TOP >作品データベース >ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間

ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間

みんなの感想/評価
「ぼくが性別「ゼロ」に戻るとき 空と木の実の9年間」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数0
公開日
2020/7/24
配給
Musubi Productions
上映時間
84分
解説/あらすじ
女性として生まれたが、自分の性に違和感を持ち続けていた小林空雅。13歳のとき、心は男性/生物学的には女性である「性同一性障害」と診断される。そして、17歳のときに出場した弁論大会では、700人もの観客を前に、男性として生きていくことを宣言。そして若干20歳で性別適合手術を受け、戸籍も男性に変えた。本作はそんな1人の若者の9年間の変化と成長を描いたドキュメンタリー。
©2019 Miyuki Tokoi
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • PUJ920219
    男性らしさ、女性らしさとは何か。そもそも「性別」とは何なのか。性同一性障害を持つ空雅は、自身の性別がなんであるかを追求していく。中盤で登場する、78歳で性適合手術を受けた大学の元音楽学部長の言葉が実に重い。
    いいね

    普通
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    sa9237a
    3435movies / tweets

    follow us