Daughters

みんなの感想/評価
「Daughters」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    6
  • 普通
    6
  • 残念
    6
総ツイート数
52
ポジティブ指数57
公開日
2020/9/18
配給
イオンエンターテイメント・Atemo
解説/あらすじ
中目黒。桜が並ぶ川沿いのマンションの1室で暮らす友人同士の小春と彩乃。共に27歳。ライフスタイルの似ている2人は、よく働き、よく遊び、自由を謳歌したルームシェア生活を送っていた。そんな生活に、変化が訪れる。突然、彩乃からの妊娠の告白。そして、父親のわからないその子どもを産む決意をする彩乃。楽しかった2人だけの生活は、少しずつ変わっていく。過去をふり返りながらも変化を受け入れる彼女たちを、小春側の視点で描く、苦くも美しい10か月の物語。
©「Daughters」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ma_MJ
    『Daughters』二人が可愛くてお洒落なのでリアル感が薄いけど、妊娠というテーマで現実に戻される。アングルや光の入り方、音の使い方がPVみたいで美しいけど、そこは評価が分かれるかも?でも、遊びでするならゴム使え!
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』10)本作が男性性的なるものだということを意図的に表現しなかったのは、最初のセックスと最初の出産シーン。あえてそこを避けたのは本作における最大の欠点。それはこのテーマを扱うなら何かしらあるべき。
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』9)すごく単純にいえば、これは自分たちの話を美しくしようとしたら、中身が違うってタイプ。そしてそこに根っこにある男性性的な価値観が露骨に浮かび上がるから、嫌な価値観が明確になる。
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』8)監督が意図した世界観に私が入り込まなかったら、それはすみませんですが、そもそも論として、日本におけるシングルマザーの状況とかキャリア形成における妊娠・出産のリスクをちゃんと考えたの?
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』7)本作における男性性的な立ち振る舞いは、2020年の映画にも関わらず、バブル時代のノリをそのままやらかしたことと、男性が全く責任を取ることをしないこと。そしてそれを女性に受け入れさせたということ。
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』6)監督にある男性性的な欲望とそれを単純に主人公を女性で置き換えた時に産まれた産物は、とても浅薄な分厚いパンフレットに集約される。あまりにも外面だけを集めて、基本的なことについては興味がないとデザイン。
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』5)本作が極めて「男性的」な理由は、男らしいことの強さについては表現できるが、男らしさの弱さについては、全く描こうとしないところに集約される。見たいものは描かないでは、いくら装飾しても薄っぺらい。
    いいね

    残念
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』4)本作が日本がバブル全盛期なら、まだわかる。そしてシングルマザーになるきっかけになった男が上海に転勤するのもわかる。ただこれ最近の話ではないよね?この作品の下味に漬け込まれている男性的が気持ち悪く浮かぶ。
    いいね

    普通
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』3)主人公の2人は女性で、おそらくメディア関連の人である。そしてルームシェアしているのは中目黒の2DK。家賃相場で考えたら6桁。で片方がシングルマザーになるという話。そして付け足される回想シーン。
    いいね

    普通
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』2)そもそもの問題として、2020年に公開される映画として、本作はどこに位置付けるのかを考えたら、とてもバランスが悪い。醜悪と言ってもいい。 なぜならアカデミズムにいる人間からすればあり得ないのだ。
    いいね

    普通
  • Skeltia_vergber
    『Daughters』1)評価は暫定してB -。69点/100点。 本作はタイトルに反して、とても男性的であるということをどう考えるかですごく悩む。そして私が考える男性的なことと監督が考える世界観との齟齬を考える。
    いいね

    普通
  • yukigame
    「Daughters (ドーターズ)」女性の綺麗な部分のみを描いていて現実的ではないと思いました。#Daughters #ドーターズ #邦画 https://t.co/yWWf2M4Sd7?amp=1
    いいね

    普通
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『Daughters』を鑑賞。友人同士の生活で、一人が妊娠。自分が女性だったら憧れるだろう友情にライフスタイル。二人の関係が素晴らしい。妊娠から子供産むまでの変化に大変だなあと。映像も素晴らしくよかったよ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『Daughters』(20/日) 中目黒でルームシェアしてオシャレ生活を満喫してた仲良し女子2人組。一方が妊娠かつシングルマザーを選択したことで関係性に変化を余儀なくされる。デリケートなテーマも奇を衒わず自然体で描くのがいい。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『Daughters』三吉彩花と阿部純子のW主演で描かれるのは、仲良くルームシェアしてオンやオフも充実して暮らしてきた2人の女性が、片方の妊娠、シングルマザーという人生の選択により夫々現実と向き合っていく様が美しく繊細に描かれる。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『Daughters』@ AC京都桂川観。『G』作品が多い中画で『L』作品やと勝手に期待してw要素は在ったが妊娠を通して小春と彩乃の春夏秋冬十ケ月をPV的に彩った"普通"な物語。変わらない日常を不変にする為には周りの助力、理解力の大きさが必須と痛感する妙に耽美で清々しい画だった。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『Daughters』共に人生を謳歌する女子2人、不変に思えた日常が、一方の妊娠により崩れていく。友情や価値観の変質に戸惑い、不安と孤独感を募らせていく双方が、過去を振り返りながら次第に受け入れていく様を詩情たっぷりでお洒落に表現。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『Daughters』謳歌していた同居女性二人の日々が、一方の妊娠により変容していく。出産までの1年を通し過去と現在が見つめ直される構成は飲み込みやすく、またPVやCMかのような洒落た映像にも魅かれた。シングルマザーの在り方に一つの選択肢の提示とも。男性側は不在だけど面白かった。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • muvieball
    この映画もイオンエンターテイメント配給。『ジオラマボーイ・パノラマガール』の予告編が流れた。 https://t.co/PrYDJHjyKe
    いいね

    良い
  • asapu918
    『Daughters(ドーターズ)』試写。彩乃の不安と小春の寂しさ。母となる女性の価値観の変化、そんな彼女との変わらぬ友情を信じる親友。溝が生まれ、一緒に居るのに孤独な2人の心情が、ゆらゆらと美しい映像で表現される。オシャレなのに… https://t.co/kF635HB8uZ
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2808movies / tweets

    follow us