TOP >作品データベース >街の上で

街の上で

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    55
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
314
ポジティブ指数98
公開日
2021/4/9
配給
「街の上で」フィルムパートナーズ
上映時間
130分
解説/あらすじ
下北沢の古着屋で働く荒川⻘のもとに訪れる「⾃主映画への出演依頼」という⾮⽇常的な出来事、いざ出演することにするまでの流れと出てみたもののそれで何か変わったのかわからない数⽇間、またその過程で⻘が出会う⼥性たちを描いた物語。
©「街の上で」フィルムパートナーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『街の上で』鑑賞。モラトリアム期としか言いようがない主人公たちの生活。そこに起こる変化のきっかけが自主映画の出演というのは珍しく感じた。端役なのに力が入りすぎる主人公の様子など滑稽に見えたが本人は真面目そのものであり、今泉力哉の真骨頂と言える作品だった。
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『街の上で』下北が舞台の青春群像劇。再開発が進む下北と消えゆくもの、完成=大人になってしまう人々や関係をリンクさせて描いている…のかな?演技が自然で友達の日常を見ているようだった。クスッともくる場面も多々。若葉竜也さんはお歌も上手!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #街の上で 💗古着とか本とか劇場とか、・・・のシモキタ。雪の行動力と青の流されっぷりが摩訶不思議な調和を生み出す。親しくない人との親密な時間は、時には代えがたい癒しに。チーズケーキの苦さにシンクロ、チョコケーキの強かさに微笑。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『街の上で』最後の辺りに注目が行きそうだけど、始まりからずっとある種の浮遊感と、でもビシッと見える現実のラインみたいなものを観ていた気がする。距離感。自分はどうだったろうな。あの年齢を下北で暮らせる幸せを少しだけ妬んだ。いいなぁ。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    『街の上で』2回目。トリウッドにて。2回目はシニカルな笑いとして見てしまった。でもとにかく、見終わったあとに映画の中にいる感覚を味わえるエンタメ体験としては最高。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『街の上で』近いなぁ。場所も関係性も雰囲気も会話も近くにありそうで、なかったり。すごく身近で、ずっと見れる感じ。良き。
    いいね

    良い
  • 2Capalypse
    『街の上で』すごいなこれは。なんだあの大団円は。イハとのやり取りは奇跡、一つの理想。
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『街の上で』お洒落な恋愛映画は、苦手だと思ったけど、ダメ男が右往左往するこの映画は、とてもしっくりきた。ナルシシズムが空回りするのは、ウディ・アレン映画みたいだ。ヴィム・ヴェンダース特集を観たタイミングだったので、なおさら良かった。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『街の上で』お も し ろ い
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『街の上で』今泉力哉監督作の中で、最もインディーズぽくて、最もゆるゆるで、その脱力感というか素の感じとというかがなんとも心地よくて、最も面白い。穂志もえか、萩原みのり、古川琴音、中田青渚といった、若手女優の注目株の共演も見どころ。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『街の上で』「ゾッキ」も好きだけど、こっちの脚本もイイ。ナチュラルな「間」の若葉竜也に何度も吹き出しそうになった。サブカルの聖地、下北のいろいろ、17分ワンカット関西弁女子の可愛さ、若葉竜也の弾き語りも上手いし、アオハル味わった。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『街の上で』20210416@HTCしぶや
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『街の上で』劇場で鑑賞。移ろい行く街、下北沢で暮らす青年の淡い非日常。今泉監督の卓抜した演出力が掬い出す活きた人間模様、あるいは若い演者たちのいずれ劣らぬ好演ぶりで醸し出される、物語そのものの強烈な実在感に深く惹き込まれた。傑作です
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『街の上で』キャラ造形が良いので特に劇的な事件が起きなくてもその人間模様楽しく心地良い。それぞれの色で魅力を放つ4人の女の子を自然体で受ける若葉竜也は一見地味な役だけどちゃんと魅力的な主人公。ちなみに僕は玄関ドアを閉める際に手でワンクッション置くイハちゃんにズキュンですわ。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『街の上で』@ テアトル梅田観。嫌いじゃないがここまで面ろくないのはある意味新鮮でおったまげた。リアルにしろファンタジ~にしろ妙な半端感が時間を感じさせ没入出来なかった。特にあの"五巴"の空気読めなさはイライラ!だが今の世情に登場人物達を観ててその気軽さが良いなぁと感じた。
    いいね

    普通
  • eliminator250v
    『街の上で』シモキタは高円寺よりオシャレ度高そうで敬遠してたけどそうでもなくて「愛がなんだ」より笑えて楽しかった。非モテ男には夢のような展開が待ってる。穂志もえかは出番増えたし、神戸弁喋る中田青渚を知る事が出来たし、萩原みのり祝結婚
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『街の上で』下北沢は演劇の街というイメージがあるが、ここでは演劇は、直接出てこない。それでいて、ライブハウス、映画制作など、アートを感じさせる。そんな下北沢を舞台に描かれる、今泉力哉監督の、いつになく瑞々しい映画。特に女優陣がいい。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【街の上で】世間は狭いよ的な下北沢恋愛模様。若者たちの関係性が明らかにされていく面白さ。意外性やクスッとなる場面の妙味で、一時のホン・サンス作品のような味わいと親しみ(より若いし、あのズームインもないが(笑)。若葉竜也の自然な演技が効いている。何気に朝ドラ出演者率高いのも旬。
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #街の上で 鑑賞 …怖っ、この映画。客観的に見て人間ってここまでコロコロと態度や気持ちが変わるもんなのか? 逆に言えばそれだけ人物描写にリアリティがあるとも言えるが、俺はこの映画でより人間不信に陥った。正直苦手な映画です
    いいね

    残念
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    paranoiaquality
    2942movies / tweets

    follow us