TOP >作品データベース >最高の花婿 アンコール

最高の花婿 アンコール

みんなの感想/評価
「最高の花婿 アンコール」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
3
ポジティブ指数66
公開日
2020/3/27
原題
Qu'est-ce qu'on a encore fait au bon Dieu?
配給
セテラ・インターナショナル
上映時間
98分
解説/あらすじ
ロワール地方の名家ヴェルヌイユ夫妻の4人の娘たちが結婚相手に選んだのは、アラブ人、ユダヤ人、中国人、コートジボワール人で、みんながなんと外国人。愛国心溢れるクリスチャンの夫妻は大反対したものの、最後には受け入れて全員無事結婚。ところが、夫妻が婿たちの実家を訪ねて世界を旅して帰ってくると新たな問題が!婿たちは、移民としてパリで生活する不安から海外移住の計画を立てていたのだ。夫妻は、彼らを引きとめようと作戦を企てるが…。
© 2018 LES FILMS DU PREMIER - LES FILMS DU 24 - TF1 FILMS PRODUCTION
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tamagawajyousui
    『最高の花婿 アンコール』異文化、異宗教の家族問題を笑いと共に描いた大ヒットフランス映画の続編である本作は、移民受け入れの長いフランスでさえ、未だに溝や差別を感じて起きた家族離散の危機を更にパワーアップしたドタバタコメディで描く。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『最高の花婿 アンコール』前作は未見。何だろう、こんなにモヤモヤした仏映画は初めて。全編を通して溢れ出る差別と偏見、短絡的な発想の数々。何事も笑いにして、お金で解決すればOK的な。タイトルは『最高のフランス』にすれば良かったのでは?
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『最高の花婿 アンコール』試写。『最高の花婿』の続編。台詞が多くてドタバタな様はイタリア映画のノリだが、人種のるつぼであるフランスらしい作品。人種、宗教、同性愛などの差別や偏見を嫌味なく笑いに昇華。「違い」を理解し、共に生きていくことの幸せを描いている。俳優陣の軽妙な演技は必見。
    いいね

    良い