椿の庭

みんなの感想/評価
「椿の庭」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    13
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
239
ポジティブ指数100
公開日
2021/4/9
配給
ビターズ・エンド
上映時間
128分
解説/あらすじ
かつて夫と語り合い、子どもたちを育てた家に、いまは孫娘の渚と住む絹子。夫の周忌を終えたばかりの春の朝、世話していた金魚が死に、椿の花でその体を包み込み土に還した。命あるものはやがて朽ちる。家や庭で起こる些細な出来事、過去の記憶に想いを馳せ慈しむ日々の中、ある日絹子へ一本の電話がかかってくる――。
©2020 “The garden of Camellia” Film Partners
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • namino8na
    『椿の庭』配役の妙をこれほど感じる映画はない。田辺誠一でムムとなり、不破万作でもしか!?と。そして、やはり。沈黙の中に見る側が想像を膨らませて物語を構成する。 上質の作品だった。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #椿の庭』富司純子とシム・ウンギョンの折り目正しい演技が作品の静謐さを際立たせている。滅び行くものの美しさ、日本及び日本人の暮らしと文化を世界に発信できる映画。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『椿の庭』近年には珍しい素晴らしく広く手入れされた庭。主人の遺した唯一の財産だが税金は重くのしかかる。庭や家屋にも主人の思いが詰まるが傍目からは負担を感じる住まい。永遠は所詮幻なのか。富司純子さんにぴったりの役。心に響く映画だった。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『椿の庭』生き続ければ思い出は積み重なり、その思い出の人達は先立って行きます。記憶は場所や物に染み込むもの、だからこの家を売ると思い出に浸れなくなると憂う絹子、そんな彼女の心とその変化を、見事な椿の庭と共に静かに無常に描いた傑作です
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『椿の庭』失うことを運命として生きる外国人の孫娘シム・ウンギョンは、存在感、発揮。写真家の監督の映像は、写真のような前ボケが多く、効果としては疑問に思う。衣装は伊藤左智子、ロケ地は桐島かれんスタイル、お洒落過ぎる。DVD欲しい。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『椿の庭』波の音、風の音、雨の音、レコードの音…常に音が鳴っている作品なのに驚く程の静けさに貫かれた作品。余計な説明もドラマチックな展開も何もない。椿の花と共に降り積もる時が見える。富司純子さんの演技はまさに「凛」とした名演。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『椿の庭』着物を自分で着る。脱いだ靴は揃える。食事は一汁三菜、しっかり摂る。お茶は最後の一滴まで注ぐ。季節ごとに庭を整える。建具は季節に合わせて入れ替える。果物は旬のものをいただく。きちんと生活する事の大切さを感じる映画。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『椿の庭』セリフも少なく、役者さんの表情で語られていくそれぞれの思い。海を望む丘の上の一軒家で、夫を亡くした後、娘が残した孫を引き取って静かに暮らす2人の時間がとても暖かい。家の佇まいすら何かを語りかけてくるようだ。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『椿の庭』愛する人を失った後、どんなに抗っても時は確かに過ぎていく。愛する人の思い出が鮮明に残る家を手放さねばならなくなった時、それでも生きていく意味を見出すのは生きるより辛いのかも。富司純子さんの立ち姿の美しさにため息。 #映画
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『椿の庭』人は歳を経る毎に様々なものを失う。海を遠くに望む閑静な一軒家を舞台に四季折々の花や虫を織り交ぜ、夫を亡くした絹子、娘の忘れ形見である孫娘の渚、時々訪ねてくるもう一人の娘・陶子という三世代の女性を通して移ろいゆく美を描く。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『椿の庭』移ろいゆく四季に小さな生き物達。馴染んだ家と庭を手放す哀しさ辛さが台詞ではなく、丁寧な画で伝わってくる。退屈に感じる人も多いかもだが、年齢を重ねた私には響きました。そして富司純子さんの全ての所作が美しかった。
    いいね

    良い
  • yukigame
    #椿の庭」時間の流れは残酷でいつまでも同じ所には居られないんです。美しい写真のような映画でした。#邦画 #富司純子 #シム・ウンギョン #鈴木京香 https://t.co/CrXqvjkmfg?amp=1
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『椿の庭』流れる季節と人の物語を記憶してきた家と庭との惜別を通し、人生の哀歓を謳うドラマ。排した台詞を補完する丁寧に写し出される絵の力に加え、まるで花の如く佇む富司純子から滲む気品や荘厳さが、迫る終焉すら優しく包むのだから見事だ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『椿の庭』試写。昨年公開延期前に観て、今回は再見。庭に咲く花、涼しげな水、金魚、瑞々しい果物。身の回りにある自然や生活の一つ一つを丁寧に映し出すカメラが美しく、折しもの今日、改めてstay homeを愛おしく感じられる。富司純子の… https://t.co/myhKCjKFSs
    いいね

    良い
  • asapu918
    『椿の庭』試写。さすが見事な映像美。椿、金魚、瀕死の蜜蜂、着物の着付けや果物を切る様子まで全てを丁寧に捉え、最小限に抑えた台詞で「絵」の力を際立たせる。富司純子の気品ある佇まいとシム・ウンギョンの可憐さに静かなピアノ曲が寄り添い、至福の時間が訪れる。季節感溢れる日本家屋も必見。
    いいね

    良い
  • keiko_km
    昨夜は、京都シネマで『椿の庭』を観てきました。 もう、なんとも言えない美しい映画でした。 富司純子やシム・ウンギョンも素敵なんだけど、舞台になっているお家が素敵で… あんなお家を維持していくのは、本当に大変だろうけど、まだ残っているなら、大事にしてほしい。 #椿の庭
    いいね
  • dama_1228
    『椿の庭』 富司純子さんの凛とした静かな佇まいと所作の美しさに惚れ惚れ。シム・ウンギョンさんの透明感あふれる笑顔とどこか子どもっぽい仕草が何とも愛らしく。鈴木京香さんの自然体で艶っぽい美しさに憧れを抱く。庭の美しさも素晴らしいけれど。3人の内面から滲み出る美しさにも見惚れました。
    いいね
  • kineukineu
    「椿の庭」観てきたけど、あまりのやりきれなさに、昨日飲み過ぎて、今日は休肝日にしようと思っていたのにビール飲んでる。残して欲しいと思う美しくて素晴らしく建築物やその空間も平気で破壊されたりするんやものな。老婦人の数々の想い出と共に失う悲しみと苦痛やりきれへんわ。
    いいね
  • inv3ce
    「椿の庭」海のそばの日本家屋を舞台にした静かな日本映画。富司純子とシム・ウンギョンの組合せが面白い。雨音、虫の音、そして潮騒。完璧な音響設計。旺盛な植物の緑と四季の花々、そして、薄暗い影の中で生者と死者の記憶が静かに息づいているような空間。これはまさしく映画館で観るべき名作。
    いいね
  • jackiemie
    「椿の庭」見てきました。1年かけて自然の移り変わりを映す中で、人間もその一部だと感じさせられます。女優のお三方がとにかく素敵でした。#椿の庭 #映画 #cinema https://t.co/L2B60AcpnQ
    いいね
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    3087movies / tweets

    follow us