TOP >作品データベース >SKIN/スキン

SKIN/スキン

みんなの感想/評価
「SKIN/スキン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    11
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
97
ポジティブ指数100
公開日
2020/6/26
原題
SKIN
配給
コピアポア・フィルム
上映時間
118分
解説/あらすじ
スキンヘッドに差別主義者を象徴する無数のタトゥー。白人至上主義者に育てられ、 憎悪 と暴力に満ちた生活を送っていたブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、これまでの自分の悪行を悔い、新たな人生を始めようと決意する。しかし脱会を許さないかつての同志たちから執拗な脅迫、暴力を受けることとなり、ジュリーたちにもその矛先は向き始める…。
© 2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『SKIN/スキン』@ シネ・リーブル梅田、短編上映付観…配信で観て度肝抜かれた短編。冒頭その短編を改めて大画面で観て強烈な洗礼を浴び否が応にも本編の期待高まる…実話が元なので「在って無い」描写や展開は出来ないのは仕方ない…が短編の「映画」としての完璧さの後では物足りなく感じた…
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『SKIN/スキン』生きるためにいたとは言え、レイシストグループから抜け出す難しさと怖さが伝わる。レイシスト達の主張や主義はスカスカでただのヤクザ集団なのが笑える。レーザーの痛そうなシーンが多く、それと共に浄化されるようだった。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『SKIN/スキン』短編と同時上映回鑑賞。衝撃的な展開を見せる短編に比べ、実在の人物ブライオンワイドナーの転向とレーザーによる刺青除去(めちゃめちゃ痛そう)をみせるオーソドックスな作り。R15+なのは愛犬BOSSが酷い目にあうから。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「SKIN / スキン」白人至上主義者の考え方が酷く歪んでいる事が、この映画を観ると解ります。』 #SKIN #スキン https://t.co/I2xdNXeMGG?amp=1
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『SKIN/スキン』鑑賞@あつぎのえいがかんkiki。人種差別主義者から抜け出すためにタトゥーを消そうとする男の実話。こういうカルトから抜け出すのは命懸けというのが怖すぎる…
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『SKIN/スキン』たまたま集会に来ていた三人の娘のシングル・マザーに思いを寄せる。母親というより娘だろうか?獰猛な犬も怖がらずに仲良くする姿に。その娘をまともな生活をさせたいと思う母親。母親の違いが焦点になっている。黒人の救援団体の援助を受けて脱退する。その部分をもっと知りたい
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『SKIN/スキン』すべてにおいて「痛い」映画だった。白人至上主義のレイシストの改心の話なんだけど、その入れ墨を消す電気治療が痛々しい。組織を抜け出したいと思っても執拗に襲ってくる。ヤクザの世界と同じような。見捨てられた者がレイシストに親代わりに面倒を見てもらいその世界に。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『SKIN/スキン』2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話を基に映画化した本作を観ると、如何に差別や分断が悪行であるかが浮き彫りにされ、その過ちを正す勇気を謳う。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『SKIN/スキン』短編が衝撃的でめっちゃよかったせいか、こっちがかすんでしまった気がする。全然話は別物で、こっちは実在の人物がいるらしい。シングルマザーと罵りあいながらもこれが本当の愛か…なんて思ったり…ん~でも短編には負けてるわ
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『SKIN/スキン』人種差別グループのリーダーの息子として育てられた主人公の壮絶な半生。自ら差別主義者になったのではなく、他に選択肢がなかった人々や、グループからの脱会を助ける人々がいることを知った。難役を演じきったJ.ベルに拍手!
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『SKIN/スキン』同監督による同名短編は大傑作だが、人物関係など別物とはいえ長編の方は動機付けや葛藤部分等の脚本の弱さもあり今一つ。タトゥーまみれのジェイミー・ベルの怪演は光る。生まれ変わりとリンクする脱皮演出は分かりやすい。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『SKIN/スキン』仮初の愛に育てられた憎悪と暴力の無垢なる怪物が知る喪失の恐怖は、痛みを伴い素顔の自分へと生まれ変わらせる。差別主義者の根底にある荒んだ心の弱さを、自身を悔いて真っ当に生きようとする人間との対比で真摯に描く秀作。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    本作が特筆すべきなのは、ネオナチ集団の新メンバー勧誘経緯を見せている点。単に生きるためにネオナチに入る者も存在する悲しさ。主人公ブライオンの顔に刻まれたタトゥーはヘイトの象徴にして不安を隠すためのペルソナ(仮面)。そのペルソナを痛みを伴いながら剥がし、彼はパーソン(人間)となる。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『SKIN スキン』試写。レイシストの贖罪を描く実話ベースのドラマ。ジェイミー・ベルがイメージを一新。過激な暴力描写が多く心が痛むが、愛を知って憎悪が消え、生まれ変わる主人公の姿に観る側も清められる。短編版の方がシンプルで強烈な印象。21分の中にギュッと凝縮され、衝撃のラスト!
    いいね

    良い
  • vickeco
    昨夜観た映画。 『SKIN 短編』(2018年) と 『SKIN / スキン』(2019年) どちらもガイ・ナティーヴ監督作品。実話ベース。短編も絶対観たほうがよい。凄まじい…
    いいね
  • snake954
    『SKIN/スキン』みる。
    いいね
  • kmrks
    『SKIN/スキン』(SKIN)鑑賞。109 予告編の煽りと比べると、恵まれない白人が誤った道から更生するよくある話。黒人でもヒスパニックでも我々でも起こりうる。SKINに刻んだタトゥーが象徴的に描かれる。 #eiga
    いいね
  • a19660819
    #SKIN/スキン』あぁー、タイトル!ビジュアルからして観たい😖🎶
    いいね
  • yama_ka
    昨日観た映画「SKIN/スキン」のモスクのエピソード、まるでヤンキーの度胸試しみたいに行われてて、心底ゾッとした、
    いいね
  • q3vUU9cF5PIOOcE
    映画『SKIN/スキン』観ました。とても良い作品でした。短編も同時上映で観てこちらも良い作品でした。
    いいね