星の子

みんなのつぶやき
「星の子」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
87%
  • 良い
    32
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
96
ポジティブ指数100
公開日
2020/10/9
配給
東京テアトル、ヨアケ
解説/あらすじ
大好きなお父さんとお母さんから愛情たっぷりに育てられたちひろだが、その両親はちひろが生まれたときの病気を奇跡的に治してしまった「あやしい宗教」を深く信じてしまっている。思春期を成長していくちひろは、生まれて初めて、両親と暮らす自分の世界を疑い始めていく…。
©2020「星の子」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • TamakinTheCat
    映画「星の子」観了。芦田愛菜ってやっぱスゴいわァ。あやしい水にハマった両親に育てられた娘の思春期の葛藤が絶妙。家族フィクションと常識に揺れる表情のひとつひとつが切なくてたまらない。現実社会の中で、なかなか理解しがたいけれど、確実に共存しているオルタナティヴの実相を描く角度も秀逸。
    いいね

    良い
  • cinema_lantern
    私的に『星の子』は今年『ブルータル・ジャスティス』に並ぶほどジワジワ染み渡るダークホース的な作品だ。いや、この2本を同列に語るのは無理筋も甚だしいけど、こういう振れ幅があるから映画ってたまらない…。
    いいね
  • yfurui
    「星の子」続き。終盤で親子3人が寒空の下に並んで座り星を眺める場面の親子感が良い。その会話の内容やそこに至るまでの流れは、少女に新しい一歩を踏み出させることを予感させる。また岡田将生演じる教師が教室で生徒たちにキレる場面も印象的。あれ怒るの仕方無いよ。
    いいね

    良い
  • yfurui
    「星の子」T・ジョイ博多。木戸銭分かな。原田知世と永瀬正敏がまた夫婦役ということで鑑賞。新興宗教にどっぷりの家庭で育った少女が葛藤や葛藤を経験。多少ドキドキしながら観たが約2時間の尺は長かった。あの幼馴染の器はデカいと思う。養護教員の器も地味にデカい。
    いいね

    良い
  • pastoralpast
    #星の子』新興宗教にはまった家族というといい印象がありませんが、こんな奇跡のような少女がいればそこには希望が持てるのかも知れません。純粋な家族の絆は強い、大森立詞監督のそんな想いが出演者にも伝わって、ふわっとした雰囲気の中にも確… https://t.co/TLAljFKKSB
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #星の子』上映後、大森立詞監督を招いてのトーク☆ MC立田敦子さんの質問に答える様子がなぜかスナフキンのような監督さん、家政夫のナギサさんのお兄さんなのですね。 芦田愛菜ちゃんを”芦田さん”と呼び、女優さんとして接し、あの演技を… https://t.co/lORR9X1TgW
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #星の子』ある家族の優しく切ない物語でした☆ 成長するにつれ自分のために信者になった親の奇行を思い知らされ揺れる少女の気持ち、でも普通って一体何❓大切に真っ直ぐに愛情深く育てられた少女は、宗教ではなく両親を信じて愛しているだけな… https://t.co/0QIVC3iEhB
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    #星の子』。新興宗教に傾倒してく両親と社会の目の間で揺れる心の動きを、中三の次女の目を通し描く。そこには善や悪、ましてや結論もない。 ただ何かが変わっていき、流れ星のすれ違いに家族の“これから”を想う。本作を復帰作に選んだ芦田愛… https://t.co/ZFltqqj3G6
    いいね

    良い
  • asapu918
    『星の子』試写。今村夏子の小説を大森立嗣監督が映画化。アヤシイ宗教にハマる両親を持つ女子中学生の多感を、芦田愛菜が絶妙な演技で表現。彼女が信じているのは宗教ではなく、両親だ。家族が大好きな女の子の成長を温かく見つめた優しい作品。信仰による奇妙な習慣もユーモラスに描かれている。
    いいね

    良い
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3878movies / tweets

    follow us