TOP >作品データベース >コリーニ事件

コリーニ事件

みんなの感想/評価
「コリーニ事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    121
  • 普通
    9
  • 残念
    3
総ツイート数
301
ポジティブ指数97
公開日
2020/6/12
原題
THE COLLINI CASE(英題)
上映時間
123分
解説/あらすじ
新米弁護士のカスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したのだ。ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。殺害について一切口を閉ざすコリーニだが、ライネンは事件を深く調べるうちに自分の過去、ドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして想像を超える衝撃の真実に向き合うこととなる――。
© 2019 Constantin Film Produktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『コリーニ事件』被告コリーニが黙秘する時間が長く続くが、決して飽きさせない。弁護士でもある原作者シーラッハが巧みで、人の運命を狂わせた法律の不備を法廷劇中で丁寧に突く。独伊はお仲間だったはずなのに。フランコ・ネロ、沈黙のすごみ!
    いいね

    良い
  • sweetest___kill
    『コリーニ事件』大変見応えがありました。何があったのか、なぜ殺したのか…。緊迫感にハラハラしながら裁判を見守りました。一筋縄ではいかない法廷劇。スルー予定だったけど見て良かった。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【コリーニ事件】過去に大罪を犯した者が全く裁かれぬどころか現代で権力を得たり、のさばったりしている不条理はこの国も一緒か。公正であるべき法の姿を正す新米弁護士が私情や縁故への情に流されずに正義を貫き清々しい。真相のピースが徹底して法廷で嵌め込まれる演出にも好感。良作。 #映画
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『コリーニ事件』法廷ドラマに外れはないのだが、この映画も最初の理由なき殺人(その謎解きで展開していくのだが)から引き込まれていく。ただ論理的な法廷劇というよりは感情的な面が強い。ナチスが絡んでくるから。不幸な歴史映画だ。1968年の戦争犯罪人を法で裁けない法が出来たことの不幸。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『コリーニ事件』@ 塚口サンサン劇場観!裁判物…とだけは知っていたが…父とも云える恩人を殺した殺人犯を弁護出来るのか?そこにナチスを絡めて骨太で重厚なドラマが展開する!後出し、付け足し感は在るがそれを凌駕する観せ方、演出にスクリーン釘付け!眠気もぶっ飛ぶ大好物な画で展開だった!
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『コリーニ事件』敗戦国である自国を裁けるか…ドイツはそれを続けている。日本はどうだろう。〈戦犯〉と呼ばれてもおかしくない人達が、裁かれずに戦後を生きたという事実はあるよね…「あたしと祖父は同じ?」というハンナの問いは私自身への問い。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『コリーニ事件』鑑賞。原作未読。ドイツ司法の問題とはこのことなのか。ナチスものは数多く観てきたが負の遺産が続くような問題提起を骨太なドラマでしたのは素晴らしいことなのでは。フランコ・ネロの渋い瞳の演技が光る。ただ1本の映画としては作劇や演出のミスと感じる部分が多く疑問が残った。
    いいね

    残念
  • piazojp
    『コリーニ事件』個人、役職、国籍。複雑に絡み合う中に、更にドイツの歴史問題に放り込まれるという新人のキャパ超えてるだろ!って、展開に裁判相手はオールスターチームに、素人のパンキッシュガールと時間もなし!全てがギリギリな佳作♬
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #コリーニ事件』殺人事件の裁判を通してナチスドイツの歴史&戦後ドイツの法制史の闇が浮かび上がり、そうした展開にいくつもの人間関係が絡み、重厚さとエンタティメント性を備え、そして人間の尊厳にも迫っていて見応え十分! #武蔵野館 快適
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『コリーニ事件』鑑賞。 新人弁護士が任された事件の被害者はかつての恩人。ドイツ、被害者、被疑者の年齢を考えると予想はされるけど自国の負の歴史を描き、都合よく作られた法律に真っ向から立ち向かい正義を問う法廷劇で見応えあり。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『コリーニ事件』図らずも恩人を殺した犯人の弁護をする事になった、新人弁護士。ミステリー要素のある映画なのかと思ったら、やはりそこに行き着くよね。ドイツ映画だし。重いし、今は変わったとしても、やはりドイツの闇。良作。
    いいね

    良い
  • hiroshiyan1
    『コリーニ事件』@シネリーブル梅田 事件の真相が判明していく…そしてまたナチスドイツの深い闇が絡んでゆく…ラストは泣いた…
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「コリーニ事件」法律は変えられても女神テミスの目を塞ぐことは出来ない。真実は必ず公になるのだ。』 #コリーニ事件 https://t.co/yitXTBksjd?amp=1
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『コリーニ事件』 主役の弁護士の育った環境のエピソードと被疑者の過去がぐるくあと絡まって、よく纏ったストーリーでした。 法廷物お約束のひょんな事から紡ぎ出される証拠や、その他の展開も、見てる人を飽きさせずにかつ事件に真摯に向き合う部分がとても良かった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #コリーニ事件』現役弁護士原作の法廷サスペンス。ドイツで生きるトルコ系新人弁護士が恩人の大企業経営者を殺した容疑者の国選弁護士に図らずも指名。関係者への想いに悩みつつ真実を追求し弁護士本来の職務を全うする。ナチスの残影がここにも。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『コリーニ事件』ドイツの闇、ナチス。ナチスの多くは戦犯として裁かれたと思っていたが今も闇は残っているのだ。被告人が口を閉ざすのは悪人にも家族があり家族は別物だから。真相が証されるにつれ気分が重くなっていく。戦争はまだ終わってない。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『コリーニ事件』  主人公の父はドイツ人で母はトルコ人という設定。弁護士というエリートではあるものの、劇中では何度か「トルコ系ドイツ人」が受ける差別が垣間見られる。未来の日本でも同じようなシチュエーションが発生するのかな…
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『コリーニ事件』観てきた。「ドイツ映画」というのは多分、初見だけど傑作だった。ネタバレを避けて紹介するのは難しいけど、戦争劇&親子(親族)劇の要素が詰まった法廷劇。「法廷映画にハズレなし」の法則が今回も発動して2時間を一気に魅せる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『コリーニ事件』(THE COLLINI CASE)鑑賞。102 もう一度見る。味合わないといけない映画。 #eiga
    いいね

    普通
  • tokokonatsu
    『コリーニ事件』これは傑作。単なる法廷物、単なるナチス糾弾物ではない。法廷で正義のなんたるかを身を以て教えられるルーキー弁護士。被告人に「父親に会える内に会っておいた方がいい」と言われるシーンは、後から考えると非常に重い。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    coco 映画レビュアー
    Pooh_kuru_san
    2021movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us