TOP >作品データベース >マティアス&マキシム

マティアス&マキシム

みんなの感想/評価
「マティアス&マキシム」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    28
  • 普通
    1
  • 残念
    2
総ツイート数
99
ポジティブ指数94
公開日
2020/9/25
原題
Matthias & Maxime
配給
ファントム・フィルム
上映時間
120分
解説/あらすじ
たった一度の偶然のキス。そして溢れ出す、友達以上の想い。 マティアスとマキシムは30歳で幼馴染。友人が撮る短編映画で男性同士のキスシーンを演じることになった二人は、その偶然のキスをきっかけに秘めていたお互いへの気持ちに気付き始める。美しい婚約者のいるマティアスは、親友に芽生えた感情に戸惑いを隠せない。一方、マキシムは友情が壊れてしまうことを恐れ、想いを告げずにオーストラリアへと旅立つ準備をしていた。迫る別れの日を目前に、二人は抑えることのできない本当の想いを確かめようとするのだが―。
© 2019 9375-5809 QUÉBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Marienbad1105
    『マティアス&マキシム』 マキシム母子の繰り返される衝突シーンにオーバーラップさせた弁護士マカフィの台詞「いつもそうなんだ」に 鳥肌。ピアノの旋律に乗せた表情、仕草にざわめくような心の機敏と普遍的な愛の苦悩が鮮やかに活写
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『マティアス&マキシム』なんか妹からのいきなりの映画出演オフォーになんとなくOKしてしまう展開から、どんどんあらぬ方向にはまっていく2人だが、といってもそこまでLGBTしているわけでもなく、ちょっと中途半端な内容だった
    いいね

    残念
  • eri1_10bit
    『マティアス&マキシム』10/4 先にオンライン試写会で見たけどスクリーンでも絶対見る!と思ったので。音響の違いは大きいです。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『マティアス&マキシム』@ なんばパークスシネマ観!良かった!「この手」の作品で壱っちゃん好き!我が身の心底に在る感情の発露は何時、どんな切欠かは人は解らないのかもしれない…親密な友情が愛と気付いたその後の葛藤や色々な揺れる感情の画が痛く切なく感じる程巧い!雨夜までは完璧だった!
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『マティアス&マキシム』待ってた〝ドラン節〟とは少し違って肩透かし。でも何か遠くを懐かしむような、切ない気持ちになる。パーティばかりしてるこの子達は、それほど仲間時代が幸せだったの。言葉の応酬はその証?二人の恋落ちは自然の成り行き。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マティアス&マキシム』マキシムの母は生活保護を受けている状態で一緒に暮らしている。そこでオーストラリアに旅に出て再浮上を図ろうとしているのかな。この母と息子の関係がけっこうシリアスで、その反動としてパーティ場面はぶっ飛んでいる。音楽の使い方もいい。チェッカーズのノリだよな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マティアス&マキシム』ガキの頃から親友同士の悪ガキグループが大人になって、パーティとかで再会するのだがそれぞれ違う風に育っているわけ。友人の妹が撮る自主制作映画で男同士のキスシーンを演じることでゲイとして覚醒してしまう。マティアスはエリート人生だけどマキシムはどん底生活。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『マティアス&マキシム』映画の中で映画を撮るシーンがあるのだがそのときの監督役の女子が「象徴派で表現主義」というのだが映像は印象派で映画は表現主義?の感じのグザヴィエ・ドラン監督の斬新さを表現した映画かな。青春映画なんだけどゲイであることを意識してしまう男と親友の別離の映画。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『マティアス&マキシム』グザヴィエ・ドラン、地元に帰って自ら主演の原点回帰の作。それがたまたま男性同士だったというだけで、男女間の恋愛と何が違うのか。まさにピュアな恋愛映画。友情が恋愛に変わる時、急に気持ちが爆発する場面が特に鮮烈。
    いいね

    良い
  • mylgbtqseats
    『マティアス&マキシム』監督作の中でも傑作に届く
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【マティアス&マキシム】恋愛感情は理性で捉えたり制御したりできない。それが今までの親密な関係や将来までをも壊すと気付いたときの困惑は同性愛で一層振幅大きく。以前よりあっさり目な演出だが人物像や台詞の外側にある感情を映像で汲める描写に満足。華やいだ集団の情景が新鮮で印象的。 #映画
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #マティアス&マキシム(2) 💜優しい気分に浸る。赤と青の使い方が印象的。彼の色だったり自分の色だったりするのが、呼び名を交換するCMBYNに繋がるかな。植木鉢が消えるのは『不在』の映像化かな。ソファの端と端からリラックス笑顔。
    いいね

    良い
  • 2440560316
    『マティアス&マキシム』 日本の配給会社が監督の「これはただのラブストーリーなんだ」という言葉を誤解釈した広告を打って注目を集めた映画だけど、わたしにはラブストーリーとは感じられなかったです、あまりに幼稚がすぎて。
    いいね

    残念
  • fleur_eau
    『マティアス&マキシム』裏と表ともいえる2つの視点だが、マティアス側に焦点を絞った方が良かったのでは? この内容に極端なまでの毒母設定は少々無理を感じる。ドラン作品の中では最も取っ付きやすいが、反面没個性にも映る。
    いいね

    普通
  • garancear
    『マティアス&マキシム』今の時代に新鮮なほど純粋で繊細な恋愛映画。好きだと言えない認めたくない葛藤とバカな行動、恋だ〜。イケメンが大勢出てくるのもさすがドラン監督。仲良しチームが始終わちゃわちゃしているのが楽しそうで羨ましい。 #映画
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『マティアス&マキシム』幼なじみの2人。友情と信じていたものが違うものだった事に気づき、戸惑う数日間。自分の気持ちに戸惑いつつも、相手の気持ちも確認したい。残された時間は少ない。繊細な心の動きを柔らかい映像で表現。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『マティアス&マキシム』「君の名前で僕を呼んで」に感銘を受けたグザヴィエ・ドランが「トム・アット・ザ・ファーム」以来6年振りに自身の監督作に出演した本作は、恋と友情の狭間で揺れる2人の男を柔らかな色彩と光の中で浮き彫りにしていく。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『マティアス&マキシム』劇場で鑑賞。偶然のキスが友情に齎す波紋。決定的に変質した関係に葛藤する主人公二人の心の機微を巧みに、繊細に掬い取る俊英X・ドランの演出力に感心。"青春の終り"の一抹の苦みも含んだ爽やかな幕引きが鮮烈。良作です
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿ピカデリーで『マティアス&マキシム』を鑑賞。仲間たちが仲良さそうでいいですね。一つのキスから、もう気になっちゃいますよね。同性だとどう振る舞っていいのかっていう戸惑い。繊細な映画でよかったですよ。
    いいね

    良い
  • snake954
    『マティアス&マキシム』みる。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    renn6161
    3036movies / tweets

    follow us