TOP >作品データベース >グッバイ、リチャード!

グッバイ、リチャード!

みんなの感想/評価
「グッバイ、リチャード!」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
96%
  • 良い
    26
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
81
ポジティブ指数96
公開日
2020/8/21
原題
The Professor
配給
キノフィルムズ
上映時間
91分
解説/あらすじ
「余命180日です」。大学教授・リチャードに告げられた突然の余命宣告。博学でエレガント、真面目な夫として美しい妻と素直な娘との何不自由ない暮らしを送っていたはずのリチャードの人生は一変。追い討ちを掛けるかのように妻に上司との不倫を告白された彼の日々は予期せぬ展開を迎える。死を前に怖いものなしになったリチャードは残りの人生を自分のために謳歌しようと決心。あけすけにものを言い、授業中に酒やマリファナを楽しむ。ルールや立場に縛られない新しい生き方はリチャードにこれまでにない喜びを与え、人の目を気にも留めない彼の破天荒な言動は次第に周囲にも影響を与えてゆく。しかし、リチャードの"終わりの日"は着実に近づいていて…。
©2018 RSG Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • maccha6madame
    『グッバイ、リチャード!』ジョニーデップが本当に普通の人間を演じてる、と言っても、突然余命宣告をされる。こーゆー時、人はどうなるのか。余命をどう生きるのか。
    いいね

    普通
  • tsuccheee
    58本目『グッバイ、リチャード!』(@Mitte_10)。J・デップ扮するリチャードの破天荒ながら死を目前にした素直な心情の吐露は、家族や教え子でなくとも心を揺さぶられ、意外にも目頭が熱くなった。人生を生き抜く勇気を与えてくれる。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『グッバイ、リチャード!』こんなジョニデが観たかったという人は多いはず。突然余命を告げられた男の話。彼は幼い頃から母親との関係が良くなかったのだが「ベティ・スーに捧ぐ」の言葉がエンドロールに。生者は必ず死ぬ。誰ひとり例外なく。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『グッバイ、リチャード!』突然余命宣告されたらどうなるのか。リチャードのそれまでの自分を解放した姿は、やさぐれていようとどこか清々しく見えてしまうし、でも棘を隠し持っている。そんな姿もJ.デップがとても似合ってました。さすがです。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【グッバイ、リチャード!】癌で余命宣告を受けたリチャードの生き様は破格で素敵…J.デップらしい皮肉語りもあってユーモラス。宣告前の姿は見せず対称性で想像させる演出は潔いが、考え方を変えていくステップをもう少し見せてくれたら…とは思う。“旅立ち”の映画的表現が何とも美しい。#映画
    いいね

    良い
  • koba84Q
    『グッバイ、リチャード!』突然の余命宣告、さてどう生きる?でもなく、独り戸惑い抱えたまま覚悟も後悔もないよう振る舞うのは案外現実。死ぬために生きよとか、人々にささやかな棘を残し。鐘を見に行くとか少し仏教的だし。やさぐれ教授の刹那。
    いいね

    良い
  • trustpine
    グッバイ、リチャード!、観ました。余命僅かの大学教授が、残りの人生を自分のために謳歌することで、自分らしく生きることの意味を見つめ直すセンスのいい小品です。ジョニー・デップのチャーミングな色気と皮肉なジョークが融合した芝居が秀逸。ゾーイ・ドゥイッチ、オデッサ・ヤングもいいですね。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『グッバイ、リチャード!』劇場で鑑賞。死を目前にした大学教授が謳歌する余生。飄々とした振る舞いに人生への後悔を滲ませた主人公の妙味。シニカルな笑いを巧みに交えた微温な筆致の中で、枯淡の色気を漂わせるJ・デップの芝居が絶品。良作です
    いいね

    良い
  • jaknori1006
    『グッバイ、リチャード!』突然、余命宣告されたリチャード、自分の死を目の前にして人生を振り返る男の物語。テーマは重いけどコメディタッチで描かれているので暗い気持ちにはならない、死について少し考えさせられた作品。ジョニーの演技も素敵
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #グッバイリチャード!』宣告余命半年をどう過ごすか主人公の選択は唾棄すべき相手には容赦無く親友や生徒達愛する家族には初めて本気で何かを遺そうとする。一見自暴自棄的な行動もあるが限界ある時間の中で人はどう生きるべきかを教えてくれる。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『グッバイ、リチャード!』観てきた。余命宣告を受けた大学教授が残る人生を模索する様を描く…というとありがちな筋のような感じも受けるが、そこはジョニー・デップの力量で魅せる映画に仕上げている。特殊メイクでないジョニーを見られます。
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『グッバイ、リチャード!』 やさぐれ中年の終活みたいな内容で、J・デップの雰囲気に合っていて、中々良かった。デップは、若い時よりも今の方が良いなって個人的には思いました。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『グッバイ、リチャード!』(The Professor)鑑賞。142 千鳥足になるとジャック・スパロウが見える。が。 メッセージがあって素面で鑑賞できる珍しい良作。 #eiga
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『グッバイ、リチャード!』突然の余命宣告で破天荒を発揮する主人公。ジョニデの実像とも雰囲気被りリアル感も出て良かった!ジョニデの顔演技も素晴らしい。CGや化粧してるジョニデより私は今回のように素で演じるジョニーが大好き!
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『グッバイ、リチャード!』(18/米) 開始冒頭1分で余命半年を告げられるリチャード。自暴自棄になるかと思いきや、死を受け入れて自分に正直に生き始める。決してお涙頂戴に走らず、シニカルなコメディテイストを貫き通しているのが潔い。
    いいね

    良い
  • yukigame
    「グッバイ、リチャード!」死を目の前にして自分と向き合ったら何が見えるのかしら。 ⇒ https://ameblo.jp/yukigame/entry-12620227808.html #グッバイリチャード #ジョニー・デップ
    いいね

    良い
  • yabu7
    『グッバイ、リチャード!』ステージ4の肺がんで余命は180日と医者から宣告されるが誰にも言えず、やけになってしまうリチャード。その気持ちが凄く伝わってきた。自分だったらどうするだろう?6年前に心筋梗塞を患ったときは思わず終活を考えたことを思い出した。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『グッバイ、リチャード!』ジョニーには、こんな人間味のある役をこれからも演じてほしい。いろいろとお騒がせな話題はありつつも、今まで好きだったジョニーの姿が久しぶりに見られて嬉しかった。
    いいね

    良い
  • Alisalyssa
    『グッバイ、リチャード!』残された時間で時に無茶をやりながら、生徒に親友に家族に生きることについて温かくすばらしい言葉を残して行ったリチャード。涙涙涙だったけど、おかしくて愛おしくて観ている私たちにも笑顔をくれた彼が大好きになった。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『グッバイ、リチャード!』死と向き合った男の絶望感をシニカルなコメディテイストで描いているのでほんの少しでも純然たるコメディ寄りになっても、悲壮感漂うドラマ寄りになってもダメ。絶妙のバランス感覚で仕上がった言うなればファンタジー。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    tamagawajyousui
    1777movies / tweets

    follow us