TOP >作品データベース >佐々木、イン、マイマイン

佐々木、イン、マイマイン

みんなの感想/評価
「佐々木、イン、マイマイン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    26
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
651
ポジティブ指数93
公開日
2020/11/27
配給
パルコ
上映時間
119分
解説/あらすじ
俳優になるために上京したものの、鳴かず飛ばずの日々を送る27歳の石井悠二。彼はある日、高校時代に圧倒的な存在感を放っていた同級生・佐々木と仲間たちとの日々を思い起こす。常に周りを巻き込みながら、爆発的な生命力で周囲を魅了していく佐々木。だが佐々木の身に降りかかる“ある出来事”をきっかけに、保たれていた友情がしだいに崩れていく——。
©「佐々木、イン、マイマイン」
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 138_kaz
    『佐々木、イン、マイマイン』評判がいいので観てみたが、残念ながら自分には合わなかった。力作であることは間違いないのだが、佐々木が個人的に友達になりたいと思えるキャラではなかったので、最後まで物語に入っていけなかった。佐々木の末路にも疑問を感じる(あのオチをやりたかったから?)
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『佐々木、イン、マイマイン』こんな教室で全裸になる高校生いないだろうとは思うが、いたらその思い出は楽しいだろうなって。でも、その後の運命をたどるとこの時代、なんかリアルさがあってフィクションですまされないよな。ラストはともかく。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『佐々木、イン、マイマイン』学生の時佐々木ってやつがおってすぐ教室で全裸になるようなお調子者で…当時と今を行ったり来たりでやっと今の佐々木にたどり着く。教室で全裸になるようなヤツはこんな末路に!?何だかもうちょっと救いが欲しかったな
    いいね

    良い
  • snake954
    『佐々木、イン、マイマイン』みる。
    いいね

    良い
  • yuezhuangyuan
    『佐々木、イン、マイマイン』#movie #eiga 過去というのは現代の生き方で書き換えられてゆくものであり、その読み取り次第で未来も変えてゆく。同じ過去を過ごした仲間にもそれぞれの過去がありときに交差しときにすれ違う。泣いた。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『佐々木、イン、マイマイン』20201204@武蔵野館
    いいね

    良い
  • sato_henri
    『佐々木、イン、マイマイン』素晴らしかった。過去と現在を行き来するタイミングやエピソードがことごとく芯を食ってくる。そして何より佐々木が進行形ではない“過去の青春”を絶妙に体現していて、一見ぶっ飛んでいるのにその実普遍的なものがあって、かけ離れた自分にも刺さりまくりだった。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『佐々木、イン、マイマイン』@ TOHOなんば観。青春と呼んだあの時期のあの頃の自身の投影。よく喋る奴こそ寂しがり屋で明るくバカやるヤツ程人知れずな陰が在る。自身のあの頃の"あいつ"はどぅだった?なんだろう観てて感じたこの感覚は?共感とも懐古とも言え言えない不思議な感情が沸いた。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『佐々木、イン、マイマイン』鑑賞。意外と彼自身もしっかり描かれるがあのバカで戻れない日々の象徴のようになっていく青春の終わり映画の素晴らしい再来。「そのうち」に向き合う時は泣き叫んでいい。きみ鳥組の撮影と照明が良くてややテンプレ的な内容を一歩上の映画に。さあ自分の佐々木に浸ろう。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『佐々木、イン、マイマイン』この手の規模の映画にしては音響効果が優れているので音響設備のいい環境で見た方がより楽しめる、リアスピーカーから轟く佐々木コールにはテンション上がらずにはいられないし佐々木の部屋やカラオケボックスも良。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『佐々木、イン、マイマイン』2回目。、終わらせる事、次へ進む事を躊躇ってきた悠二に対し、暗色から薄明に照らされ白く輝く空は何を問いかけるのか?迸った過去にも、微睡んだ現在にも感謝を告げて、惜別の涙を呑み込み、共に歩む終わらない青春劇
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『佐々木、イン、マイマイン』主人公ではないのに、題名に名前が入る程の佐々木の存在感が際立っている。おちゃらけている佐々木が、時に真顔になるその表情に、ガンと頭を殴られた気がする。高校時代とその約10年後と、時間の経過が心を揺さぶる。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『佐々木、イン、マイマイン』「ケンとカズ」で知った藤原季節目当てに足を運んだが、佐々木を演じた細川岳という役者を知る事が出来て良かった、他の役者もしかり。こういう発見があると何だか嬉しい。この映画、自分が29歳の時に観たかったなぁ。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『佐々木、イン、マイマイン』劇場で鑑賞。人生に燻った青年が追想する、嘗ての奔放な親友「佐々木」。繰り返される"別れ"によって築かれた人生の痛切な肯定。物語の筆致が熱く宿す、作り手たちの只ならぬ気迫に圧倒されるばかり。鮮烈な傑作です
    いいね

    良い
  • yukigame
    「佐々木、イン、マイマイン」忘れていた青春の1ページを観せられたような感覚が味わえました。藤原さんと細川さん、上手かったなぁ。#佐々木インマイマイン #邦画 https://t.co/rYIu64RJBb?amp=1
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #佐々木インマイマイン』この映画の正体は何だろう。最初は「こういうヤツもいたよなー」位の感覚が観ているうちに自分の過去にまるで「佐々木」が実在したかの様な気分になってくる。そして今「ササキスペシャル」が無性に食いたい!
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『佐々木、イン、マイマイン』現在と高校時代。誰でも躓いた時に昔を思いだす。高校時代の輝きや面白い友人など。鑑賞し自分も昔が甦る。過去は全て輝いて見えるものだね。現実に引き戻された時、映画同様、嗚咽する状況も。あの頃の友情は永遠だ!
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『佐々木、イン、マイマイン』。改めて芝居ってむずかしいと思う。
    いいね

    残念
  • Hanashi_Sagashi
    『佐々木、イン、マイマイン』回想は早い段階であの家庭環境を見せられた為か、バカやってても全編何しろ切ない。けど最後は絶望的なこちらの予想に対し、熱いカウンターが。桐島と世之介には実は劇場で出会えなかったが、佐々木に出会えて良かった…
    いいね

    良い
  • koti5300
    『佐々木、イン、マイマイン』観賞。止まっていた時計が急に動き出す様に。青く苦くもあったあの日々の想い出が、燻っている今から少しだけ前進させる。あの頃の自分と作品の素晴らしさに涙。良作。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    Pooh_kuru_san
    2169movies / tweets

    follow us