TOP >作品データベース >グレース・オブ・ゴッド 告発の時

グレース・オブ・ゴッド 告発の時

みんなの感想/評価
「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    20
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
34
ポジティブ指数100
公開日
2020/7/17
原題
Grâce à Dieu
配給
キノフィルムズ
上映時間
137分
解説/あらすじ
妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。最初は関りを拒んでいたフランソワ、長年一人で傷を抱えてきたエマニュエルら、同じく被害にあった男たちの輪が徐々に広がっていく。しかし、教会側はプレナの罪を認めつつも、責任は巧みにかわそうとする。アレクサンドルたちは信仰と告発の狭間で葛藤しながら、沈黙を破った代償─。社会や家族との軋轢とも戦わなければならなかった。果たして、彼らが人生をかけた告発のゆくえは─?
©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xsizuku
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』東アジアはハグ文化がないのでコロナ感染が少ないという説がある。しかしこの映画を見て、ハグはなんと大きな慰めと力を与えてくれるものなのだろうと、ハグ文化がうらやましかった。
    いいね

    良い
  • garancear
    『グレース・オブ・ゴッド』オゾン監督らしからぬ、というかカトリック教会の性的虐待をストレートに告白する。被害者側が生涯背負わされた苦しみが様々だという事を丁寧に描いているのが印象的。社会とキリスト教の結びつきの強さも日本人としては驚かされる。 #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』@シネスイッチ銀座♪わりと最近のところまで描かれてはいるけど、その先まで見たかったなぁというのが本音かな。現実にはこのままうやむやにされちゃうんじゃないかという気がしている。。
    いいね

    普通
  • xsizuku
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』被害者一人一人の人生が深く描かれている。子ども時代の性的虐待によって誰の人生も壊されるが、その壊され方はさまざまである。そのことが作品を、抽象的な虐待告発のスローガンではない深いものにしている。
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』。宗教に幼児に性犯罪、全ての扱いにくい題材が集約。本来は逃げ込む先の宗教を奪われるのは辛い。でもカトリックは宗教としての役割をずっと放棄してたような。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』宗教は人を幸せにするもの。指導者は神の代理で厳かで尊敬を集める。それがこの事実と隠蔽。人生を狂わされトラウマとなった将来ある子供達。告白がリアル。話して神父と対峙、映画化は問題提起で重大である!
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 ★★★☆ 受けた心の傷に時効などあるわけない。公に声を上げることが必ずしも正と言えなくともこの作品が、あることを無かったことにされ続けた者たちの苦しみを少しでも和らげるきっかけになれば。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』神父による子ども達への性的虐待を扱った作品というと、ジャーナリストの視点による「スポットライト 世紀のスクープ」を思い出すが、本作は被害者である人々に寄り添いながら彼らの視点でその罪深さを描く。
    いいね

    良い
  • no_emedia
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』 閉ざされた心の扉には幾重にも鍵が掛けられている あの悪夢を忘れるため懸命に生きてきた者たち 深い眠りからの目覚めは更なる痛みを与える 沈黙の先には赦されざる者が閉ざした堅い扉がある
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供の頃に受けた性的虐待を、大人になって告発する。すでに妻子もいたりで、家族も守らないといけないし、改めて苦悩する事になるし。教会の闇は深い。これが実話だってのがつらい。オゾン監督作をシネコンで!
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」聖職者による児童性的虐待を続けさせないために立ち上がる人々。』 #グレース・オブ・ゴッド #告発の時 https://t.co/ROwtajabap?amp=1
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』子供に性的虐待を繰り返す神父をやり玉にあげる作品かと思ったらその背景にある教会、果ては復讐に燃える被害者の会の人間たちの心の闇まで描く深い作品だった。そして一番恐ろしいのはこれが実話だと言う事。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』鑑賞。 神に仕える身ならば即、神の元へ送ってやりたいぐらい虫唾が走る。まだ自分で判断できない純粋無垢な子は護られるべき存在だしそんな子に手を出すとか無間地獄に堕ちるがいい。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #グレース・オブ・ゴッド 告発の時 ♦フランソワ・オゾン監督っぽくない骨太でドキュメンタリーのような…あ、実話なのか。善良に見える犯罪者(神父)に神聖で強大な権力(教会)。立ち向かう側に求められるのは、ただの勇気だけではない・・・
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』夫は告発できたけど自分はそれを夫にも言えないけど同じ告発する仲間にふと告げるシーン。オゾン監督の丁寧な描写が光っている。癲癇持ちのこの被害者は、かつては両親は全く理解してくれなかった。が、今では離婚した息子と暮らす母が被害者の会の電話番に。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』これもフランスのゲイのエイズ訴訟を描いた草の根運動映画の『BPM ビート・パー・ミニット』と似た感動を受けたが、『兄弟のわだかまり(ゲイの兄は信者で神父を信じている)やかつて自身も神父から性的虐待を受けた今はカトリック学校の教師をしている妻の姿
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』二人目に現れた無神論のドラムを叩いて怒るおっさんが被害者の会を作る過程が面白い。一人のストーリーではなく個々の被害を受けた人の家族関係や告発する「被害者の会」が拡大していく過程をオゾン監督は描く。家族と友に戦う姿を通して見えてくる信仰よりも信頼
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』神父による男子の性的虐待(いたずら)を描いた映画だがカトリックに対する民主(草の根)運動の側面が強い。最初に告発した5人の子供を持つかつて性的虐待を受けた父親が、いまだに当事者である神父が現役で子供たちの中で神父でいるのを知る。最初は辛気臭い。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』幼少期に神父によって性的虐待された人々が数十年後に沈黙を破って告発するまでの物語。事実を知りつつも何もしなかった教区。大きく古い組織ほど自浄作用がないのと、権力に盾突く人々に冷ややかなのは世界共通
    いいね

    良い
  • kmrks
    『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』(Grâce à Dieu)鑑賞。熱心でない仏教徒の自分ですら「仏を信じるか」の問いは存在しない。普通に存在するから。ならば熱心なカトリック信者にとって「神を信じるか」の重さよ。 #eiga
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2648movies / tweets

    follow us