TOP >作品データベース >リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

みんなの感想/評価
「リチャード・ジュエル」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    141
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
223
ポジティブ指数100
公開日
2020/1/17
原題
RICHARD JEWELL
配給
ワーナー・ブラザース映画
解説/あらすじ
1996年、アトランタで爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエルの迅速な通報によって数多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアントは、この捜査に異を唱えるのだが…。
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • takajin_n
    『リチャード・ジュエル』良いことしたのにヒドイ目にあう主人公。ただ人が好過ぎるのでFBIに騙されそうになったりと、もうちょっと気をつけろよ!と思わずツッコミ入れたくなるシーンも(銃が大量に出てくるとこがとかもはやギャグ)。
    いいね

    良い
  • M86HeYs44U6SeLd
    『リチャード・ジュエル』最高です!
    いいね

    良い
  • masa_mitsu
    『リチャード・ジュエル』誤報で容疑者にされた「松本サリン事件」河野義行さんと同じパターン。冤罪の人物をメディア・リンチとでっち上げ捜査で追い込んでいく過程を淡々と描写していて恐ろしかったです。ひとごとではなく誰にでも起こりうること。
    いいね

    良い
  • masa_mitsu
    『リチャード・ジュエル』劇場鑑賞。良作でした。母親役のキャシー・ベイツが特によかったです。実話ベースのシリアスな内容なので、ベタなハリウッドエンタメ作品が観たい方には向いていません。ドキュメンタリーや60ミニッツ好きな方にはお勧め。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『リチャード・ジュエル』メディアに迎合する民衆の恐ろしさを痛感する作品。脇を固めるサム・ロックウェルとキャシー・ベイツの演技が作品の勝因と言ってもいい。イーストウッド翁の独特の俯瞰で観ている様な演出も素晴らしい。真実はいつでも一つ!
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『リチャード・ジュエル』主人公のピュア過ぎる(行き過ぎる)正義感vs冤罪に追い込むFBIとメディアの分かり易い″悪″。いつの世にも起こりうるテーマを流石のイーストウッド監督が淡々と進む話の中で手際良くメリハリの効いた演出で魅せます!
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『リチャード・ジュエル』人を一気に地獄へ突き落とすメディアの怖さを感じた。20年前の話だけど現代はもっと恐ろしい。個人が信憑性と関係なく自由に発信して、それが真実のように出回ってしまう。怖さを感じるとともに考えさせられる作品だった。
    いいね

    良い
  • manakoujun
    『リチャード・ジュエル』マスコミによる冤罪化の実話。最後には誤解が解ける。イーストウッド作品はどれも観た後に心が暖かくなるので大好きです。
    いいね

    良い
  • overmanendwar
    『リチャード・ジュエル』流石御大、映画の教科書
    いいね

    良い
  • garancear
    『リチャード・ジュエル』やっと見た。手堅い良さではあるが…女性記者がステレオタイプのキャラでしかも色仕掛けが創作だというなら問題だろう。警官気取りがいけすかないジュエルは後半好感度を盛るのに対して不公平。サム・ロックウェルはジョジョに続き最高。 #映画
    いいね

    普通
  • yashikoba1830
    『リチャード・ジュエル』正義感が強すぎることがかえっておかしな人間に見えるこの世の中でそれでも正しく生きようとすることがいかに尊いかを証明してくれる映画#eiga
    いいね

    良い
  • ororo_muramasa
    『リチャード・ジュエル』観た。 容疑をかけられて耐え忍びながら過ごす話だが、状況は違えど似たような境遇になる事は誰にでもある。 そんな時に誰がそばにいてくれるか考えさせられる内容だった。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #リチャード・ジュエル  ♦スクープ狙いの記者の記事が爆弾テロの被害を最小芸に抑えた男を容疑者に? 彼の本質を分かっている弁護人がいなければ、彼はFBIに冤罪でつかまった? 怒る場面に好感を抱いてしまうような人の善さなのに…。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『リチャード・ジュエル』いつもながら淡々とエピソードが積み上げられてるのに、気がつけば惹き込まれてしまってますわ。多少の脚色はあるのだろうけど、胸くそ悪い。話題性ばかり追いかけるメディア、面子が大事な警察。未だに変わらないものを感じて何だかねぇ…中盤のボビママのスピーチに涙。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『リチャード・ジュエル』絶妙な緊張感と淡々と事実を追うストーリー展開の中、度を越した正義感が仇になる怖さもあり、そこにまた弁護士との友情と母との愛、周りの人の心境などが入る人間ドラマの傑作。さすがクリント監督作品。#eiga
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『リチャード・ジュエル』マスコミの暴走はさもありなんという感じだが、FBIもこんな無理筋を通そうとするのか。これが実話であることに驚き。20年を経て、イーストウッドにより真実が広く伝えられ、既に亡くなった本人も、これで浮かばれるか。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『リチャード・ジュエル』最初はあまりにひどい扱いに涙が出て後半はボビの涙の訴えにこちらも涙する。リチャードが完全な被害者でなくバカお人好しな面を描いているのも流石。最近の一歩引いたイーストウッドでなく感情が揺さぶられる造りなのも良。
    いいね

    良い
  • boushi24
    『RICHARD JEWELL』怖いのは、恣意的でなく偶発的に「職務に忠実な警備員」が容疑者としてでっち上げられてしまった事。FBI捜査官が彼をそうした理由は「ない」。日本でも多分、同じなんだろう。弁護士に「スリービルボード」で悪徳警官を演じたサムロックウェルを起用したのは面白い
    いいね

    良い
  • sambalsoton
    『リチャード・ジュエル』 観てください。、
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『リチャード・ジュエル』鑑賞。監督イーストウッドの腕の確かさに改めて感心するも、事実の取捨選択や創作の部分が気になってしまう…… 劇映画としては面白いんだけどなぁ「実話」って言われちゃうと全部本当の話かと思っちゃうもんねぇ。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...