TOP >作品データベース >海辺の映画館-キネマの玉手箱

海辺の映画館-キネマの玉手箱

みんなのつぶやき
「海辺の映画館-キネマの玉手箱」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    12
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
116
ポジティブ指数100
公開日
2020/7/31
配給
アスミック・エース
解説/あらすじ
尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を観ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界 にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島——。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが…。
©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • asapu918
    『海辺の映画館 キネマの玉手箱』試写。闘病中の大林宣彦監督の新作。映画愛と反戦への思いを絡ませた3時間の大作。膨大なカット数!映像の遊びが目立ち、絵本を広げたような華やかさ。日本の戦争の歴史を江戸期まで遡り、多くの偉人も登場する。少々疲れるけど、壮大な旅をしたような気分になった。
    いいね

    良い
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    writelefthand
    2024movies / tweets

    follow us