滑走路

みんなの感想/評価
「滑走路」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    14
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
60
ポジティブ指数94
公開日
2020/11/20
配給
KADOKAWA
上映時間
119分
解説/あらすじ
厚生労働省で働く若手官僚の鷹野は、激務の中で仕事への理想も失い無力な自分に思い悩んでいた。ある日、陳情に来たNPO団体から、非正規雇用が原因で自死したとされる人々のリストを持ち込まれ追及を受けた鷹野は、そのリストの中から自分と同じ25歳で自死した青年に関心を抱き、その死の理由を調べ始めるが――。
ⓒ2020「滑走路」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • jasminya
    『滑走路』働き方改革なんていうのは12年前にはなかったと思うねんけど、官僚というのはとにかく忙しいらしい。中学で仲良くて…転校していくのを必死で追いかけ彼女も何とか車から降りてきたのに…年月経ってその程度のリアクションになるのか
    いいね

    普通
  • jasminya
    『滑走路』思いっ切りミスリードやん~鞄につけた飾りで、ん?と思いつつ、やっぱりそうやってんな…と。。。12年前の厚労省官僚のその後がどうなったのかが非常に気になる。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『滑走路』最初3人が同じ時代のことなのだと思って見ていたが、過去の話しと行き来しやがてひとつに繋がっていくのだと知る。それが自分のせいなのかどうかはわからないが、非正規雇用、派遣切りの問題やら自殺やらと今の時代もありえるところ
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #滑走路 観賞 うーん…期待してたほどじゃなかったな。元の歌集については知らないので映画のみの感想になるが 現代と過去を行ったり来たりし過ぎて、結局何が言いたいのか分からず… ただ中学時代を演じた子役達の演技は凄まじかった
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『滑走路』水川あさみがヒロインで女優賞取ったというのもあるのかな、映画は一人の美術家の記憶の物語で、結局自殺した友を踏み台に歌集『滑走路』の二次創作映画。それでも中学生のあわい恋愛物語は良かった。「すれ違い」のドラマがあるんだよね。そこで終わっていてくれれば満点でも良かった。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『滑走路』そういう意味で残念な映画だと思ったのだけど(虐めがトラウマとなって自殺してしまうという展開が)、映画としてはそれほど悪くないのは、彼から主人公を彼女にシフトしているからだろうか?同じくイジメに合った同級生の物語でもあるが、ストーリーが錯綜するので人物相関を捉えにくい。
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『滑走路』NHKのBSで「平成万葉集」で紹介されたのが「非正規」社員の日常を歌う短歌だったのだけど、これは「いじめ」映画にシフトしてしまった。確かに「いじめ」という問題があったにせよ、それを乗り越えて短歌を作ってきたのではないのか?だから負け犬だとも思わない。短歌が彼の生きた証。
    いいね

    残念
  • yukigame
    「滑走路」難しい問題を描いていて、とても濃い内容の映画でした。虐めや非正規雇用問題などで心を痛めた人々を描いています。今回、最後の方にネタバレしてます。#滑走路 #邦画 https://t.co/1QfLGnf1iV?amp=1
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『滑走路』@ なんばパークスシネマ観。予備知識零での観賞。観了後に原作、短歌と云う事と原作者の経緯を知る。作品の中盤の展開に「おぉっ!」と感嘆した!しかし幕の綺麗で見事の画の「アレ」を敢行した彼のその後を蝕む程の虐めのトラウマの強烈さは知らない者には解らない…心痛さが募った…
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #滑走路』加害者傍観者が得をして心優しき全うな人達が常に犠牲になる日本という国の現実を容赦なく描く。原作者が至った心情を思うと夢も希望も無いがラスト近く被害者の母が語る力強い言葉に心が洗われる。弱者への思いを忘れた日本人への問い。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『滑走路』いじめは陰湿。大人になってもトラウマからもがく姿はリアル。数人の群像劇だが暗く残像が消えない。やった者のドラマはここで描かれないが見た人は真摯に反省して欲しい。人生はほんの掛け違いで激変。でも前を向いて走るしかないね!
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『滑走路』(20/日) 激務の厚労省キャリア官僚、無気力な夫に不信感を募らせる芸術家の妻、そしていじめに苦しむ少年たち、3つのドラマが並行して進行する。叙述トリック的な構成は巧いが、生きることの大切さを訴えるテーマがぼやけた感も。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『滑走路』周囲を顧みず一直線に目的地に向かうような下品な生き方も何かを捨てた結果かもしれないけど、調和と全体のスムーズな流れをみんなが考えられたらいいな、って思います。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『滑走路』罪悪感や恐怖(差別と偏見含む)で他人を支配する人間がいる限り自分のままで生きるのはとても難しくてアイデンティティの一部か命を捨てないと生きられないんですよね。周囲を顧みず一直線に目的地に向かうような下品な生き方も何かを捨て
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『滑走路』ぼんやりキャストくらいしか前情報がない状態で鑑賞したけど、ものすごいめっけものだった。最近仕事中は一日に何度も自殺のことを考える自分にとってずしんときた。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『滑走路』早逝の詩人、萩原慎一郎の歌集の原作以上に、彼そのものの人生とオーバーラップするドラマ。不条理な世界を生きていく辛さと、微かな希望を糧に生き抜く気高さを、交差する3つの物語を通して叫ぶ。誰もが誰かにとって翼にも枷にもなり得る
    いいね

    良い
  • toomilog
    『滑走路』 誰かに否定される人生なんてない、好きなものを選んでいい。過去、未来、今この瞬間も、自ら選択し進んでいくことの大切さ教えてくれる作品だった 【感想】 https://toomilog.com/kassouro-movie
    いいね

    普通
  • 624ken
    テアトル新宿で『滑走路』を鑑賞。いじめ問題の映画。子供の頃のいじめのトラウマは、きついものがある。そこから、羽ばたける人、もがき苦しんでいる人それぞれ。自分の人生とかいろいろ考えさせられてしまうものがあった。生きるのって大変だ。
    いいね

    良い
  • trans_american
    『滑走路』前半は人物関係があるのかないのかわからず進んでいくのだけど、三者のストーリーにはちょっと仕掛けがあって、展開は巧い。現代人の様々な問題を盛り込んだ、重ためな作品だけど、最後は何か、ほっこりする
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『滑走路』歌人・萩原慎一郎が唯一残した同名歌集を基に大庭功睦監督がオリジナルストーリーで映画化した本作は、若手官僚・鷹野、切り絵作家・翠、イジメに遭っている中学生という3人を通して現代をもがきながら生きる人々の苦悩と希望を描く。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    TaulNcCar
    2356movies / tweets

    follow us