TOP >作品データベース >はるヲうるひと

はるヲうるひと

みんなのつぶやき
「はるヲうるひと」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
42%
  • 良い
    5
  • 普通
    3
  • 残念
    4
総ツイート数
923
ポジティブ指数75
公開日
2021/6/4
配給
AMGエンタテインメント
解説/あらすじ
その島は、至るところに「置屋」が点在する。本土からは日に二度連絡船が出ており、客の往来の足となっている。住民たちはこの閉塞された島で一生を過ごす。女は客から「外」の話を聞いて思いをはせる。男は、女たちのそんな「夢」を一笑に附して留まらせる。ある置屋にその「三兄妹」はいた。長男の哲雄は店を仕切り、その凶暴凶悪な性格で恐れられている。次男の得太は哲雄にこびへつらい、子分のようにしたがっている。長女のいぶきは、長年の持病を患い床に伏しいてる。ここで働く4人の個性的な遊女たちは、哲雄に支配され、得太をバカにして、いぶきに嫉妬していた。女を売る家で唯一女を売らず、それどころか優遇された箱入り娘。しかも、いぶきはだれよりも美しかった。その美しいいぶきを幼少から見守り寄り添う得太であった…。演劇ユニット「ちからわざ」で2009年に初演、2014年に再演された舞台の映画化。
© 2020「はるヲうるひと」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するネガティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • ponnshuu
    映画『はるヲうるひと』観ました。原作・脚本・監督、佐藤二朗。題名通りとある島の遊女屋が舞台の物語。中上健次の小説を想起させる脚本である。山田孝之、佐藤二朗、坂井真紀、仲里依紗が好演。映画としても良くできているが、シリアスな舞台劇を好む人にお薦めできます。是非、劇場でご覧ください。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    WaseiG
    3895movies / tweets

    follow us