TOP >作品データベース >はりぼて

はりぼて

みんなの感想/評価
「はりぼて」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    25
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
121
ポジティブ指数100
公開日
2020/8/16
配給
彩プロ
上映時間
100分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
“有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一”である保守王国、富山県。2016年8月、平成に開局した若いローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」とスクープ報道をした。この市議は“富山市議会のドン”といわれていた自民党の重鎮で、その後、自らの不正を認め議員辞職。これを皮切りに議員たちの不正が次々と発覚し、半年の間に14人の議員が辞職していった。その反省をもとに、富山市議会は政務活動費の使い方について「全国一厳しい」といわれる条例を制定したが、3年半が経過した2020年、不正が発覚しても議員たちは辞職せず居座るようになっていった。記者たちは議員たちを取材するにつれ、政治家の非常識な姿や人間味のある滑稽さ、はりぼてを目のあたりにしていく。しかし、はりぼては記者たちのそばにもあった。本作は、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえるその後を追った政治ドキュメンタリー。
© チューリップテレビ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『はりぼて』数えたカットは648。不正について取材される市議たちの様子が崩れていくのはやっぱり笑ってしまう。同時に開き直ったり弱音を吐露したりする顔は人間的で応援したくなる気持ちもわかる。市長のずるさも露になるし、映像という媒体の強さを感じた #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『はりぼて』鑑賞。市議政務活動費の不正が次々出てくる辞任ドミノは洒落にならないが、この不正を明るみに出したジャーナリズムの力が感じられる。国政でもこれぐらい質問しないと。そして、情報開示請求の力もはっきり出ている。黒塗りの「公開」など許してはいけないのだと改めて感じた。
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『はりぼて』鑑賞。富山のテレビ局が議員の不正を追ったドキュメンタリー映画。不正を隠そうとした政治家、役人のすっとぼけた姿が映像に残ってることで逆に喜劇に見えてしまう。しかし最後のオチは日本全体の状況を現していて笑えない
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『はりぼて』買い物のお釣りごまかそうとして、バレて親に怒られてる間黙ってる子供の様。 しかし同時に、組織の外側から「けしからん!」と憤るのは簡単だが、内側にいたとき、空気に逆らう声を自分だったら挙げられるだろうか…等と考えてしまう。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『はりぼて』チューリップテレビさん頑張ったな、と思う。市会議員ってやることないんやろか…。議会事務局にチェック機能は課せられないだろう…〝制度的〟に。でもさ、当選者は有権者の鏡なのでもある。報道に圧力(か自己規制)がかかったのかな。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『はりぼて』9/12鑑賞 めちゃめちゃおもしろかった。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『はりぼて』ナレーションは安定の山根基世と、「半沢」が浮かぶ。でも、半沢は出てこない。チューリップテレビの記者とキャスターは頑張った。彼らのその後が気になる。一番の悪は市長、制度的にコメントする立場にないと繰り返すばかりの無能さ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『はりぼて』(20/日) 富山県にあるローカル局チューリップテレビが、富山市議会の政務調査費不正を突き止めた、調査報道の一部始終をまとめたドキュメンタリー。きちんとファクトを調べて追及する正しいジャーナリズムの在り方をみた。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】はりぼて見てた。◎。田舎の県庁所在市の議会と不正と人間関係。コメディのように不正が暴かれていく古参議員達、制度を連呼して語らぬ市長、変わる議長、若めの議員のアレ、などを経た正々報道からの終盤。何が「はりぼて」だったのか。
    いいね

    良い
  • TateishiAkiko
    『はりぼて』4)地元の方の反応とかも印象深かったです。地方のしがらみの強さ、仲間意識、それ自体がわるいわけではないし。地方政治の闇には、国政とは違う濃さがあると思いました。
    いいね

    良い
  • TateishiAkiko
    『はりぼて』3)そしてこの虚無感、無力感にとどめをさすラスト。政治から実際に圧力があった訳ではなく、これもまた組織の忖度の結果なのだとすれば。メディアのあり方も含めて正に日本の縮図でしかないという。
    いいね

    良い
  • TateishiAkiko
    『はりぼて』2)最初はあまり不正のしょぼさに笑い、次には誰もが同じ穴のムジナだと分かって呆れ、最後には1周まわってこれなんなんだ??となる。おもしろうてやがてかなしき、何だろう。これが日本の縮図なのでは、て、言われて何も違和感ない。
    いいね

    良い
  • TateishiAkiko
    『はりぼて』1)ひっさしぶりのユーロスペースにて鑑賞。ソーシャルディスタンス!富山市議会の不正問題を暴いたローカルテレビ局、チューリップテレビによるドキュメンタリー。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『はりぼて』前評判通りの面白さ!おじさんおじいちゃん達が追い詰められてお詫びと涙と土下座の連打。富山市議会の酷さに怒りを通り越して笑いしか起きません!そしてひとしきり笑った後、背筋が冷たくなりました…私が住んでいるとこにもいそうだわ
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『はりぼて』国会議員にするつもりの議員で1億だから、不正内閣というのが実情なのだろうな。なぜそれが追求されないのか。ラストで衝撃の事実が。この報道記者の方は報道とは関係ない経理部や退職せざる得ない状況になっていた。酷い社会だ。これが今の日本の政治。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『はりぼて』最近のドキュメンタリーは傑作が多い。これも地方局(富山「チューリップテレビ」)での政務活動費の不正スクープを追ったドキュメンタリー。市議会で次々発覚する不正資金。ほとんどの議員がやっているとするとどんだけ税金が使われているのか?一人500万ぐらいとして、市議会議員だ。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『はりぼて』富山市議14人を辞職に追い込んだチューリップテレビによるドキュメンタリー。議員たちの情けない言葉に劇場内は失笑の連続。開き直って辞めない議員も。最後にはまさかの展開。富山市民はもっと怒ってほしい。監督二人には心から拍手!
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『はりぼて』富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを浮き彫りにしたこのドキュメンタリーは上映中に何度も失笑を起こしたが、その権力に向けた矛先はやがて有権者でもある我々にも向けられていると思う。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『はりぼて』完全なドキュメンタリーなのだが、本作終盤に描かれるのは「そうきたか…」と思わせる展開。この終盤の展開部分にスポットを当てるともう一つ「ドキュメンタリー映画」ができるのではないかとも思えるが、それはちょっと無理な望みかな…
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『はりぼて』が投げかけている問題は、富山特有の問題では無く、日本国中にあふれているのだろうし、国政の場にも見て取れる。今のところ公開も限定されているが、もっと注目を集めて多くの人に観てもらいたいというか観るべき映画だと思う。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    yukigame
    3079movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us