TOP >作品データベース >許された子どもたち

許された子どもたち

みんなの感想/評価
「許された子どもたち」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    13
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
139
ポジティブ指数93
公開日
2020/6/1
配給
SPACE SHOWER FILMS
上映時間
131分
解説/あらすじ
とある地方都市。中学1年生で不良少年グループのリーダー市川絆星は、同級生の倉持樹を日常的にいじめていた。いじめはエスカレートしていき、絆星は樹を殺してしまう。警察に犯行を自供する絆星だったが、息子の無罪を信じる母・真理の説得によって否認に転じる。そして少年審判は無罪に相当する「不処分」を決定する。絆星は自由を得るが、決定に対し世間から激しいバッシングが巻き起こる。そんな中、樹の家族は民事訴訟により、絆星ら不良少年グループの罪を問うことを決意する。
©2020「許された子どもたち」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『許された子どもたち』@ 十三シアターセブン観!傑作!不思議だが胸糞所か「映画」として大変面しろかった!視点や立場で共感や嫌悪、カタルシスやジレンマを行ったり来たりなリアルと創作の良い塩梅の描写にひたすら脱帽、感服!安易なお涙頂戴や陰惨さだけの安っぽい着地を拒否する幕に感嘆する!
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『許された子どもたち』劇場で鑑賞。少年が引き起こした殺人事件を巡る凄絶な波乱。法に裁かれ、罰されなかった主人公の姿はあまりにも痛切。世間やネットに波及する、私的制裁の機運と暴走は窮めて今日的で、実に生々しい。打ちのめされた。傑作です
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『許された子どもたち』見応えは凄かったし、「機会を逸してしまった」スッキリさせないラストも納得。 だが、半年後の暮らしで周囲にいる人間が「天使が一人、それ以外は全員正義をおもちゃにする餓鬼」という極端な構図にモヤモヤしてしまう。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『許された子どもたち』実際に起きた複数の少年事件をモデルに内藤瑛亮監督が自主制作映画として完成させた本作は、いじめや、それをエスカレートさせて殺人まで犯してしまう加害者としての少年の視点から、そこにある罪と罰を浮き彫りにしていく。
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿ピカデリーで『許された子どもたち』を鑑賞。中学生が同級生を殺してしまった事件の顛末。最初にうまく裁いてあげれば、こんなにも周りがザワザワしなかったのに。余計な人間が多すぎる。少年犯罪は難しすぎる。いろんな思いが巡る映画ですね。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『許された子どもたち』中学生イジメ殺人という題材をリアル多層多面的ど真ん中に投げ込む作りに圧倒され。登場する大人子供の誰もが抱える闇は憎々しいが警鐘的に受容。虐げられ側の強さに光を少し灯して照らされた闇は変わるの?という監督の視点は冷徹に熱く観客にお前はどうする?と問うてくる。
    いいね

    良い
  • snake954
    『許された子どもたち』みる。
    いいね

    良い
  • chusingura
    『許された子どもたち』凄い。事件を取り巻くあらゆる人々の狂気が凝縮されていて、終始目が離せなかった。息子の無実を信じて疑わない母親の行動は特に奇異に見えるが、現実そうなってもおかしくないくらいにリアルだった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「許された子どもたち」実在の事件を基に少年犯罪の問題をじっくり正面から描いた作品だと思います。』 #許された子どもたち https://t.co/ta6BX8bfYz?amp=1
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『許された子どもたち』(20/日) 中学生同士のイジメによる事故死事件は、人権派弁護士の働きもあり少年審判の結果加害少年は不処分に。しかしそれは始まりに過ぎなかった。本作では加害側と被害側2家族の地獄巡りが描かれる。
    いいね

    良い
  • lea_seydoux__
    観てから数日経つけど、まだずっとあの音と映像の中にいる。この映画を見てから、確実にSNSの見方も変わったしずっと自問自答してる。娘が中学の校長先生にこの映画のチラシを渡しにいった。教育者の方々にも観てもらいたい映画。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『許された子どもたち』加害者役の少年はスサノオみたいな荒ぶるものを抱えている少年でただの悪としては描かれていない。学校でイジメを受ける女子とのラブストーリー的サイドストーリーが暗いテーマだけど刹那さ感がある。天使なんだよな。母親は魔女的な女神。ヌヴェールヴァーグ的な映像がいい。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『許された子どもたち』川崎の不良少年グループのリンチ殺人を元に制作した映画でモラルを超えて日本社会の闇に踏み込んだ映画。少年も暴力的なんだけどそれ以上に母親の溺愛、そして法では無罪になったけどネットでの私刑的制裁。被害者の家にもネット被害に出会ったり、学校やネットでのいじめ問題。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『許された子どもたち』加害者が法的な罰を免れた事で、無数の無法な意思に晒される地獄や、罪と向き合う機会を逸する事で芽生える更なる怒りや焦燥。愛や正義すら邪な力へと転化されていく心理の化学反応を見据える視座は妥協なく、そして孤高だ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『許された子どもたち』試写。加害者の視点に立った構成だが、主人公の少年に全く反省の色なし。と言うより、自分への怒りで暴力が抑制できないように見える。同時に、世間のバッシングや転校先の同級生など誰の中にも苛めの火種が燻っていることを感じさせて恐ろしい。子供の現実を見ない親が悲しい。
    いいね

    良い
  • hechamukure5103
    『許された子どもたち』観た。おもろかった
    いいね
  • AngusMacgyer
    『許された子どもたち』鑑賞。『ミスミソウ』がイマイチだったのであまり期待してなかったのだが、中学生が煙草をまわし、説明台詞を抑え、世間の価値観を転倒させようという傑作でした。オリジナル企画は気合が違うんだなあ。
    いいね
  • wagamamacobra
    『許された子どもたち』見た。イジメ、少年犯罪、ネットリンチ、毒親……大き過ぎる自分の罪と向き合えない主人公があらゆる外圧に揉まれる話で、中盤まではとても面白かったが、主人公の内面や他者との関係性の変化の面でのドラマ性に乏しく、終盤がどうも平坦に思えてしまった。
    いいね
  • jasminya
    『許された子どもたち』いじめについてのクラスでの話し合いのシーン、いっぱしのことを言いつついじめてる張本人たちの白々しさがなかなかリアル。殺された子供の親が何があったのか知りたいと言ってたが、それは結局伝えたのか。。。
    いいね
  • jasminya
    『許された子どもたち』参考文献が何冊も挙げられていたので、家裁のシーンもあんな感じなんだろう。加害者側の言うなりで結局処分ナシ…だが、今どきのことなのでネットで思いっきり叩かれ、引越ししても居場所がばれたらまた引越しの繰り返し
    いいね