TOP >作品データベース >リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエル

みんなのつぶやき
「リチャード・ジュエル」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
97%
  • 良い
    140
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
221
ポジティブ指数100
公開日
2020/1/17
原題
RICHARD JEWELL
配給
ワーナー・ブラザース映画
解説/あらすじ
1996年、アトランタで爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエルの迅速な通報によって数多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアントは、この捜査に異を唱えるのだが…。
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • rackugo
    リチャード・ジュエルを鑑賞。おそろしい現実……。「ここは、娯楽映画的カタルシスを提供するポイントでしょ!」といういくつかの場面が淡々とすすみ、かえってそこにリアリティを感じた。リチャードの家のインテリアが凄くいい塩梅(適度な品位)… https://t.co/dciuVoOCfU
    いいね

    良い
  • rkakinuma
    TOHOシネマズ新宿で『リチャード・ジュエル』を観ました。『アイ,トーニャ』や『ブラック・クランズマン』でのポール・ウォルター・ハウザーを知っていたので、より楽しめた気がします。『ジョジョ・ラビット』に続けてサム・ロックウェルはかっこよかったです。
    いいね

    良い
  • takora1973
    『リチャード・ジュエル』観た。爆弾テロから人々を救った男は英雄か?犯人か?冤罪の怖さが主題ながら母子、弁護士先生との繋がりまできっちり描く相変わらずイーストウッド手際の良い仕事。疑いを晴らす大事な事が終盤に出てくるが気がつかない観客(自分)もマスコミやFBIに扇動されているなあ。
    いいね

    良い
  • Tkhsh65
    『リチャード・ジュエル』観た。実家暮らしの30代独身デブに対する世間の風当たりがとても強い事を実感する恐ろしい映画だった。途中でビッチな女性記者が大した切っ掛けも無く改心するのが気になったが面白かった。最後のリチャードが(ポール・ウォルター・ハウザーなのに)滅茶苦茶カッコいい!
    いいね

    良い
  • mooovie
    #リチャード・ジュエル』を試写会鑑賞。命を救った英雄が数日後には容疑者に。FBIやメディアから拡散していく様は、現代のSNSを見ているようで非常に怖い。正しさは時に疑いをもたらすものならば、人は無関心になってしまうのではないだろ… https://t.co/GxRKlebX98
    いいね

    良い
  • asapu918
    『リチャード・ジュエル』試写。抑制のきいた演出で淡々と展開。良く言えば落ち着いており、悪く言えば盛り上がりに欠ける。リチャードのキャラクターがわかりやすく、弁護士との友情や母親との絆、彼を追い込む新聞記者の心境など安定感した人間ドラマはさすがのクリント・イーストウッド監督。
    いいね

    良い