TOP >作品データベース >異端の鳥

異端の鳥

みんなの感想/評価
「異端の鳥」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
94%
  • 良い
    24
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
94
ポジティブ指数100
公開日
2020/10/9
原題
The Painted Bird
配給
トランスフォーマー
上映時間
169分
解説/あらすじ
東欧のどこか。ホロコーストを逃れて疎開した少年は、預かり先である1人暮らしの叔母が病死した上に火事で叔母の家が消失したことで、身寄りをなくし1人で旅に出ることになってしまう。行く先々で彼を異物とみなす周囲の人間たちの酷い仕打ちに遭いながらも、彼はなんとか生き延びようと必死でもがき続ける――。
@2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • mylgbtqseats
    『異端の鳥』衝撃がずっと残る
    いいね

    良い
  • piazojp
    『異端の鳥』現代版シンドラーのリスト。かと思いきや、終始リアルな狂人ばかりでてくる中で実は兵士が一番まともという、戦争というものの狂気を描ききっている。と思いきや、実は戦争なんかよりも窮地の人の怖さという物を描きたかったのかな!?
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『異端の鳥』ホロコーストを逃れてきた少年に降りかかる受難の数々。モノクロームの世界は荒涼として人間の悪を次々と映し出し、寡黙な少年の見据える長い睫毛の瞳が哀しい。心に何かべったりと悪意を塗りつけられたような後味でしんどい。
    いいね

    良い
  • garancear
    『異端の鳥』これはしんどい。少年の地獄巡りでフェーズが変わっていくので長さは気にならないものの、どこをとっても残酷すぎ胸糞すぎて、フィクションでも見るに耐えない。我ら一般人に潜む人間の悪をこれでもかと突きつけてくる。 #映画
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『異端の鳥』残酷で美しい映像。幻想的な歌声が耳に残る。人生の通過儀礼としては過酷すぎる…農村、湖、呪い師、教会、軍隊、市街地…少年と共に世界の縮図を渡り歩く。コサックや軍用機で何となく時代を感じ、父の腕に彫られた番号で私は我に返る。
    いいね

    良い
  • FreeMVE2
    『異端の鳥』傑作(でも注意)
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『異端の鳥』★★★★☆モノクロの美しいシーンで短い章立てが寓話的で目を背けるほどではなかった。「アポカリプト」は本当に目を背けたからね。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『異端の鳥』(18/チェコ/スロヴァキア/烏) ホロコーストから逃れた少年が辿る、地獄の大人ガチャ。時代の狂気もあるとはいえ、出会う大人が酷い人物ばかり。たまに出会う善人も短命で、どんどん虚無になってく少年の表情が切ない。
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『異端の鳥』ともすれば陵辱ポルノとも読めそうな原作のクセを節度持って抑え、しかし人心の荒廃ぶりはぎっちり描かれています。主人公役のかすかな表情の変化だけの演技もよい。自然は美しく人間はクソ!
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『異端の鳥』重々しくも美しい映像や、時にシュールにすら見えるバイオレンス描写に、「有名らしいから」という理由で昔一回だけ観て撃沈した「アンドレイ・ルブリョフ」「1900年」をちょっとだけ思い出した。(主題は全然違うだろうけど)
    いいね

    良い
  • trustpine
    異端の鳥、観ました。第二次大戦中の東欧のどこか、ひとり放浪を余儀なくされた少年が差別と迫害に抗い、想像を絶する環境の中、強く生き抜く姿を描いた作品。モノクロの端正な映像と少年の眼差し加えて名優たちの芝居が169分の長尺を飽きさせません。原題The Painted Birdがいい。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『異端の鳥』ホロコーストだけが悪ではない。狂気の時代、人間の悪意に翻弄される少年の姿が痛ましいが、その少年ですら、悪意を抱くことがある現実が辛い。たまに善意の人が出てくるとホッとする。3時間弱のモノクロ映像から、一時も目が離せない。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『異端の鳥』本作のテーマに直結する原題「The Painted Bird」の意味するものが象徴的に中盤に出てくるが、単にナチスのユダヤ人迫害や反戦を描いたものという枠組みを越え、排外主義やヘイトが蔓延する今の世界を浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『異端の鳥』鑑賞。 期待以上に見たかったバリー・ペッパーが其処にいてとても良かった。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『異端の鳥』鑑賞。原作未読。恐ろしい。それは内容の残酷さもだがホモサピエンスという動物の本性を淡々と叙述し自分の中にある人間の本質を突かれたような気さえするから。モノクロのシネスコも優雅さを拒否。暗黒の寓話をリアリティたっぷりにべっとりと見る者の心に塗り付ける。最高の映画体験だ。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『異端の鳥』一切の憐みや忖度を排した泰然とした眼差しは人間の醜さも厳かな自然も、過酷を極める少年の遍歴をも現実主義で捉え、その中に不意の神懸かったショットをみせる。地上の厄災を辿る旅を経た少年の強かな変容に、希望と一抹の不安を覚える
    いいね

    良い
  • croaton0
    観客に働き掛けるようなドラマ的起伏も緩急もない戦中という時勢と人間の残虐性、そして少しの優しさで織り成された地獄は陰惨ながらもどこか厳かで、モノクロームと冷酷さが無垢な少年の人間性を際立たせる
    いいね

    良い
  • kmrks
    『異端の鳥』(The Painted Bird)鑑賞。172 ポスタービジュアルと邦題で誤解。全編にわたり絵本のように描かれる暗く辛い日々。「環境が人を作る」という言葉が度々頭を過ぎる。"東欧のどこか"のリアリティ。 #eiga
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『異端の鳥』第二次大戦の終盤を扱いながら、地域を特定しないようにスラヴ系の間での共通言語を採用したと言う。どの勢力も迫害してくるし力の無いものはまた酷く、暴力の多様なことよ人間という奴は。演じ手たち見事。最後に淡い光を感じさせる。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『異端の鳥』冒頭少年が追われ掴まり抱いていた動物が殺され彼は痛めつけられる。彼は祖母と暮らしている。以降少年が出会う大人の名前が章立てて構成される。いつ果てるとも無い陰惨な世界だが古典的モノクロで神話寓話を見るよう。心して体験を。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    2801movies / tweets

    follow us