TOP >作品データベース >アングスト/不安

アングスト/不安

みんなの感想/評価
「アングスト/不安」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
72%
  • 良い
    25
  • 普通
    9
  • 残念
    0
総ツイート数
45
ポジティブ指数100
公開日
2020/7/3
原題
ANGST
配給
アンプラグド
上映時間
87分
解説/あらすじ
刑務所を出所した狂人が、とたんに見境のない行動に出る。
©1983 Gerald Kargl Ges.m.b.H. Filmproduktion
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『アングスト/不安』殺人鬼ヴェルナー・クニーセクの…これはとんでもない劇薬だ。観て下さいと軽々に言えないが、彼の頭の中がこの通りであるのなら一度くらい…いやいや観ない方がいいかもしれない。それにしても役者って凄い。カメラワーク凄い。
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『アングスト/不安』/なんと言っても、とても1983年に制作された映像とは思えないカメラワークに感心。内容は実際の事件を題材にしているわけだが、行動のすべてが理解不能で恐怖と嫌悪感を抱く。ガラス片の上を引きずられたお母さん、大丈夫?
    いいね

    良い
  • rtdn_jp
    『アングスト/不安』最近の映画かと思ってたら1983年公開だった。ジャケットから心霊系かと思ってたら実在する殺人鬼の話だった。90分があっという間。嫌ぁ~な気持ちになった。何度かもう止めようかと思った。どうやって撮影したんだろう。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『アングスト/不安』刑務所を出所した男が目に付いた家に侵入し一家を惨殺。男の狂った脳内思考のナレーションと共に凄惨な光景が繰り広げられる。えぐい映画もたいてい平気な私もこれはおぞましすぎてもう見たくない…強烈な作品には違いないです。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『アングスト/不安』鑑賞。さも自分は完全な悪人とでもいいたげなモノローグと全然うまくいかない現実の落差が著しく、主人公に寄ったカメラワークも不安を掻き立てる。犯罪の残虐さ以上に主人公の精神状態の不安定さと社会からの逸脱に、見ていて文字通り不安になる。1983年制作と思えない。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【アングスト 不安】実在した殺人鬼の残忍な殺傷場面を容赦なく映像化していて慄く。つい死体を演技中のキャストを案じてしまうほど。行動が不気味で異様な上に、思考自体がかなり歪んでいるのがモノローグから伝わってくる。シンセによる肉厚な音楽も印象的。怪作だが余り引き込まれなかった。
    いいね

    普通
  • yamicoke
    『アングスト/不安』殺人を犯して死刑にもならず10年で出所した青年が一家族を皆殺しにする。観客はその一部始終を見守り垂れ流しの内面の声を聞くことになる。世田谷一家惨殺事件を思わせる所もあり、遺族感情を考えれば30年の封印もやむ無し。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『アングスト/不安』 ▼12/15/20鑑賞 【2本立て上映(狂気映画クラシック、禁断の2本立て ポゼッション | アングスト/不安)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『アングスト/不安』1980年にオーストリアで実際に起きた殺人鬼ベルナー・クニーセクによる一家惨殺事件を映画化した実録スリラーは、今から37年前に製作されたとは思えない斬新なカメラワークと殺人犯の視点から事件の顛末が描かれていく。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『アングスト/不安』(83/墺) 刑務所を出所したばかりの快楽殺人者が引き起こす惨劇を、犯人目線で描く実録犯罪サスペンス。犯行のディテールを淡々と事細かに描くことで、犯人の異常さがより際立って映る。被害者一家の愛犬がカワイイ。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『アングスト/不安』 鑑賞は自己責任において覚悟してとか書いてあったので相当気分が悪くなるのではと観るのを悩んだ結果鑑賞。一言でいうと実話なんです。こんなことがあったら恐怖しかない。私が一番怖かったシーンは”ソーセージ”を食べる所。
    いいね

    普通
  • tatsunosuke246
    『アングスト/不安』感想。洗練されたカメラワークは今観ても違和感ないけど...何しろシリアルキラーの凶行と(普通の映画では省略されるであろう)その後の事後処理を淡々と描いていくだけの映画なので、非常に居心地が悪い作品。表現自体は今の基準だとそこまでゴアではないです。
    いいね

    普通
  • shignak
    映画】アングスト/不安みてた。○。83年の作品だと思うと撮影が斬新なのだが、今だとそれほどでもない。自慰のような身勝手な妄想を聞きつつ、手際の悪い殺人を見せられる。ダックスフンドが良かった。殺害を見ているところとか、入れ歯とか。
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『アングスト/不安』を鑑賞。刑務所から出所後、そのまままた殺人へ。主人公落ち着けって感じですね。こういう心理になってしまうともうどうしようもないんてでしょうね。不遇な子供時代で作られてしまったとんでもない男だ
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『アングスト 不安』鑑賞。 犯行シーンよりも序盤の犯人の顔のアップや食事、軋む音、歩く音、鍵の音、家具の不気味な配置の方が恐いし、劇場に貼られた事件の全容の方が遥かに恐くコッチを映像化されてたら完全にアウトだった…。
    いいね

    普通
  • kukucoo
    →これが滑稽に見えるように撮る演出が、一番あってはならないものなのかも。そういう意味では上映禁止が正解。壮絶な現場が臭うようなのに映像はシャレていて、やっぱり撮っちゃ駄目、こんなの。『アングスト/不安』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →やっていることはヘドが出る酷さだけれど、行動はどこか滑稽。こんなに酷いのについ笑いそうにすらなってしまう。これが精神異常と判定されなかったのは時代なのか。とりあえず…「犬は〇〇です」で良かった『アングスト/不安』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『アングスト/不安』全世界上映禁止の問題作ということで、見ちゃいけない系だと思っていたけれど見たい衝動に勝てずについ行った。まさに衝動に勝てない主人公と同じような感じになっちゃったじゃん…。しかし覚悟していたせいか覚悟よりはアッサリ。wikiで読んだ実際の事件の方が酷い #映画
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『アングスト/不安』アート感さえある狂ったアクション喜劇。カメラ位置が面白くて上から追ったり定点だったり取り付けたりと働きアリの生態を観察してるかのよう。とにかく忙しい。独白と行動の乖離で笑い、記憶や妄想をからめてゾッとする。テンションの制御が素晴らしい斬新で早すぎた傑作だった。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『アングスト/不安』@ シネマート心斎橋観!「ご利用は計画的に」実話…に基づく頭の中で描いた妄想は現実では上手く運ばないこのしっちゃか具合がリアルで滑稽で!実行前の根拠の無い高揚感と自信「こんなはづでは…」の焦りと突拍子な言動に異常と天才、恐怖と笑いは表裏で紙壱重と改めて感ずw
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    TaulNcCar
    2582movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us