TOP >作品データベース >ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱい愛を

ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱい愛を

みんなの感想/評価
「ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱい愛を」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    2
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
3
ポジティブ指数100
公開日
2020/1/18
配給
キュリオスコープ
上映時間
90分
解説/あらすじ
広大な草原を走る貨物列車の鉄道運転士・ヌルラン。定年退職を目前に控える彼の列車は、線路と建物がとても近い住宅街をも通りぬける。そのたびに線路にテーブルを出してお茶をのむ男性たち、洗濯物を干した女性たちはあわてて線路をあける毎日。ついに最後の日、運転終えると、列車に繊細で美しい青いブラジャーが引っかかっていた。「このブラは誰の?」悩み考えたヌルランは、ついにブラの持ち主を探すこと新たな日々がはじまるが…。
© VEIT HELMER FILMPRODUCTION
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱい愛を』シンデレラじゃないけど、このブラの持ち主を探せ!と奮闘する鉄道運転士の物語。全編台詞なしなのにシンプルさと圧巻の映像が生むダイナミズム。コメディにしてメッセージ性も強く、感性を刺激する不思議な寓話
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』 ★★★☆ ガラスの靴が合う女性ではなく、ブラジャーの持ち主を探す旅。こんな場所実在するの?ってぐらいファンタスティックな日常景色に多幸感。わざわざ線路の上でボードゲームしてるの笑っちゃう。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を』試写。鉄道運転士がブラジャーの持ち主を探すドラマを全編台詞ナシで描くコメディ。住宅街スレスレに走る列車の光景が圧巻。ユーモアや哀愁を挟んだお伽噺風のドラマで、豊かな表現力とセンスの良さに惹きつけられる。観る人の感受性の高さを試す映画。
    いいね

    良い