TOP >作品データベース >ようこそ、革命シネマへ

ようこそ、革命シネマへ

みんなの感想/評価
「ようこそ、革命シネマへ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
29
ポジティブ指数100
公開日
2020/6/1
配給
アニモプロデュース
上映時間
97分
解説/あらすじ
アフリカの北に位置するスーダン。1956年の独立後、海外で映画を学んだイブラヒム、スレイマン、エルタイブ、マナルの4人は、スーダンで映画を製作してきた。彼らは、母国スーダンに映画文化を根づかせようと、1989年に「スーダン・フィルム・グループ」を設立するが、同年に軍事独裁政権が誕生すると言論の自由は奪われ、映画は発禁処分となり、彼らは政治犯として拘禁されたり、国外への亡命を余儀なくされた――。20年以上もの時を経て、還暦をすぎた4人は、母国スーダンで再会し、「映画を再びスーダンの人々のもとに取り戻したい」というスローガンのもと、一夜限りで映画館を復活させるために行動を開始する。電気もままならない生活環境に加え、独裁政権下のスーダンでの上映は困難を極めるものだった。果たして、彼らの努力は実を結び、映画を復活させることはできるのかーー。映画人たちの目線を通して、国民が失ったもの、愛する国の美しさ、独裁政権下の生活・恐怖が浮き彫りになっていく。
© AGAT Films & Cie – Sudanese Film Group - MADE IN GERMANY Filmproduktion - GOÏ-GOÏ Productions - Vidéo de Poche – Doha Film Institute - 2019
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『ようこそ、革命シネマへ』独裁政権下で奪われた文化と自由を取り戻す為、老年の映画人達が映画館を復活させようと奮闘するドキュメンタリー。政府は容認せず、上映は困難。けど極めて明るくユーモアも失わない。そう、芸術の探究こそしなやかな革命
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ようこそ、革命シネマへ』軍事独裁政権下スーダンには映画館がない。映画館再開へ立ち上がった映画人4人は海外でも高く評価された監督達。彼等が明るく笑いながら語り合うも実際は全く進すまない。明るいのが実は悲惨な状況をより際立だたせてる。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ようこそ、革命シネマへ』スーダン映画芸術の嘗ての担い手達が軍事クーデターにより離散、シニアとなっても情熱を失わず劇場復活に奮闘する。独裁政権下では過酷かつ無謀な挑戦だが何故か皆表情は明るく楽観的で無頼な映画人の矜持を感じる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • croaton0
    【ようこそ、革命シネマへ】 渇いた大地は疲弊した人々の心を、砂埃は心の荒みを意識させる。事の根底には独裁政治が存在するも「映画を上映しよう」と行動する彼らの純粋さは『スタンド・バイ・ミー』の少年たちを連想させるためドキュメンタリー… https://t.co/PziauEeWUY
    いいね

    良い
  • asapu918
    『ようこそ、革命シネマへ』試写。長年の軍事政権下で映画が失われたスーダン。会話中心の淡々とした描写が多く起伏に乏しい構成だが、老年に入った監督や俳優たちの思いは切実に伝わってくる。時折挿入される、細々と製作されたスーダン映画がどれも美しい。失われた文化の復活を心から願う。
    いいね

    良い
  • Sui_A
    映画『ようこそ、革命シネマへ』公式サイト 上映館少ないけど、映画館に行けなかった環境に置かれた今だからこそ見たい https://t.co/fBUxfOvFWP
    いいね
  • boxineman
    『ようこそ、革命シネマへ』勿論、彼らのその思いと行動が未来へつながっていくことへの希望もある。何よりもこの映画を撮った監督自身がそうであろうし、スーダンの状況もその後変化しているし。
    いいね
  • boxineman
    『ようこそ、革命シネマへ』観た。映画を奪われたスーダンの老映画人たちの映画への想い。しかしこれは単純に「映画愛の映画」とか言ってられない重く鋭い作品であった。そこにあるのは劇的な戦いでも勝利でもなく…。そして作られなかった彼らの映画と残された時間を思う。
    いいね
  • cinema_select
    あす19日『ようこそ、革命シネマへ』19時30分松本市Mウイング。故白石顕二さんが90年代信濃毎日新聞にアフリカの映画について連載を持っていて観られない映画をいくつも紹介くれた。シネマセレクトをご存じで上映できないか相談されたなぁ… https://t.co/lNcIdh4wXl
    いいね
  • 3rollblue
    あと、「ようこそ、革命シネマへ」も見たわけでして。 革命!というからには映画やるぞ!ってことですよね。思わせぶりだけど力強いラストじゃないかと。 スーダンの映画人の爺さん、足長くってスタイル抜群だなあ。
    いいね
  • mitakanohigasi
    映画館再開で 『ようこそ革命シネマへ』 『許された子供たち』 『囚われた国家』 あたりが見たくなっている。
    いいね
  • barbados4126
    ユーロスペースで公開中のスーダン映画「ようこそ、革命シネマへ」勝手に応援キャンペーン。半券提示か「これから見に行きます」申告で、お料理オーダーのお客様に、ビサップ(スーダンではカルカディ)かバオバブジュースを1杯サービスします♪… https://t.co/kUEtMMdHUT
    いいね
  • ikakene
    「ようこそ、革命シネマへ」 スーダンの映画に関するこのドキュメンタリー観たい!でもまだ渋谷への外出は怖い https://t.co/YEPJSMN8Kt
    いいね
  • 444yn
    多くの映画館で営業再開2日目の火曜日。 ユーロスペースは無条件でお得に映画が観られるサービスデー。 「ようこそ、革命シネマへ」「許された子どもたち」など休止期間に公開予定だった作品が上映される。 他の劇場も会員割などあるが、レイト… https://t.co/yIHWrlBTUf
    いいね
  • keuhei
    東京では、再開したユーロでやっている「ようこそ、革命シネマへ」 去年、山形の映画祭で1番心に残った映画で絶対にオススメ。 映画館へ行けなかったこの数カ月が鑑賞する体験をもっと豊かにするかもしれない。 https://t.co/f1PQGCMzbu
    いいね
  • osanai_f
    凱里ブルースもまた見たいしドヴラートフも楽しみだけど、映画館が開いたら最初にこれが見たいよ 「ようこそ、革命シネマへ」 https://t.co/0ry5K5JCdU https://t.co/F9CgapU5w3
    いいね
  • ronpekun
    『パラダイス・ロスト』、『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』、『ようこそ、革命シネマへ』あたりも「仮設の映画館」でやってくれたら見ます。
    いいね
  • nlt_t
    『ようこそ、革命シネマへ』4月の映画で観たいやつだったんだ~!再上映されたら行きたい。こちらは独裁政権下における映画産業の話だから意味合いは違うけど「もう一度、愛する映画をみんなで」ってフレーズ今見るとじわっときちゃうな
    いいね
  • olorosa8
    駆け込みで観た休館前の2本 「白い暴動」「ようこそ、革命シネマへ」 両方今こそ観たい映画で、コロナに埋もれて欲しくない。再開時には、ぜひ。 https://t.co/ZgOrHiZowU
    いいね
  • kickey10ko
    映画館が飽いたら必ず観る作品。 「ようこそ、革命シネマへ」 「ハリエット」 「白い暴動」 「死霊魂」
    いいね