TOP >作品データベース >ある画家の数奇な運命

ある画家の数奇な運命

みんなの感想/評価
「ある画家の数奇な運命」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    30
  • 普通
    1
  • 残念
    1
総ツイート数
195
ポジティブ指数97
公開日
2020/10/2
原題
WERK OHNE AUTOR
配給
キノフィルムズ、木下グループ
上映時間
189分
解説/あらすじ
ナチ政権下のドイツ。少年クルトは叔⺟の影響から、芸術に親しむ⽇々を送っていた。ところが、精神のバランスを崩した叔⺟は強制⼊院の果て、安楽死政策によって命を奪われる。終戦後、クルトは東ドイツの美術学校に進学し、そこで出会ったエリーと恋に落ちる。元ナチ⾼官の彼⼥の⽗親こそが叔⺟を死へと追い込んだ張本⼈なのだが、誰もその残酷な運命に気付かぬまま⼆⼈は結婚する。やがて、東のアート界に疑問を抱いたクルトは、ベルリンの壁が築かれる直前に、エリーと⻄ドイツへと逃亡する。晴れて美術学校で創作に没頭するが、教授から作品を全否定され、もがき苦しむ。だが、魂に刻む叔⺟の⾔葉「真実はすべて美しい」を信じ続けたクルトは、ついに⾃分だけの表現⽅法を発⾒し新作を完成させる。それは、罪深い過去を隠し続けた義⽗を震え上がらせる作品でもあった―。
©2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • aoyadokari
    『ある画家の数奇な運命』大学の先生はヨーゼフ・ボイス(がモデル)だと思うのだが。役者が似ていた。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ある画家の数奇な運命』叔母さんをガス室に送った医者の娘が主人公の彼女だった。そのへんでごちゃごちゃしたストーリーなのだが、ちょっと退屈かも。彼女のエロスシーンで繋いでいるけど。もう少しエンタメ要素があっても良かったかな。あと悲劇性とか、まあ成功譚だからそういうのは排除したのか。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ある画家の数奇な運命』エロい叔母さんが甥っ子に退廃芸術展とかに行って絵心を教える。ちょっと叔母さんは不思議な人でバスのクラクションを鳴らして和音の音の中でヒロインになって浸るというシーンが面白い。それでも統合失調症の精神病患者としてガス室に送られてしまう。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ある画家の数奇な運命』でもエンタメ映画ではなく、あくまでもある芸術家の半生を描いたドイツ映画らしいシリアスな映画。こういう映画で興味を引きつけていくのはやっぱエロスなんだよな。最初に登場してくる叔母さんのエロいこと。子役が服の隙間から見えるおっぱいに釘付け。チラリズムの妙。 
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『ある画家の数奇な運命』ドイツの現代美術の巨匠、ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画。美術に疎いので知らない人でした。それでも興味を持てたのはアウシュヴィッツのガス室で殺された叔母さんのシーンが優生思想をテーマとして、『スパイの妻』と見比べても面白いのじゃないか。
    いいね

    良い
  • mylgbtqseats
    『ある画家の数奇な運命』傑作の神業
    いいね

    良い
  • halm2f
    『ある画家の数奇な運命』こんなにもセリフの少ない主役も少ないのではないだろうか?「なんかお前言えよ!」と思ってしまった。さらに最低最悪の義父に映画として落とし前をつけないのも納得いかない。また、西ベルリンの学校紹介が長すぎる!
    いいね

    残念
  • birdmtbird
    『ある画家の数奇な運命』目をそらさない。真実は全て美しい。真実はいつも美しくなきゃダメなのに真実はいつも隠され、追求しようとすると叩かれ攻撃される、脅迫されて石ころのように踏み潰される。やはり真実がキチンと伝わる世の中になって欲しい
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ある画家の数奇な運命 ♦189分があっという間。主人公が自分の絵を見出していくところが最高。写真を超える模写。重なる2つの絵。指が指し示す先。偶然が生み出す真実に慄く義父。"健常者"のみの世界を異常と思わない歪みっぷりが怖いー。
    いいね

    良い
  • FreeMVE2
    『ある画家の数奇な運命』excellent!
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ある画家の数奇な運命』悲しみも喜びも正義も悪も、経験した全てが自分が何者かを語るもので、それを見つめることで芸術が生まれる。「何が真実でそうでないか分からないように」とのリヒターの希望に添いつつ、波のような感動を与えてくれました。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ある画家の数奇な運命』彼は一人の女性を愛し、ただただ自分の絵を追求し描く。それだけなのに、二人のエリーと三人の教授が彼の運命を数奇なものへと導き、真実と気づかない真実を描く流れ、構成は189分の長さを感じさせない見事さでした。
    いいね

    良い
  • snake954
    『ある画家の数奇な運命』みる。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ある画家の数奇な運命』鑑賞。 出てくる人達ほとんどが美形で映る瞳も美しく、3時間越えなんだけど全然飽きることなく惹き込まれるし不思議な体験だった。 そしてマックス・リヒターさんの音楽が非常に美しく素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『ある画家の数奇な運命』鑑賞。 ナチスの優生思想による全編重苦しい内容と思ったら違って、次に悲劇な恋愛劇と思ったらそれも違い、自分の追い求める芸術を確立する話だと思えば復讐劇になっていく??と今までに珍しいほどあちこち振り回された。
    いいね

    良い
  • goma_3110
    『ある画家の数奇な運命』ドイツの画家ゲルハルトリヒターの半生をモデルにした映画。ナチス政権、ドイツの東西分裂を踏まえつつ主人公が画家としての確信を得るまでの過程がドラマチックに描かれる傑作。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #ある画家の数奇な運命』戦争とナチスに翻弄された画家は戦後東独で安定的地位を得るも真の芸術を求めて西へ脱出。ナチスによる断種の恐怖や妻を巡る義父との相克そして何より芸術性を方向付けた恩師ヨーゼフ・ボイスとの出会い等見処満載の映画。
    いいね

    良い
  • milyfuji
    『ある画家の数奇な運命』リヒターがモデルとしか知らず、長いから大丈夫という不安は杞憂に終わった。ナチス政権下という時代背景の中、運命の皮肉、芸術家の苦悩、才能の開眼。それらが絶妙なバランスで美しい映像と共に展開するのでまるで飽きない
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ある画家の数奇な運命』実在の巨匠画家の半生。戦争で邪魔されたが逆手に取って独創的絵画や芸術作品を産み出した!彼女の父親がナチス。隠された正体も性格がどす黒く差別主義者。主人公が物を言わないがその父親へリベンジする様は痛快だった!
    いいね

    良い
  • tsuya_pi
    『ある画家の数奇な運命』 ★★★★ 人は個でありながらもなにかの意味を持って他者やその時代とともにいる。愛し合うふたりの美しい姿だけでなく、過去の痛みにも目を逸らさず真摯に向き合い芸術へと昇華させていくのがとても素晴らしい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    d_hinata
    2826movies / tweets

    follow us