TOP >作品データベース >デンジャー・クロース 極限着弾

デンジャー・クロース 極限着弾

みんなの感想/評価
「デンジャー・クロース 極限着弾」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
73%
  • 良い
    8
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
43
ポジティブ指数100
公開日
2020/6/19
原題
Danger Close The Battle of Longtan
配給
彩プロ
上映時間
118分
解説/あらすじ
1966年8月18日未明、南ベトナム。ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。発射地点を突き止めるため偵察に向かったハリー・スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊は、第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む。次々と現れる敵兵からの激しい銃撃、全く逃げ場のない極限下で、遂に味方の命を失いかねない危険なミッション「デンジャー・クロース」を申請する。一方基地本部では、応援の大隊を出撃させるかの判断をする時が迫っていたのだった…。
© 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • sa9237a
    『デンジャー・クロース 極限着弾』いやあピンポイントで爆撃のための緊迫感。レーダーやドローンでボタンひとつだとしても最後は、やはり人間なんだね。それも危険を冒して挑まなければならない過激さ。そこにやはり究極の選択を迫られる時が来る
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【デンジャー・クロース 極限着弾】ベトナム戦争ロングタンに於ける豪州軍の活躍を記す製作意図とは裏腹に、自国を守るのに必死なベトナム兵士を相手に、一体何のために他国に侵入し命を危険に晒さねばならぬのかと考えさせられる空気が覆う。作戦も戦況も分かりやすいがひたすら暗く重い。 #映画
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『デンジャー・クロース 極限着弾』ベトナム戦争の英雄部隊を描いた作品だが、主人公って存在が特にないので感情移入はし辛かった。映像は凄いけどキレイ過ぎてリアリティに欠ける嫌いも。展開はひたすら陰鬱で、そこだけはリアリティ。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『デンジャー・クロース 極限着弾』ベトナム戦争終結後50年封印されていた「ロングタンの戦い」という豪軍108人とベトコン2000人の激戦を、恰も戦場に投げ込まれたような臨場感と共に描く本作は死と隣り合わせの人間模様を浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『デンジャー・クロース 極限着弾』劇場で鑑賞。ベトナム戦争で豪州軍が繰り広げた壮絶な戦いを描く。掠める銃弾、肉薄する砲撃、迫りくる敵の脅威…具に描写される戦場のディテールが高める緊張感。若々しく精悍な俳優陣による熱演が見事。良作です
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『デンジャー・クロース 極限着弾』★★★☆☆ふたむかしな感じのベトナム戦争物
    いいね

    普通
  • 4usoitk
    『デンジャー・クロース 極限着弾』戦闘シーンの緊迫感は確かに凄いものの、(映画とはいえ)相手のベトナム兵が砲撃を恐れない戦闘マシーンとしか描かれてないのはあまりにも一面的すぎないか?
    いいね

    普通
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「デンジャー・クロース 極限着弾」オーストラリア軍のベトナムでの悲惨な戦いを生々しく描いてます。』 #デンジャー・クロース #極限着弾 https://t.co/Wtc5iXP3Wh?amp=1
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『デンジャー・クロース 極限着弾』ベトナム戦争「ロングタンの戦い」を描いた実話。終始、臨戦態勢の視覚的変化の少ない画も遠くの銃声、近くの爆撃、不気味な静寂と音による微細な演出が冴え、無限に現れる無機質なベトナム兵が恐怖と緊張感を煽る
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】デンジャー・クロース 極限着弾見てた。◎〜☆。静寂が肌に迫る映画。遠くで銃声が聞こえているシーンの方が遥かに安堵できる精神状態に持って行かれてしまう。それぞれのプロフェッショナルとひたすら出てくる相手の兵士に恐怖を覚えたり。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『デンジャー・クロース 極限着弾』ベトナム戦争にオーストラリア軍も行っていたとは…やっつけてもやっつけてもどこからともなくわいてくる北ベトナム軍。このままだと全滅する!?と自分たちの現佐地に砲弾指示…実話らしいけど運もよかった!?
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • PHead
    映画『デンジャー・クロース 極限着弾』を観てきた。ベトナム戦争時に、オーストラリア軍と南ベトナム軍がぶつかったロングタンの戦いを描いた作品。豪軍がコテンパンにやられて、いかに被害を少なく撤退するかを描いています。米軍に比べると装備が乏しくスケールは小さいが、緊迫感はありました。
    いいね
  • jasminekyoko_
    映画『デンジャー・クロース 極限着弾』久しぶりに熱い戦争映画を見た♪ベトナム戦争におけるオーストラリア軍の戦い。アメリカほどドラマチックに描いていないけど、そこがまたリアルで面白かった。#デンジャー・クロース #ジャスミンKYOKO https://t.co/iPgbmeXJvN
    いいね
  • shirochisa
    「デンジャー・クロース 極限着弾」 この映画はオーストラリア軍を取り上げてるけど、ベトナム戦争後にアメリカでPTSD発症した兵士がすごく多かったというのを思い出した。そりゃそうだよ。例え命は助かったとしても、あと1秒で死んでた恐怖と絶望、仲間の死…。のめり込んで観た。疲れた…
    いいね
  • yukikaze1
    「デンジャー・クロース極限着弾」ベトナム戦争に参戦したオーストラリア軍のお話。兵隊たちが若く20代だらけ。戦闘シーンはどれも大迫力で映画館で見た方が楽しい作品
    いいね
  • peluzeus
    まあそれがゆえに「デンジャークロース 極限着弾」にあるような苦戦を強いられたわけで、助太刀の立場から観たベトナム戦争映画というのも実に興味深い。エンディングに「この映画の製作に置いて多くの人の雇用が確保された」というメッセージも入っている。これはアメリカ映画以外では初めて見た。
    いいね
  • peluzeus
    オーストラリア映画の「デンジャークロース 極限着弾」も「カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇」も夏のこの時期だから観たい映画で、映画には野菜と同じで旬というものがある。よく地方で都会でヒットした映画が上映されてもコケるのは時期を逸している事もある。ホラーは冬に観たくない。
    いいね
  • peluzeus
    『デンジャークロース 極限着弾』観賞。オーストラリア戦争映画久し振りだが、サミュエル・フラー監督『陽動作戦』を思わせる戦争映画の傑作。ベトナム戦争に参加したオーストラリア軍とベトナム軍の死闘に手に汗握る緊張感。自前の空軍が無いため… https://t.co/zgQLz460qL
    いいね
  • pisces1235
    汗をダラダラかく暑苦しい映画といえばベトナム戦争は高温多湿なイメージなんだけど…先日観た『デンジャークロース 極限着弾』にはそれが全然なくてオーストラリア軍の軍服も見慣れたアメリカ軍のものよりややクラシックなデザインだからベトコンが写らないとまるでWWⅡヨーロッパ戦線ものかと…💧
    いいね
    関連動画
    関連ニュース(シネマカフェ)
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2777movies / tweets

    follow us