TOP >作品データベース >薬の神じゃない!

薬の神じゃない!

みんなの感想/評価
「薬の神じゃない!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    24
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
219
ポジティブ指数95
公開日
2020/10/16
原題
我不是薬神
配給
シネメディア
上映時間
117分
解説/あらすじ
上海で、男性向けの回春薬を売る小さな店の主人・チョン・ヨン(程勇)は、店の家賃さえ払えず、妻にも見放され、人生の目標を見失っていた。ある日、「血液のがん」である慢性骨髄性白血病患者・リュ・ショウイー(呂受益)が店に訪れる。国内で認可されている治療薬は非常に高価であるため、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいという依頼だった。最初は申し出を断ったものの、金に目がくらんだチョンは、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるため、購入グループを結成する。危険な仕事を続ける彼を待っていた結末は…
©︎2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『薬の神じゃない!』@ シネマ神戸観…!「良い!」との評判だけで漸くに!実話が元で初めは金儲けを企む高値薬密輸で大儲け!…な話と感じてた…のがめっさくさ良い話じゃない!前半の話と中盤からの展開の転回のテンポの良さが爽快で壮絶で始終魅入った!感動…とはまた違った情を揺さぶる傑作!
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『薬の神じゃない!』#movie コロナなくても白血病患者はマスク。インドの消毒は何だったのだろう。あまり期待せずに観たがパラサイトよりこっちの方がいいくらい😆
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『薬の神じゃない!』韓流だと思ったら中国だったけれど、中国らしからぬ展開にこういうのもできるんだというのと、こういう考え持っている人もいるんだと思うと、この先の中国国家の進む道に少しは希望がもてるんじゃないかと思う
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『薬の神じゃない!』10/17 エネルギッシュでおもしろかった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #薬の神じゃない!』共産主義の中国にもあった一部企業独占の薬価問題に果敢に挑戦した男と仲間達の真実。痛快なドラマもあるが実話だけにほろ苦い。だがその勇気ある行動は著しい経済発展に置き去りにされた人々の医療改善に確かな足跡を残した。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『薬の神じゃない!』★★★★☆ケーパーものとしてみると脇がたっていてよくできている。カタルシスが半端ない。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    映画『薬の神じゃない!』感想。中国版ダラスバイヤーズクラブみたいな話。薬をさばく仲間(患者、チンピラ、ポールダンサー、神父)との掛け合いが面白く、身内の刑事の描写が増える後半部分の盛り上がりが素晴らしい。ラストはベタな形で泣かせに来ますが、映画の雰囲気に合っていて好き。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『薬の神じゃない!』これは実話を元にしているのか。笑いも交えつつ、一方で、実際にあった事件とその陰にある問題を鋭くえぐり出す。下手したら体制批判と取られかねない映画をよく中国で撮れたもの。そこが、この映画が中国で大ヒットした理由か。
    いいね

    良い
  • 4usoitk
    『薬の神じゃない!』結果的に事態は改善されたからこの映画を作ることができてるのかもだが、政府批判的な要素もある話を良く映画化出来たな、と。護送されるシーンはその後の展開読めるもののやはり感動する。社会派をエンタメに昇華した良作
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿武蔵野館で『薬の神じゃない!』を鑑賞。認可されていないインドの安い薬を密輸することになった主人公。輸入が違法じゃなかったらね。そりゃー刑事も悩むよ。最初は、横柄で嫌な感じの主人公だったが、みなおした。まさかの泣ける話だった。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『薬の神じゃない!』前半の、背に腹的からウハウハの緩い流れから、後半の見た目もビシッとして社会派ドラマに変わる流れが凄まじかった。国は薬は誰の為の物かを考えるべき。実話ベースで、今の中国でここまでの作品を発表出来るようになったのね。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『薬の神じゃない!』実際に変わったからこその帳尻合わせはあるにしろ現代中国物でここまで描けるのかと。キャラのたて方と変化の魅せるエンタメ度高く引き込まれる所やダメお上匂わせ描写含めて、例えが的確じゃないかもだが韓国映画見てる感じの楽しさ。中国とインド組んだら怖い物なしな気もw
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『薬の神じゃない!』。上手い映画。実話ベースなのも良い。中国国でもこういう映画が公開できるようになったのはいいこと。多分インドはコピー薬かな。最高裁で無罪だからいいのかも、ですけど。日本も同じことはあるんだろうなぁ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『薬の神じゃない!』(18/中) 慢性骨髄性白血病の治療薬を巡り、高価な正規品が買えない人々のため、インドからジェネリック薬を密輸入したグループの実話を脚色したサスペンス。私欲から儲け度外視の義賊的境地に至るドラマがアツい。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『薬の神じゃない!』鑑賞。175 凡そストーリーがわかっていても描ける事しか描かれていないとわかっててもグイグイ引き込まれる。純粋に映画的面白さ。 #eiga
    いいね

    良い
  • a19660819
    #薬の神じゃない!』10/22冒頭より引き込まれ、ラストまで最高!!あのラスト涙せずにいられなかった。エンタメと見せて、見事に重厚な人間ドラマ。人の底にある善を描き、それが実話なのもたまらない。役者皆良し✨見逃すな!!傑作です
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『薬の神じゃない!』実際のジェネリック医薬品密輸事件をエンタメとして喜怒哀楽を周遊し、社会派としての視座も見せる万能型。金目当てから始まる蛮勇が結果的に人々に本当の真偽を説き、国に改革を齎す胸熱&啜り泣き。タブーに挑んだ製作陣に拍手
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】薬の神じゃない!見てた。◎。2002年の上海で白血病のジェネリック治療薬をインドから密輸した男の話。主人公の成長端でもあるし、社会派でもあるし、最後は泣かせにくる。監視するような撮り方も定石通りではあるが効果的だった。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『薬の神じゃない!』実話の重み。ジェネリック医薬品は常識。しかし、昔、医者によってはジェネリック医薬品不可の処方箋も。人を救う薬品が金儲けの道具?!最初は金儲けも現実を知り病人のために動いた主人公。歴史を変えるのはいつも一井の人だ!
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『薬の神じゃない!』ジェネリック医薬品密輸入という実際に起きた「陸勇事件」をモデルに、血液の癌と言われる白血病患者への販路確立、大手製薬会社や司法と対立したりと、「ダラス・バイヤーズクラブ」を彷彿させる本作は胸熱ドラマを展開させる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    GD_momoco
    2369movies / tweets

    follow us