TOP >作品データベース >夏への扉 ーキミのいる未来へー

夏への扉 ーキミのいる未来へー

みんなの感想/評価
「夏への扉 ーキミのいる未来へー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
70%
  • 良い
    21
  • 普通
    8
  • 残念
    1
総ツイート数
38
ポジティブ指数100
公開日
2021/6/25
配給
東宝、アニプレックス
上映時間
118分
解説/あらすじ
1995年東京。ロボット開発をする科学者の高倉宗一郎は、尊敬する偉大な科学者であった亡き父の親友・松下の遺志を継いだプラズマ蓄電池の完成を目前に控えていた。愛猫のピートと松下の娘・璃子との穏やかな日常の中で、研究に没頭する日々を送っていたが、信頼していた共同経営者と婚約者の裏切りにあい、自身の会社も発明途中のロボットや蓄電池も奪われてしまう。さらに宗一郎は、人体を冷凍し未来に行ける装置・コールドスリープに入れられ、目が覚めたとき、そこは2025年の東京だった――。原作は「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。
©2021「夏への扉」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 138_kaz
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』内容的には、前半がややだるく感じたが、後半は逆に展開がトントン拍子過ぎてちとチグハグに感じた。面白くはあるんだけど、さらっとした感触で鑑賞後の印象が薄い。藤木直人のアンドロイド演技は秀逸だった。あとあの会社の受付のアンドロイドも。
    いいね

    普通
  • 138_kaz
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』原作未読。時間SFの古典といわれる原作だが、三木孝浩監督らしくわかりやすくきれいにまとめたなあという印象。そして相変わらず女優をきれいに撮るのが上手い!清原果耶の魅力をここまで引き出したのはさすがという他ない。清原果耶ファンは必見。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』ハインラインの原作が大好きで、今まで何故映画化されないのだろうと思っていたが、まさか日本で映画化されるとは。ただ、設定をいろいろ変えたのは、まあ良しとして、原作に比べて、何だかすんなり進み過ぎでは?
    いいね

    普通
  • eichan2014
    #夏への扉ーキミのいる未来へー』善悪のはっきりしたタイムリープ物。義理の兄弟愛と淡い恋愛感情の間で揺れる賢人君と果耶ちゃん、見守る大人の原田泰造、端正な顔立ちが映えるアンドロイド役藤木直人が素晴しかった。結末承知でまた観たい作品。
    いいね

    良い
  • shironeko_anri
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』原作小説が60年以上前の作品なので物語は王道ですね。鑑賞前は不安だったラブロマンス要素もちょうど良い効かせ方で好印象。温かなドラマと素敵なラストで後味も良いです。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』全体的に非現実的(非科学的)だし、かなり序盤で先の展開が簡単に予測できるのは残念だけど、最後はまさにサプライズで、リピートしたくなったほど。個人的にはピート役の猫ちゃんに助演男優賞(?)をあげたい!
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    映画『夏への扉キミのいる未来へ』感想。時間周りのロジックは今となってはちょっと厳しいかな、と思ったけどキャストの良さで充分楽しめた。原田泰造さんが滋味溢れる方になるとは...ミスチルのクロスロードが「昔の名曲」扱いなのは、リアタイで聴いていた身としてはなんとも言えない気分。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『夏への扉 キミのいる未来へ』藤木直人の評判がいいが、50歳の中年男性ヒューマノイドというのがエイリアンやターミネーターみたいで微笑ましい。三木孝浩では唯一観られるけど昔Eテレでやってた少年少女向けSFドラマの劇場版って感じです。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『夏への扉 キミのいる未来へ』ハインラインの小説を日本で映画化?と思ったけど意外によく出来てて面白かった、なんか誤魔化されたような後半はは65年前出版された原作のせいでもう一寸上手く脚色出来てたらよかった。ピートの活躍が物足りない。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】夏への扉 ーキミのいる未来へーみてた。◎。冒頭のシークエンスでこことは別の世界線の上を見せたうえで、原作を上手く活かしたなと言うのが感想。なぞっているところの演出が平坦で緊迫感が少なかったのが残念だった。藤木がよかったな。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』(21/日) 冒頭のある描写で我々のいる世界とは異なる世界線だというのを一瞬で見せる手腕はスマート。オーバーテクノロジーが幾つか出てくるが、そういうものが存在する世界の話だと割り切って楽しめた。
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』山﨑賢人君がぴったり。清原果耶ちゃんもキュート!ヒール役の夏菜、藤木直人も役にはまってた。ターミネーターをも彷彿。三木監督らしいロマンスファンタジー。ミステリー要素もありとても面白かった!
    いいね

    良い
  • lovetravelmovie
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』タイムリープ物とは知ってたけど、全然飛ばない!飛ぶまでのドラマが往年の昼ドラのようにコテコテだ。30年後の世界を楽しみつつも、やはりラスト30分の伏線回収がマジ楽しい!さらにラスト3分で号泣やぁ~~
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『夏への扉 -キミのいる未来へ-』原作を活かした頑張った企画。ただ三木孝浩なら主人公の葛藤や恋慕に絞りもっとロマンスファンタジーがいいのでは。物語る事が多過ぎSFや人物描写が辻褄合わせやコントに。ミスチル頼み、あの名作っぽく、山程の委員会と変わらないまさに日本の失われた〇十年。
    いいね

    普通
  • kannnamist
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』タイムリープ大好きマンのワイ大満足でした 清原果耶の清潔感ある感じが嫌味なくとてもよかった もちろん山崎賢人も そして藤木直人にここまで持ってかれると思わなかった
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』タイムリープ物はどうしても突っ込みたくなるけれが、瑞々しい若い二人の演技と、SFだけど人間ドラマに重きをおいていたので大丈夫。ヒューマノイド役の藤木直人さんと猫の演技を観るだけでも価値があるかも。
    いいね

    普通
  • dwpcs477
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』タイムリープ作品は矛盾が多いものがありますが、こちらの作品は爽やかな感動ものです。今をときめく朝ドラ女優とLISAさんの主題歌だけでも満足しました。
    いいね

    良い
  • halm2f
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』ヒーロー、ヒロインよりも脇役のヒューマノイドと猫がいい演技?している。彼らがいなかったらただのタイムワープものになっていただろう。コールドスリープについてはインターステラーが正確に描いていた。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』@ AC茨木観。原作は洋書(知らない)?山崎賢人&清原果耶のなんとも瑞々しいタイムリープ作品。そこに総てをかっさらって行く藤木直人が加わる!更に猫も!w"結果からの視点、想起"がちょっと珍しい。普通に観易い展開も物足りなさは有る物の好感触。
    いいね

    普通
  • GD_momoco
    『夏への扉 ーキミのいる未来へー』こ、これは藤木直人の一人勝ちではないですかね?そして猫ちゃん可愛い。アークの不老不死よりこちらの冷凍保存を希望します(笑)後半の詰め込み方が凄いけれど、一つ一つのエピに浸れて心が温かくなった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2847movies / tweets

    follow us