TOP >作品データベース >脱走特急

脱走特急

みんなの感想/評価
脱走特急
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
2020/2/14
原題
Convoy48(英題)
配給
「脱走特急」上映委員会
上映時間
140分
解説/あらすじ
ソ連第2の都市レニングラードは、1年半もの間ドイツ軍に包囲されていた。1943年1月、ソ連軍は包囲網の一部を突破。200万市民を餓死から救うため、線路の建設が開始される。総動員態勢によりわずか17日で鉄道は開通するが、それはドイツ軍の至近距離を通過する危険なルートで、“死の回廊”と呼ばれた。女学生のマーシャとソーニャは、機関士見習いとして第48鉄道隊に配属される。1943年4月、汽車は孤児院の子供たちと、軍の機密貨物を載せレニングラードを出発。だが敵の砲撃と空襲により、最前線で立ち往生してしまう。積荷の正体は、原爆開発の鍵を握る核物質だった。子供たちを犠牲にしても機密を護ろうとする軍に対し、マーシャたちは決死の戦いをむが…。
© АНО "Творческая студия "СТЕЛЛА"
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『脱走特急』を鑑賞。第2次世界大戦のレニングラード包囲下の物資補給の鉄道隊の話。砲撃うける中、よく鉄道建設したなー。女子学生たちが従事してたのは驚きです。 #未体験ゾーンの映画を体験
    いいね

    良い