TOP >作品データベース >イサドラの子どもたち

イサドラの子どもたち

みんなの感想/評価
「イサドラの子どもたち」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    2
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
7
ポジティブ指数100
公開日
2020/9/26
原題
LES ENFANTS D’ISADORA
配給
コピアポア・フィルム
上映時間
84分
解説/あらすじ
モダンダンスの始祖として知られるイサドラ・ダンカン(1878~1927)。20世紀初頭、舞踏の世界に革命を起こした彼女は、1913年4月、二人の子どもを事故で亡くし、その痛みに苦しみながら、亡き子どもたちに捧げるソロダンス「母」を創り上げた。それから100年の時を経て、現代に生きる4人の女性がイサドラの「母」と邂逅する―。『若き詩人』『泳ぎすぎた夜』(五十嵐耕平との共同監督)が話題を呼んだフランスの俊英ダミアン・マニヴェルが、まったく新しい試みで「母」の翻案に挑み、イサドラと子どもたちの物語を紡ぎあげる。女たちの身体を通して呼応し、伝播していく、喪失と再生の物語。イサドラの抱えた痛々しくも狂おしい愛が、時を超え、いま私たちに継承される。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Pooh_kuru_san
    『イサドラの子どもたち』モダンダンスの始祖 イサドラ・ダンカンの創作ダンス「母」に込められた想いを100年の時を超え、自身に共鳴させる4人の女性。言葉にならないものを身体が伝え、観る者の思慮を奮わせる豊潤な円環は、澄んでいるのに濃密
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『イサドラの子どもたち』モダンダンスの始祖と知られるイサドラ・ダンカンのソロダンス「母」に込められた思いや悲しみを、3つの章で4人の女性の身体を通して浮き彫りにしていく本作は、国や時を超えて現代に母と子の切ない物語を綴っていく。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『イサドラの子どもたち』試写。伝説的ダンサー、イサドラ・ダンカンが遺した創作ダンスをモチーフにした映画。殆ど台詞のない抽象的な作品。4人の女性の心象風景が詩情溢れる映像で綴られる。子を愛する母の神々しさを表した繊細な振り付けと、アレクサンドル・スクリャービンの音楽が印象的。
    いいね

    良い
  • makossa53
    イメフォにポスター貼ってあったけど「イサドラの子どもたち」祝公開!!山形の思い出と共にある昨年のダントツナンバーワン。絶対もっかい見なくちゃ。 https://t.co/QZUEUdlZH2
    いいね
  • isadora_2020
    映画『イサドラの子どもたち』とは?② 物語を綴るのは、それぞれ異なる身体/年齢/境遇にある4人の女たち。 <第一章>振付師のアガトはイサドラの自伝を読んでいる。図書館で見つけた舞踊譜と作曲家スクリャービンの音楽を手がかりに、「… https://t.co/rgbwpLGd3E
    いいね
  • NorikoshiTakao
    試写「イサドラの子どもたち」を見に久しぶりに渋谷へ。ハチ公口の改札が変わったことにも知らなかったくらいの久々。
    いいね
  • homitas1
    「イサドラの子どもたち」9月26日に公開日が決まったんだ!しかもシアターイメージフォーラムー!この作品秋に観たかったからぴったりだなぁ。そして夜1回だけとかでもいいからダミアンマニヴェル監督の『パーク』も合わせて上映して欲しいなぁ… https://t.co/AS1MqNWbA0
    いいね
    関連動画
    video not found.
    YouTubeのキーワード検索で自動取得していますので、
    関係のない動画が表示されることがあります。
    more info
    coco 映画レビュアー
    jasminya
    1902movies / tweets

    follow us