星の子

みんなの感想/評価
「星の子」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    32
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
94
ポジティブ指数100
公開日
2020/10/9
配給
東京テアトル、ヨアケ
解説/あらすじ
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親はちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治してしまった「あやしい宗教」を深く信じてしまっている。思春期を成長していくちひろは、生まれて初めて、両親と暮らす自分の世界を疑い始めていく…。
©2020「星の子」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『星の子』(20/日) 原作未読。カルトに嵌った両親に育てられた少女が、思春期による自我の目覚めと共に、信仰と家族のあり方に戸惑う姿を描く。主人公の芦田愛菜は秀才イメージが強すぎて、カルトなんか信じそうに見えないのが玉にキズ。
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『星の子』@ TOHO西宮OS観。原作未読。「藁にもすがる」「信じる者は救われる」の弐言と「世界中が敵に回っても私だけは!」な物語と。"外に居る"者には解らない。"外の他人"に強要しなければどんな物だろうが「それ」は良い事だと共感出来ないが理解は出来る。面ろさは薄いが良かったよ!
    いいね

    良い
  • METHIE34
    『星の子』宇野祥平が出てきた時は河童も出てきたのでコワすぎ!や!と思ったがその終盤のパートがホラー映画みたいに感じた。笑えるシーンもある。
    いいね

    良い
  • METHIE34
    『星の子』凄い作品を見させてもらった。新興宗教を信じる両親とその娘の話だが芦田愛菜を始めとして全体的な演技力が凄まじく、ちょっとだけあるアニメーションパートも印象的で、親離れしていく少女が印象的だった。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『星の子』宗教は人を幸せにするもの。他人から見たら滑稽で嘘っぽくても本人達からしたら神様で揺るぎないものもある。主人公は反抗期時期なのに両親を思い、従順に従う。両親が信じてるのは主人公のためだとわかってるから。親子の愛が溢れてる!
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『星の子』個人的に興味ある題材でメチャ楽しく。基本的には少女期の終わりの物語として受け取りつつ、意外にガッツリ新興宗教の様子描いていてアガる。芦田愛菜パイセン本人の大人びた公式的イメージと役柄の子供感の表現の想像的ギャップ感なども脳内堪能。大森立嗣監督の作品では一番好きかも。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『星の子』原作を読んだとき、これで終わりなの?と思ったラストが、ほぼ原作通りの場面でありながら、叙情性あふれるいいラストになったのは、大森監督の力量か。人に迷惑をかけなければ、宗教自体は悪ではないはず。子を思う親の愛が、一番の真実。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『星の子』妖しい宗教を信じる両親に育ててられた姉妹。姉は親から離れ、妹は大好きな両親と共に生きる。誰が悪いこともなく皆が自分の信じる生き方を模索する。芦田愛菜氏は透明感ある不思議な少女を、またクラスメイト達も熱演 #eiga
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『星の子』産まれながらにして宗教二世になったちひろと姉との違いや、ちひろが信じていたものなど丁寧で優しく描かれてる。理解は出来ないけど、感じる事は出来たかな。だって両親の願いは健康で健やかに育つ事だもの。芦田愛菜は子役ではなく女優!
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『星の子』 ★★★★ 親友の彼氏が性格的イケメンすぎる。一見空気を読んでないようで、さりげなく思いやりの言葉をかけてあげられるような、ああいう場を和ませる人になりたい。あと、お姉ちゃんと深夜コーヒー飲みながら話すシーンも好き。
    いいね

    良い
  • ryuzimoney
    『星の子』芦田愛菜さんの圧倒的な存在感に魅せられた。何を信じるのか、何が大切なのか、中学三年生が精一杯生きて考える姿を見事に演じている。ラストは、ちひろ・お父さん・お母さん皆で流れ星は見えたのかなぁ…結論:大好きだから信じる!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『星の子』輝く星の傍らにある深い闇に目を凝らし、流れ星を探し求める様に、愛の側面が見せる信じる事の本質とその痛み。思春期の惑いを的確に演じた芦田愛菜はじめ、俳優の演技と演出の精巧さが、粗雑にもできる「宗教」という題材を端正に構築する
    いいね

    良い
  • noboru_
    『星の子』おかしな新興宗教にハマっている両親。ただなぜハマったのかを知ればそこには大きな大きな愛があることを見せられたら半笑いではいられない。となんの信仰も持たない私が思うくらい素晴らしかった。人間の複雑さが見事に描かれていた、最高
    いいね

    良い
  • yukigame
    「星の子」新興宗教を信じる両親に育てられた娘が意志を持った時、どう成長して行くのか。#星の子 @FansVoiceJP #芦田愛菜 https://ameblo.jp/yukigame/entry-12628154762.html
    いいね

    良い
  • 624ken
    『星の子』両親が新興宗教の家族の話。主人公の中学生の心も揺らぐも、あったかい両親にあまり嫌な感じがしない宗教で、なんとかうまく折り合いがついてそう。白か黒かではなくグレーの世界が大事なのかな。 考えさせる映画でした。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「星の子」続き。終盤で親子3人が寒空の下に並んで座り星を眺める場面の親子感が良い。その会話の内容やそこに至るまでの流れは、少女に新しい一歩を踏み出させることを予感させる。また岡田将生演じる教師が教室で生徒たちにキレる場面も印象的。あれ怒るの仕方無いよ。
    いいね

    良い
  • yfurui
    「星の子」T・ジョイ博多。木戸銭分かな。原田知世と永瀬正敏がまた夫婦役ということで鑑賞。新興宗教にどっぷりの家庭で育った少女が葛藤や葛藤を経験。多少ドキドキしながら観たが約2時間の尺は長かった。あの幼馴染の器はデカいと思う。養護教員の器も地味にデカい。
    いいね

    良い
  • pastoralpast
    #星の子』新興宗教にはまった家族というといい印象がありませんが、こんな奇跡のような少女がいればそこには希望が持てるのかも知れません。純粋な家族の絆は強い、大森立詞監督のそんな想いが出演者にも伝わって、ふわっとした雰囲気の中にも確… https://t.co/TLAljFKKSB
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #星の子』上映後、大森立詞監督を招いてのトーク☆ MC立田敦子さんの質問に答える様子がなぜかスナフキンのような監督さん、家政夫のナギサさんのお兄さんなのですね。 芦田愛菜ちゃんを”芦田さん”と呼び、女優さんとして接し、あの演技を… https://t.co/lORR9X1TgW
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #星の子』ある家族の優しく切ない物語でした☆ 成長するにつれ自分のために信者になった親の奇行を思い知らされ揺れる少女の気持ち、でも普通って一体何❓大切に真っ直ぐに愛情深く育てられた少女は、宗教ではなく両親を信じて愛しているだけな… https://t.co/0QIVC3iEhB
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3319movies / tweets

    follow us