TOP >作品データベース >コリーニ事件

コリーニ事件

みんなの感想/評価
「コリーニ事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    113
  • 普通
    9
  • 残念
    2
総ツイート数
256
ポジティブ指数98
公開日
2020/6/12
原題
THE COLLINI CASE(英題)
上映時間
123分
解説/あらすじ
新米弁護士のカスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したのだ。ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。殺害について一切口を閉ざすコリーニだが、ライネンは事件を深く調べるうちに自分の過去、ドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして想像を超える衝撃の真実に向き合うこととなる――。
© 2019 Constantin Film Produktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • A2hyro
    『コリーニ事件』鑑賞。 新人弁護士が任された事件の被害者はかつての恩人。ドイツ、被害者、被疑者の年齢を考えると予想はされるけど自国の負の歴史を描き、都合よく作られた法律に真っ向から立ち向かい正義を問う法廷劇で見応えあり。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『コリーニ事件』図らずも恩人を殺した犯人の弁護をする事になった、新人弁護士。ミステリー要素のある映画なのかと思ったら、やはりそこに行き着くよね。ドイツ映画だし。重いし、今は変わったとしても、やはりドイツの闇。良作。
    いいね

    良い
  • hiroshiyan1
    『コリーニ事件』@シネリーブル梅田 事件の真相が判明していく…そしてまたナチスドイツの深い闇が絡んでゆく…ラストは泣いた…
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「コリーニ事件」法律は変えられても女神テミスの目を塞ぐことは出来ない。真実は必ず公になるのだ。』 #コリーニ事件 https://t.co/yitXTBksjd?amp=1
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『コリーニ事件』 主役の弁護士の育った環境のエピソードと被疑者の過去がぐるくあと絡まって、よく纏ったストーリーでした。 法廷物お約束のひょんな事から紡ぎ出される証拠や、その他の展開も、見てる人を飽きさせずにかつ事件に真摯に向き合う部分がとても良かった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #コリーニ事件』現役弁護士原作の法廷サスペンス。ドイツで生きるトルコ系新人弁護士が恩人の大企業経営者を殺した容疑者の国選弁護士に図らずも指名。関係者への想いに悩みつつ真実を追求し弁護士本来の職務を全うする。ナチスの残影がここにも。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『コリーニ事件』ドイツの闇、ナチス。ナチスの多くは戦犯として裁かれたと思っていたが今も闇は残っているのだ。被告人が口を閉ざすのは悪人にも家族があり家族は別物だから。真相が証されるにつれ気分が重くなっていく。戦争はまだ終わってない。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『コリーニ事件』  主人公の父はドイツ人で母はトルコ人という設定。弁護士というエリートではあるものの、劇中では何度か「トルコ系ドイツ人」が受ける差別が垣間見られる。未来の日本でも同じようなシチュエーションが発生するのかな…
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『コリーニ事件』観てきた。「ドイツ映画」というのは多分、初見だけど傑作だった。ネタバレを避けて紹介するのは難しいけど、戦争劇&親子(親族)劇の要素が詰まった法廷劇。「法廷映画にハズレなし」の法則が今回も発動して2時間を一気に魅せる。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『コリーニ事件』(THE COLLINI CASE)鑑賞。102 もう一度見る。味合わないといけない映画。 #eiga
    いいね

    普通
  • tokokonatsu
    『コリーニ事件』これは傑作。単なる法廷物、単なるナチス糾弾物ではない。法廷で正義のなんたるかを身を以て教えられるルーキー弁護士。被告人に「父親に会える内に会っておいた方がいい」と言われるシーンは、後から考えると非常に重い。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『コリーニ事件』原作者は弁護士なのね。法と情の間で苦しむ弁護士の話かと思えば、法律のあるべき姿を問う作品。時代と共に変化するのは分かるが、あくまでも正義であってほしい。しかし、正義の解釈も時代時代で変化なのか。ラストは虚しさが。
    いいね

    良い
  • lab2lab4lbd
    『コリーニ事件』 弁護士によって書かれた小説を元にしたドイツ法廷劇。 法律って誰を守るためにあるのか考えさせられる重い内容だけど見応えのある映画だった。 父と息子の関係のストーリーとしても父の日が近いからオススメ。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『コリーニ事件』現役弁護士作家フェルディナント・フォン・シーラッハの世界的ベストセラー小説を映画化した本作で描かれた大物実業家殺人事件を巡る社会派サスペンスは、昨今、日本を騒がせた検察庁法改正案や憲法改正の議論とオーバーラップする。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『コリーニ事件』日本人には少し難しい内容だけど、重厚さは満点。本当の悪人が誰も出てこない法廷事件物。虚しさがずっしり心に残る。見ごたえは満点
    いいね

    良い
  • Limawano55
    コリーニ事件 途中ちょっと単調なところあるが一気に緊迫して行く。最後まで諦めない姿勢、深く広く徹底的に調査することが大事だと学びました はい。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『コリーニ事件』その後の人生が続くこと、犯した罪は消えることはないが時は戻らないこと、世代が変われば受け止め方は変わる、問題の困難さ。個人の人生の捉え方が道を変えるかもという点に希望はある。時は戻らないが人生に重くのしかかるのだった
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『コリーニ事件』弁護する事件の容疑者が殺したのは弁護士の恩人だったという粗筋に、情を乗り越えた法の正義の精神性テーマを想定していたら、むしろ事件の背景がメイン。とは言え法とは?を問う物ではあった。もう少し被害者と弁護士の想いを描いて欲しかったが、画面や構成から受け取れっことか。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『コリーニ事件』自分の恩人を殺した男を弁護することになったライネン。黙秘を貫く容疑者の動機は何だったのか。次第に明かされる容疑者と被害者の過去と、事件の引き金になった恐ろしい法律。原作とはかなり違う設定の主人公で物語にさらに深みが。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『コリーニ事件』(20/独) 予備知識なしに劇場で鑑賞。新米弁護士が完黙する殺人事件の容疑者の弁護に挑む社会派サスペンス。事件の背景を追ううちに、ドイツ戦後史の暗部に踏み込んでいく。法の正義について考えさせられる秀作。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...