TOP >作品データベース >あのこは貴族

あのこは貴族

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    63
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
615
ポジティブ指数98
公開日
2021/2/26
配給
東京テアトル/バンダイナムコアーツ
解説/あらすじ
都会に生まれ、箱入り娘として何不自由なく育てられ、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされてしまう。気が付けば 20代後半、名門女子校の同級生たちの結婚、出産の話を聞くたびに焦りが増すばかり。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、ハンサムで良家の生まれである弁護士・青木幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、幸せが叶えられたかに思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に慶應大学に入学し上京したが、学費のために夜の世界も経験したが、中退。恋人はなく、仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。同じ都会で暮らしながらも、出会うはずもなかった 2 人の人生が静かに交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく。山内マリコが、東京の異なる<階級>に生きる女性たちの葛藤を描いた傑作長編小説「あのこは貴族」の映画化。
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ohtk4i
    『あのこは貴族』/東京では見えない階層が存在するらしい。地方に住む自分は身を持って感じたことはないが、こういう交わらない世界があるのだろう。どちらが良くてどちらが悪いとは思わないが、あちらの階層に生まれたかったとは全く思わないな。
    いいね

    良い
  • skpabannzai
    『あのこは貴族』階層による交通手段の対比(タクシーと自転車)や生活習慣の違いを観客に認識させながら、同一人物の行動の変化(タクシーから歩きへ)を見せる事で、自身の人生に対する主権を取り戻していく過程が上手く描かれている。元気を貰える
    いいね

    良い
  • pervert_phantom
    見逃していた『あのこは貴族』を昭和館で観て堪能して帰宅途中。 同時上映(花束みたいな恋)は観てるのでスルー。
    いいね

    良い
  • hayashi_rin5
    『あのこは貴族』同じ東京にいるのに違う世界に生きる2人の交わりが、数少ない言葉でストンと心に降りる。会話の間合いがとっても丁寧に作られていて、その間にいろんな想像が頭をよぎる。階級社会を嫌味なく素直に見つめた描き方がとっても好き。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『あのこは貴族』「どこで生まれても最高だと思う日もあれば泣きたくなる日もある」この言葉の懐の深さ。いかようにも受け取れる感情や現実。みんな望んだように生まれてきたわけじゃないからこそ、この映画が輝きを放つのかもしれない。素晴らしい。
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『あのこは貴族』東京の中でも階層の違う2人の女性の物語。格差を切り口にどちらかを批判する内容でなく、フラットな視点でそれぞれの人生の切り開き方を描いている。役者陣の所作で見せるバックボーンも見事。丁寧で優しく心に響く作品だった。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『あのこは貴族』単なる貧富の差ということでなく、結局は日本も、家の格という階層に縛られた階級社会なんだなということを見せつけてくる。作品としては女性目線だけど、そこから抜けられなくて一番しんどいのは幸一郎だよね。
    いいね

    良い
  • bintang1999
    『あのこは貴族』石橋静河の台詞が全女性の胸を打つって感じで泣いたよ
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『あのこは貴族』東京で一人暮らしたことのある地方出身者には…刺さるなぁ。泣ける。自転車シーンが素敵なのは良い映画の法則。希子ちゃんと麦ちゃんのキャスティング、逆でハマってた。しかしFacebookは名刺代わりなんだね。時代ですなぁ。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『あのこは貴族』 ▼7/17/21再鑑賞 【2本立て上映(映画監督・岨手由貴子の魅力 グッド・ストライプス | あのこは貴族)】
    いいね

    良い
  • robasuke2015

    良い
  • ohtaniya74
    映画『あのこは貴族』鑑賞@キネマ旬報シアター。地方vs東京という構図よりも俳優たちの演技に魅入ってしまう映画。原作者、主演二人、そして監督も女性。日本映画もちゃんとした女性映画を撮れるようになったのかと感慨深いものがある。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『あのこは貴族』貴族は殿上人しか認めない!東京の成金だとブルジョアだよな。せいぜい地方の豪族止まりで。だから階級差にこだわるのかもしれない。やたら外食に金をかけるのは、スマートじゃないし、貴族だったら食事も基本、家で取り揃えるだろう。だから富山出身のミキティのほうその血筋かも。
    いいね

    普通
  • ultra_k_zero
    『あのこは貴族』予想以上に良かった。どう生きていくかのアドバイスに溢れてて、東京についての違和感もすごく納得させられた。ガールズムービーとか言ってるけど性別関係ない。石橋静河は相変わらず素敵だし、水原希子は知らない役者のようで○
    いいね

    良い
  • spau_39
    『あのこは貴族』20210227@新宿武蔵野館 華子の友人役の石橋静河のセリフに名言多し!
    いいね

    良い
  • halm2f
    『あのこは貴族』主役を食うほどの水原希子の自然な演技が素晴らしい。”貴族”のしきたりやシステムに本当に反吐が出そうだった。女性ならではの演出もいいがラストの描き方に少し疑問を抱いた。毒にも薬にもならないラスト。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『あのこは貴族』原作は読んでいたので、映画を観る前は、水原希子が東京出身、門脇麦が田舎出身の方が合っているのではと思ったが、映画を観て、このキャスティングで正解と感じた。ラスト近く、広い道路を挟んで、二人が手を振り合う場面が印象的。
    いいね

    良い
  • LionNEXT
    『あのこは貴族』 ▼3/20/21鑑賞 【封切上映】
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    渋谷シネクイントにて映画『あのこは貴族』鑑賞。2021年11作品目。評価はA+。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『あのこは貴族』観る前は、門脇麦と水原希子は逆じゃない?って思ってたんだけれど、実際観てみると、いやこれであってるなと。そのあたり2人の役者の見事さやね。華子自身も上流階級なのに、その上に政治家がいるという憤慨 #あのこは貴族と私
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    4410_Kupa
    2285movies / tweets

    follow us