TOP >作品データベース >コリーニ事件

コリーニ事件

みんなの感想/評価
「コリーニ事件」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    113
  • 普通
    9
  • 残念
    2
総ツイート数
253
ポジティブ指数98
公開日
2020/6/12
原題
THE COLLINI CASE(英題)
上映時間
123分
解説/あらすじ
新米弁護士のカスパー・ライネンは、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したのだ。ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。殺害について一切口を閉ざすコリーニだが、ライネンは事件を深く調べるうちに自分の過去、ドイツ史上最大の司法スキャンダル、そして想像を超える衝撃の真実に向き合うこととなる――。
© 2019 Constantin Film Produktion GmbH
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • lonegothdog
    『コリーニ事件』劇場で鑑賞。恩師を殺害した老人の弁護に挑む新米弁護士。F・ネロの鋭い眼光に灯る、凄絶な怨嗟の念。暴かれる蛮行と、詳にされる司法の落とし穴…それらと真っ向から対峙し、"正義"を追求する硬派な筆致に唸らされた。秀作です
    いいね

    良い
  • cinema_ga
    『コリーニ事件』法治国家の法が恣意的に歪められていたとしたら。その影響に国民が無関心だったとしたら。法の改正が行われるとき真の狙いは国民に伏せられる。 良識と信念が不正義と巨大な力を暴き覆す。未だ語り尽くされぬ歴史の暗部に迫る。
    いいね

    普通
  • taketakenana
    『コリーニ事件』 素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • shoichi_jakeino
    『コリーニ事件』試写/弁護士デビュー僅か3ヶ月の新米が担当したのは父同然の男を殺した犯人の弁護。歴史的暗闇にまで及ぶ展開に心底唸らされる。全てが名実の元に晒された時、法廷に集う全ての者の心中は…。あの繋がれた2人の手に様々な想いが寄せられ、落涙は到底避けられず。6月12日公開。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    30本目『コリーニ事件』オンライン試写。駆出し弁護士の主人公が、職業的倫理観と個人的心情との間で葛藤しながら職務を全うせんとする姿に共感した。これもまた、ドイツの歴史の暗部を描きつつ、刑事司法の限界を考えさせる佳作。
    いいね

    良い
  • COBALT_films
    『コリーニ事件』オンライン試写。 「この世に許される殺人事件などない」。それは自明の理だけど、子供の頃に起きた悲劇と生涯を通じて味わった苦しみの果ての容疑者の行為には思わず同情。 法は常に正義であるべきと再認識させてくれる。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『コリーニ事件』証人が「時は昔には戻らない」と言ってたが、この法についてこんな映画が作れるドイツはすごいと思う。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『コリーニ事件』被告は過去にとらわれて過ぎて前向きに生きられなかった。それは幼かったゆえ相手のこと周りの人のことまで考える余裕はなかったのかもしれないが、長い年月かかってももっと前向きに生きてほしかったと。。。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『コリーニ事件』でも弁護士の記憶に残るおじいちゃんはいつも笑顔、優しい笑顔…図書室に入った時以外は。。。それは被告とは対照的でつらい過去にどう向き合ってきたかの表れだったように思う。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『コリーニ事件』最初は被告の動機に注目だったが、二度三度見るうち殺されたおじいちゃんについていろいろ思うところが出てきた。当時の立場ではそうするしかなかったこと、その後も決して幸せな人生ではなかったと思う。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『コリーニ事件』オンライン試写にて。問題の焦点はそこかーというとてもよくできた法廷サスペンスものだったと思う。一回見た後、何度も見れることが分かって結局3回見た。
    いいね

    良い
  • koji911070
    『コリーニ事件』オンライン試写会にて鑑賞。ホロコーストだけではない…。この様な哀しく暗い歴史があったとは。正義とは何か!?とても考えさせられる作品!
    いいね

    良い
  • chargedpillow
    『コリーニ事件』オンライン試写会にて鑑賞。予告を観たら薄っすら途中までの流れが読めてしまうのだが、勿論それで終わるわけがなく。掘りかえすことで見えてくる背景があまりに複雑で、巻き込まれた当事者の苦しみが存分に伝わってくる。闇を晴らす正義とは何ぞや?と考えさせられる作品。
    いいね

    良い
  • MMCL20100403
    『コリーニ事件』 フランコ・ネロの「無言力」。彼が話し出すのを、カメラもじっと待つ。ライネンから分けられたタバコを吸うシーンは、「何かが通じ合った」瞬間https://kange.theblog.me/posts/8399041
    いいね

    良い
  • MoviesCircle11
    『コリーニ事件』 実話を元にした法廷ミステリー。 この作品は“殺人動機”の謎が面白く、ここを事前に知っていると勿体ないかも...予習には注意を😅 この作品、観た人と感想を交換したくなることは間違いない❗
    いいね

    良い
  • maruimonogasuki
    『コリーニ事件』オンライン試写にて。 第二次世界大戦の戦時下をテーマにした映画は好んで色々観るが、大戦を生き延びた人々にも多くの物語があるんだなと改めて思わされた。 #映画 #movie
    いいね

    良い
  • matilda4912
    『コリーニ事件』観賞。これをドイツが製作しているということに意味がある。すごい映画。物語は予想外の方向へ突き進んでいく。これはぜひ、いろんな人に観てほしい。原作がドイツでは有名な小説だそうなので、そちらも確認したい。観てよかった。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『コリーニ事件』@オンライン試写♪自分の知っている人の見せる知らない顔が複雑すぎる…。話されることのない事実と明かされていく真実によって向き合う相手が変化していくのにぐいぐい引き込まれた。これは何も知らないで観れたら一番面白いかな。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    『コリーニ事件』。不都合な真実に光を当て、過去と向き合うドイツの真摯な姿勢、自浄への確固たる意志を感じる。コロナ対策において、メルケル首相は頑固で真摯だが、嘘をつかないと国民から信頼を得ているという。ドイツは過去から学んでいるのだ。
    いいね

    良い
  • adusan31
    『コリーニ事件』ー。良き祖父、良き父は戦場で何をしたのか。時は戻せない。だからせめて目を背けずに、真摯に向き合い続けることが大切なのだと改めて思った。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...