TOP >作品データベース >ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

みんなの感想/評価
「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    21
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
92
ポジティブ指数100
公開日
2020/10/9
原題
The Last Black Man in San Francisco
配給
ファントム・フィルム
上映時間
120分
解説/あらすじ
変わりゆく街・サンフランシスコで、変わらない大切なもの。家族の記憶が宿る家とたった一人の友。それだけで人生はそう悪くないー。サンフランシスコで生まれ育ったジミーは、祖父が建て、かつて家族と暮らした記憶の宿るヴィクトリアン様式の美しい家を愛していた。変わりゆく街の中にあって、観光名所になっていたその家は、ある日現在の家主が手放すことになり売りに出される。この家に再び住みたいと願い奔走するジミーの思いを、親友モントは、いつも静かに支えていた。今や”最もお金のかかる街”となったサンフランシスコで、彼は自分の心の在り処であるこの家を取り戻すことができるのだろうか。多くの財産をもたなくても、かけがえのない友がいて、心の中には小さいけれど守りたい大切なものをもっている。それだけで、人生はそう悪くないはずだ――。そんなジミーの生き方が、今の時代を生きる私たちに温かい抱擁のような余韻を残す、忘れがたい物語。
©2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • TaulNcCar
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』監督ジョー・タルボット(29)はこれが長編デビューという才人。友人のジミー・フェイルズを主役に技巧と詩情たっぷりに故郷への思いを語り切った。A24の先輩バリー・ジェンキンスの影響か。Arriのデジタル映像の凝った色調が美しかった。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』鑑賞。見逃さなくてよかった。A24からまたも素晴らしい才能の出現。驚きのオープニングから街への愛憎溢れる映像詩に魅了される。ブラインドスポッティングで知ったジェントリフィケーションだが本作は寓話的でもあり誇りさえあれば貧すれど輝く。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』弾き出されてどこにも行けない。でも声高には主張しない。友に寄り添う優しい友。大人たちはどこかネジが外れてしまっている。かつて住んだ家は幸せの記憶。サンフランシスコって坂の町なんだね…
    いいね

    良い
  • FreeMVE2
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』傑作
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』★★★☆☆遠景の良いショットがある。
    いいね

    普通
  • uoa3
    【ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ】祖父が建てた家を取り戻そうと奔走する友人に付き合うモント。彼はいつも演劇のアイデアノートをズボンに突っ込んで鉛筆を耳に挟んでいる様がええ感じ。本当に大切なものは?身をもって教えてくれる
    いいね

    良い
  • mylgbtqseats
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』傑作
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』主人公が暮らした街は大きな変化を遂げ、高級住宅街に。変わりゆく街と取り残された人々。主人公はその壁を一息に乗り越えようとする。無理とは知りながら、寄り添う友の誠実さに胸を打たれる #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』子供の頃、家族と暮らした家は貴重な建築様式のため、観光スポットに。しかし、一家は生きるために家を手放していた。1人生きる主人公が家にこだわったのは家族との思い出があるからか。 #映画
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』劇場で鑑賞。心の拠り所となる場所の変容に、静かに揺らぐアイデンティティ。祖父の建てた家に執着する青年と、彼に寄り添う親友が織り成す素朴な友情は、独特の筆致で繊細に、鮮やかに綴られる。秀作
    いいね

    良い
  • trustpine
    ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ、観ました。サンフランシスコを舞台にした、かつて家族で住んでいた家を買い戻そうと奔走する男の姿を通し、友情や家族の絆など自らが存在するコミュニティの大切さ、そして本来の自分になるために自問する一人の男の姿を描いた作品です。秀逸です。
    いいね

    良い
  • rm_11_09
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』 爺さんが作った我が家を取り戻したい 幼馴染みの2人が監督と主役になって自分たちの想いを映像化した物語は、サンフランシスコの抱える残酷ささえ憧れに見えるほど とても美しかった
    いいね

    良い
  • tomochan2013101
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』男性二人の友情が熱い。サンフランシスコは変貌していっても友情は不変。劇中劇が楽しかった!普通の人が買えない家になったら住む家って言うより単なるステータスになるね。幸せは地道でないと。
    いいね

    良い
  • LUCKYCL06401923
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』…映像が綺麗で序盤から最高
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』主演のジミー・フェイルズの自伝的物語を、幼馴染みのジョー・タルボット監督が映画化した本作は、変わりいくサンフランシスコに取り残された人々のリアルと、人生で本当に大切なものは何かを問う。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』加速していく時代に取り残され、嘗て笑顔でいれた居場所を求める黒人社会と街の諦念のエレジー。既存のブラックムービーには無い独特の手法が生む文学性と奥ゆかしさが却って鮮烈で、悲哀が深く滲みる
    いいね

    良い
  • iceboat_rider
    #ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ 』タイトルの意味が分かってから号泣でした。とても静かに、でもとても強く心に訴えてくる作品です。パンフレットがないのが悔やまれる…!それにしても #A24 は本当にいい映画作るよなぁ。
    いいね

    良い
  • amatoama
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』見る前は当然の如く黒人ヘイトの人権ヒューマンドラマかと思いきやアーティスティックなカット割りやゆるーく進む展開に拍子抜けも徐々に本題のテーマに展開して落ち着く。家にステータスや心の置き所
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』(The Last Black Man in San Francisco)鑑賞。170 風景の美しさと楽曲の良さ。街や社会の移り変わりの話に見せかけて人の成長を描く。 #eiga
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』変わり行く美しい街で身を寄せあい生きる黒人男性二人が生き甲斐となる思いや大切なものを失う抗えない運命に翻弄されるも前にしか進まない人生を送る。経験した事の無い切なさを感じた清廉な映画。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    besi_sake
    2317movies / tweets

    follow us