TOP >作品データベース >ANNA/アナ

ANNA/アナ

みんなの感想/評価
「ANNA/アナ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    30
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
128
ポジティブ指数94
公開日
2020/6/5
原題
ANNA
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
119分
解説/あらすじ
1990年、ソ連の諜報機関 KGB に よって造り上げられた最強の殺し屋、アナ。美しきファッションモデルやコールガールなどの複数の顔を持つ彼女の使命は、国家にとって危険な人物を次々と消し去ること。その明晰な頭脳とトップクラスの身体能力を駆使して、アナは国家間の争いを左右する一流の暗殺者への進化を遂げる。そんな中、アメリカのCIAの巧妙な罠にはめられ、捜査官レナードから成功確率0%の究極の取引を迫られる。最大の危機を前にしたアナは、さらなる覚醒を果たし、世界の命運を握る二大組織KGBとCIAの脅威へと化していくのだった。
©2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Shimichin
    『ANNA/アナ』ベッソン監督お得意の″女殺し屋″モノ。新たな逸材サッシャ・ルスが戦うヒロインを体当たりで熱演!KGBとCIAを相手に大暴れ!コンゲームものなので観ていて飽きないし、ルークやキリアンに加え大御所ヘレンも魅力的です。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #ANNA/アナ』サッシャ・ルスが魅力的なのに加え脇を固める3人も演技派揃い!この時代USBって?と思いつつ、意表をつく目まぐるしい展開を一時止めて、少し戻してから先に進めるという鉄道のスイッチバックのような方式も楽しかったです☆
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ新宿でリュック・ベッソン監督『ANNA/アナ』を鑑賞。KGBの殺し屋の女性の話。裏の裏は何みたいで、おもしろいですね。KGBもCIAもアナに仕事させ過ぎ。それも無茶苦茶なヘビーな仕事を。サッシャ・ルスさん素敵です。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『ANNA/アナ』お気に入りの女が見つかると俄然頑張るリュック・ベッソン。『ニキータ』アップグレード版て感じで久しぶりに良かった。ロシア人スーパーモデルのサッシャ・ルスでアテ書きしたストーリーは『アトミックブロンド』を彷彿とさせる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ANNA/アナ』(ANNA)鑑賞。101 とてもリュック・ベッソンらしい、スタイリッシュで強くて孤独で美しい生き物の話。90年代のリュック・ベッソンが好きな人にオススメ。サッシャのルックスだけでもお釣りが来る☆ #eiga
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ANNA/アナ ♣『カッコイイが大盛り』ということで鑑賞したら、『可愛い』も、もれなくついてきたーv 一番可愛いのはアナのルームメイトだけど、ルークさんもキリアンも飼い慣らされ感が♪ 業務上仕方ないとはいえ、ちょっと殺し過ぎーっ
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ANNA/アナ』(19/仏・米) 要人暗殺を得意とするロシア女性諜報員の活躍を、スタイリッシュに描くスパイアクション。いわゆる二重スパイものでもあるが、時制を行きつ戻りつして、事件の真相を種明かししながら進める語り口が楽しい。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『ANNA/アナ』黒髪ショートボブ・セクシー下着姿に、監督の本音のフェチが見えた気が。 「ルーシー」はバックボーン全省きに驚いたが、描いたら描いたで鈍重になっただけでした。 携帯・PC普通に登場問題は…鑑賞中気にならなきゃOKか?w
    いいね

    残念
  • st_yokohama
    『ANNA/アナ』リュック・ベッソンの新しいディーヴァはロシア人モデル。いかにも監督らしい戦う美女物だけど、アクションシーンは日本の時代劇の殺陣の様な作られた感が気になる。もっと外連味サイドに振り切れば良かったのにって思った。
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『ANNA/アナ』劇場で鑑賞。冷戦の残り香漂う時代で、二つの組織に翻弄される暗殺者。激しく、且つ華麗に躍動する新鋭S・ルスの存在感が鮮烈。時制が入り組む物語は複雑すぎるきらいもあるが、主人公を取り巻く人々の造形は実に味わい深い。良作
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ANNA/アナ』今更、米ソ冷戦時代のスパイ物なんてと思ったが、この時代背景だからこそ成り立つ話。リック・ベッソンお得意の最強ヒロインを演じた、実際にロシア人のサッシャ・ルスは、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オルガ・キュリレンコに続くか?
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    33本目『ANNA/アナ』@ TOHOシネマズ与次郎。劇中のKGBによるスカウトと重なるかのようなL・ベンソンの新進女優起用。米ソ両国を手玉にとるS・ルスにすっかり魅せられた。最後のH・ミレンの捨てゼリフがなんとも小気味好い。
    いいね

    良い
  • ks_ngsk
    ANNA/アナ、映画館の営業が再開して、リバイバル映画の上映が多い中、景気づけの1本にふさわしい新作。レオンの哀愁も思い出しつつ、不死身のヒロインがかっこいい☆彡面白かったので、もう一回、観ちゃいます♪
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ANNA/アナ」(続き) 時間軸を捏ねくり回す編集は、ストーリーが展開してないように見えるが、同時にQ&Aの様な分かりやすさも感じる。CIA捜査官役キリアン・マーフィーの色気は本作でも印象的。元モデルのサッシャ・ルスという逸材の発見は大きい。彼女での続編が観たい。珍しく良作!
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ANNA/アナ」TOHO日比谷で鑑賞。リュック・ベッソン監督が大好きな美人スパイ設定は既視感たっぷりだが、エンタメに徹していた。白昼レストランへの殴り込みシーケンスは白眉!アナの血塗れアクションは近年のベストアクトかも。男たちに搾取されながらも負けないタフさと心強さが見所か
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ANNA/アナ』@ TOHO梅田観!女スパイ、殺し屋、諜報部員、モデルと八面六臂の大活劇!劇中相手を何手先までも読み解きまた観客の読み通しを試すかの様で何度も「メイト!」と指し刺されるチェスの如き展開!監督得意芸だが今回は重厚さやより「華」を添えた感のある旧作風味な新展開が良!
    いいね

    良い
  • kamihiko
    『ANNA/アナ』思いの外、最初のモッタリ感もタイムシフト構成で挽回。初めの10分くらいはしんどかったけどね。アナより同棲相手の方に感情移入して「むぅ…」とはなるけど、終盤までのお話の展開はおもしろかったと思う
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ANNA アナ」最強の女殺し屋のアナですがどこかで観たことがあるような・・・とは言わないでね。』 #ANNA #アナ https://t.co/2ehG17jZjZ?amp=1
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ANNA/アナ』鑑賞。 予告を観たことないので先行く展開に“まだあるの?まだあるの?!さらにさらに?!”と明かされていく真実にその度に騙されて痛快、笑。 そして、銃を持ってる手元を的確に狙ってくる大仰でないアクションシーンも好き。
    いいね

    普通
  • yabu7
    『ANNA/アナ』スーパーモデルのサッシャ・ルスがKGBの女スパイとして活動するが、ある時CIAのスパイとしても、暗躍することになったアナ。アクションシーンも目にも止まらぬ速さで鮮やかに決めてしまう。あまりの活躍にKGBとCIAは裏切りを防ぐべくアナの抹殺を企てるが・・・
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...