TOP >作品データベース >37セカンズ

37セカンズ

みんなの感想/評価
「37セカンズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
99%
  • 良い
    57
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1,710
ポジティブ指数96
公開日
2020/2/7
原題
37 Seconds
配給
エレファントハウス、ラビットハウス
上映時間
115分
解説/あらすじ
⽣まれたときに37秒間呼吸が⽌まっていたことが原因で、⼿⾜が⾃由に動かない⾝体になった貴⽥ユマ。親友の漫画家のゴーストライターとして働いて⾃分の作品として出せないことへの寂しさや⻭がゆさ、そしてシングルマザーでユマに対して過保護になってしまう⺟・恭⼦との⽣活に息苦しさも感じていた。⾃分にハンディ・キャップがあることをつきつけられる⽇々だか、それでも23歳の⼥性として望んでいいことだってあるはず。そんな思いの狭間で揺れる⽇々。そんなとき、ある出来事をきっかけに、ユマの⼈⽣は⼤きく変わり、⾃らの⼒で新しい世界を切り開いていくことになる――。
©37 Seconds filmpartners
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trustpine
    37セカンズ、観ました。⽣まれた時にたった37秒間呼吸が⽌まっていたことにより脳性⿇痺になった23歳の女性の、性と家族との葛藤を通じて成長してゆく姿を描いた作品です。ポップでリアルで瑞々しくて、いい作品です。とにかく佳山明と神野三鈴が素晴らしい。渡辺真起子、大東駿介もすごくいい。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『37セカンズ』数えたカットは952。冒頭の入浴シーンにぎょっとしたが、生と性を具に描く今作を象徴するシーンだった。そこから広がっていく世界には驚いた一方で瑞々しさは格別。ワンシーン奥野瑛太の「北海道出身のあいつ」という紹介には笑った。 #eigamote
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『37セカンズ』結局娘の自立を描いていながら最後は母との和解になっている。そこが情なのかな。分身の娘の存在は、救いなのかな。もう一人の五体満足の双子はなかったほうが良かったかな。そこでファンタジーになってしまった。まあそういう映画なんだろうけど。母親側から観てしまう。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『37セカンズ』障害者のセックスという刺激的なテーマから始まる。似たような映画で『岬の兄妹』はガロ的なコミックだとすればポップな少女漫画の世界になっていた。ヒロインが漫画家志望だからストーリーもファンタジーになっている。ヒロインと共に母親の共依存というような最初のお風呂のシーン。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『37セカンズ』ダウン症の青年の自立を描いた『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』を先日観たがアメリカは施設から逃亡でこちらは母親からの逃亡で見比べて観ると面白いかも。いきなりお風呂に入るシーンはちょっと衝撃的だった。やっぱ違った目で観てしまうからなのだろう。問われる映画だ。
    いいね

    良い
  • PldJHjHOgKh7Gw5
    『37セカンズ』 主人公のユマの成長と母親の愛情の深さに胸を打たれました。 本当に秀作です。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #37セカンズ』障害者ものとしてスルーしなくてよかった!と思ったのは私だけ? めちゃめちゃ良い!ポジティブでポップ、新しい世界を知るワクワク、観客に跳ね返ってくるドラマ。自分も息を止めちゃいけないと強く思う。超オススメです!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #37セカンズ  💛37秒で失ったものより、失わなかったものの輝かしさ。不良娘と研究熱心さは表裏一体やるぜユマ。彼女と接する他人のフラットな対応が素敵(身内や知り合いは過保護だったり上から目線だったり…)。あと、声音が可愛い♪
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「37セカンズ」障害者を子供に持ったからって母親が苦しむ必要は無いんです。自由に幸せになれます。』 #37セカンズ #邦画 https://t.co/5Nomlgbk2d
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『37セカンズ』鑑賞。この映画が素晴らしいのはこれは若い女性の新たな旅だと普通に描いてるところでは。性別も年齢も境遇も超え身近に感じて心配したり頼もしかったり。展開を広げ過ぎた感もあるが悪い日本映画臭がなく内省ではなく世界に向けて羽ばたいてるようにも感じた。抱擁する人の変化に涙。
    いいね

    良い
  • maina915
    『37セカンズ』 人生の気づき、色々な形の愛、心の成長、全ての方の心に響く最っっっ高の映画です。 映像もほんとに素敵。 また見に行きたい!
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『37セカンズ』ノーマークだったけど観て良かった。「障害者」の話でなく(そういう側面でハッとさせられる場面も当然あるが)「普遍的な人間の魂」の話でした。後半の急展開を、人それぞれどう観たか気になる。大人向けの邦画が観たいなら本作を!
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『37セカンズ』佳山明が、本物の障害者でありながら、女優として素晴らしい体当たりの演技を見せる。終盤、ある人に会いに行くところは、もう涙なくして。LAを拠点にする、本作が長編デビュー作の監督、HIKARIの今後の作品も大いに期待。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』13)そして何故泣いたのかを自分自身に問うた時、私たちは私たちの経験や体験は唯一無二のものであることの圧倒的な肯定だったとおもった。そしてヒロインが描いたマンガを読みたくなった。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』12)あらゆることを開くこと、向き合うことからではないと始められない。母と娘が映画の前半と後半でどう抱きしめ合っていたのか、そして最後の編集者がいう言葉で号泣した。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』11)バリアフリーという建前論はもちろん重要であるのは承知した上で、本作品が突きつけるのは建前や物理的なバリアフリーではないのだと。 心のバリアフリーに向けてのために生きていく必要がある。健常者と自認している人に。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』10)象徴的な発言は、中盤のデリヘルのシーンで示される。セックスはするけどキスは会社のルールでしない。 これが最大に突き刺さる。そしてヒロインの母親も親友もやっていることは、態度を変えこそ同じことだった。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』9)本作の撮影と照明は改めて指摘しておくくらい見事。ヒロインとヘルパーが同じ構図左右一緒でどういう光を当てているのか?で関係性がわかるし、それはラストシーン近くの母親との対比との伏線にもなる。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』8)この映画はとてもシンプルな3幕構成をとり、感覚的にも3幕目が短い。そして乗物映画としての車椅子という発想は見事。そしてローマの休日みたいにちゃんとバディがいるけど、あれはだれが旅費出しているの?
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『37セカンズ』7)通過儀礼として、女性になる。大人になるまでの旅の中で、ネタバレできないもう1人のヒロインがいる場所へ行くが、彼女にとってのトラウマと対峙するのは不在の父親ではなく、37秒の由来に纏わるあの人がまた見事。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    xxtonchiki
    3301movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us