TOP >作品データベース >ロニートとエスティ 彼女たちの選択

ロニートとエスティ 彼女たちの選択

みんなのつぶやき
「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    18
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
37
ポジティブ指数100
公開日
2020/2/7
原題
Disobedience
配給
ファントム・フィルム
上映時間
114分
解説/あらすじ
厳格な超正統派ユダヤ・コミュニティで生まれ育ったロニートとエスティ。惹かれあっていた2人を、コミュニティの掟は赦さなかった。ロニートはユダヤ教指導者の父と信仰を捨てて故郷を去り、残されたエスティは幼なじみのドヴィッドと結婚してユダヤ社会で生きることとした。月日が流れ、父の死をきっかけにロニートが帰郷し、再会した2人。封印していた熱い想いが溢れ、信仰と愛の間で葛藤する2人が選んだ道とは…。
© 2018 Channel Four Television Corporation and Candlelight Productions, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • TamakinTheCat
    映画「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」観了。原題は不服従の意。ユダヤ教コミュニティにおける同性愛の葛藤から人の根源に備わる自由の本質が浮き彫りに。自覚された自由意志が鍵となり、今を生きる強さへと。しきたりとの対立や決別を越えた、穏やかな語らいへの希望。濃密で示唆に溢れる傑作!
    いいね

    良い
  • asapu918
    『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』試写。女性同士の恋愛を描くラブストーリーだが、ユダヤ教徒の習慣や価値観が全編を覆い、日本人には馴染みのない描写が目立つ。禁欲と熱情の対比がレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムスの美しさで上品な印象。異文化に興味がある人は楽しめるはず。
    いいね

    良い