...。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    『歌ってみた 恋してみた映画『歌ってみた 恋してみた』鑑賞。田舎から出てきた主人公の話のはずが、ふいに演劇風になったり歌が入ったり、フィクションの基礎であるストーリーテリングに対して横紙破りな展開に面食らう。ただ、結果的に主人公の物語に回帰したところはぐっときた。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • writelefthand
    映画『歌ってみた 恋してみた』再鑑賞。昨日の舞台挨拶で上埜さんがおっしゃっていた解釈で見直すと、主人公ゆうこの心象映画としてとらえ直す事ができて面白く、であると余計に後半の彼女の言葉が胸に刺さる。彼女の気持ちに共感する部分もあるのでとても心に残る作品になった。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『歌ってみた 恋してみた』鑑賞。田舎から出てきた主人公の話のはずが、ふいに演劇風になったり歌が入ったり、フィクションの基礎であるストーリーテリングに対して横紙破りな展開に面食らう。ただ、結果的に主人公の物語に回帰したところはぐっときた。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『歌ってみた 恋してみた』数えたカットは732。作品内に着ぐるみやらカッパやら幽霊やらが多数登場し、目にするものがどこまで現実なのかわからなくなる。主演上埜すみれの魅力は引き出されていたし、大島薫も魅力的だった。歌だけは歌唱力の面が最後まで気になった。 #eigamote
    いいね

    良い
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3867movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us