TOP >作品データベース >シリアにて

シリアにて

みんなの感想/評価
「シリアにて」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    9
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
105
ポジティブ指数86
公開日
2020/8/22
原題
insyriated
配給
ブロードウェイ
上映時間
86分
解説/あらすじ
シリアの首都ダマスカスのアパートに住む女主人のオーム。未だ内戦の終息は見えず、アサド政権と反体制派、そしてISの対立が続いていたが、ロシアの軍事介入により、アサド政権が力を回復しつつある。そんな中、戦地に赴いた夫の留守を預かるオームは、家族と共にアパートの一室にこもり、そこに身を寄せた隣人で、幼子を持つハリマ夫婦とともに、何とか生活を続けている。ある日、ハリマの夫がレバノンの首都ベイルートに脱出するルートを見つけ、今夜こそ逃げようとハリマに計画を話していた。脱出する手続きをするために、夫はアパートを出て行くが、外に出た途端スナイパーに撃たれ、駐車場の端で倒れてしまう。一部始終を目撃していたメイドのデルハンは慌ててオームに知らせるが、外に出るのはあまりにも危険である。助けに行くことはできない。デルハンはハリマに夫が撃たれたことを伝えようとするが、オームは彼女が狙撃されることを恐れて、デルハンを押しとどめる。ハリマにはまだ生まれたばかりの赤ん坊がいる。彼女を守るためにオームは苦渋の選択をするのだが…。
©Altitude100 – Liaison Cinématographique – Minds Meet – Né à Beyrouth Films
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • haripote40
    『シリアにて』カーテンを開けるとそこは毎日が戦場だ。外との繋がりは極力排除して守る家と家族。爆音が響き、家々を物色する足音におののき、神経が研ぎ澄まされていく1日。しかし、また夜は明ける。この1日はどこに終わりがあるのか。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『シリアにて』普通の家族が暮らす家。しかし、窓の外は内戦の真っ只中。子供の頃の暮らしから抜け出し、やっと手に入れた家に固執する主人公。そんなに家は大事なのか。追い詰められた日常でなんとか立っていられるのはその執着によるのか。 #映画
    いいね

    良い
  • tokokonatsu
    『シリアにて』これは東京国際映画祭で鑑賞したものですが、リアルで残酷な現実を描写した作品でした。市街地で起こる戦火の残酷さ。みんながみんな、人間性のぎりぎりで生きている。ひたひたと押し寄せる恐怖が凄まじい。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『シリアにて』そこは既知の事実として、戦争についての説明は省略され、誰が攻めてきているのかの説明もなく、ただそこに戦争/内乱がある。殆ど部屋の中の場面だけなのに、戦争という暴力の恐ろしさ、理不尽さを十二分に描き出していることに驚く。
    いいね

    良い
  • garancear
    『シリアにて』室内のみ、1日のみを題材にしてずっしりと重い戦争映画とは出色の作品。他人も含めた拡大家族が身を寄せ合い、家の外には死が待つというシチュエーションにアンネの日記を連想した。中まで侵食してくる死と暴力の残忍さ。これは誇張でもないリアルなんだろう。 #映画
    いいね

    良い
  • ohtaniya74
    映画『シリアにて』鑑賞@岩波ホール。最初から最後まで主人公女性に1ミリたりとも感情移入できない胸糞悪いシリア内戦の映画。結論として戦争なんてするもんじゃないと、また思った。
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    『シリアにて』窓の外は砲弾が飛び交う泥沼の内戦下、アパートの一室に立て篭もるあるコミニティーの24時間の密室劇。正解の無い状況で自分を律するマダムの内省的で孤独な闘いにみる張り詰めた緊迫感。銃器とは無縁な人々の生き残る為の葛藤と希望
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『シリアにて』2017年東京国際映画祭鑑賞。印象に今も残る映画。戦火でアパートから出れない人々。現実にこのような事が起こっている。それは現在も。重い映画ではあるがどこか希望も感じる内容だった。ヒアムの存在感も残った。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #シリアにて』内戦下での密室劇。家族同居人を守るべく時には鬼になるマダムの心の葛藤がサスペンスフルに描かれる。政治的信条だ宗教的信念だと美辞麗句を叫ぼうと現場では略奪と強姦が蔓延る。戦争は何も生まない。元は善良な人達も野獣になる。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    戦争ドラマなのに銃器や戦車が出ない異色密室劇。家長となった女性の願いは家族の無事。中盤で起こるある展開には、観る者誰もがどうすればいいのか自問自答すること必至。そこで取る彼女の選択は責められるのか。否、砲弾も爆弾も飛び交う日常で暮らしていない我々に責める権利はない。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • dcfmpm
    テアトル梅田で『シリアにて』観賞。 家の外が常に交戦中でそんな状況で日常を維持しようとしたらそらすごいストレスだし閉塞感や息苦しさがじわじわ増していくなか、もっと直接的な暴力が侵入してくる怖さ。あのレイプのときもし自分があの家族のなかにいたら果たして何ができたか正直答えがでない。
    いいね
  • sgouchan
    映画「シリアにて」シリア内戦下、マンションの自室をシェルターとして、家族や隣人と暮らす女主人(演技が素晴らしい)。密室劇の緊張感。厳しい内容の作品、息を呑んで観た。私達の日常とのあまりの違い、その現実を知らなければと思った。
    いいね
  • arukeiarukei
    『シリアにて』。こんなに絶望的な話は久々に観た。住宅地に爆音と銃声が絶えず鳴り響く中、余りにも過酷な状況を女たちは生き抜こうとする。その連帯に仄かな希望…。秀作。 #シリアにて 場所: 岩波ホール https://t.co/Q2VI8pO05o
    いいね
  • JYKO6xAaQFCzoHr
    「シリアにて」(2017年ベルギー・フランス・レバノン)フィリップ・バン・レウ監督 8月めっちゃ頑張ったから、自分へのご褒美に。岩波行ってきたよ。 いや~、重い。主役の女優さんが素敵。 閉塞感、緊迫感がたまらん。戦争怖い。
    いいね
  • yoppii2010
    『シリアにて』 辛いシーンもあるので全ての人にお勧め出来ないけど凄い映画だった。シリアに限らず普遍的な内容でもあり、色々と考えさせられる。没頭し過ぎて91分あっという間だった。 #twcn #cinemactif #MCTT
    いいね
  • sonowapark
    フィリップ・ヴァン・レウ監督「シリアにて」 戦場での生活は、こんなにも死が身近で絶望的なのか感じさせる作品でした。 家族たちを必死に守ろうとする女性たちの決断と行動には、力強さがありました。
    いいね
  • wrum_rea
    映画館で観た中ではソビエト政権下での飢饉を描いた「赤い闇」、奴隷解放と南北戦争「ハリエット」、「シリアにて」「馬三家からの手紙」が心に残っている。
    いいね
  • iwanami_hall
    【支配人あいさつ】只今、岩波ホールは、改修工事のため休館中です。最終日となった9月25日の『シリアにて』最終回におこないました、支配人 岩波律子のあいさつをアップしました。たくさんのお客様のご来場、誠にありがとうございました。https://t.co/LhYWBpdhWd
    いいね
  • serupi1106
    私が観てきた数少ない日本の映画作品は、加害性や暴力描写や性暴力描写に"酔っている" と、「シリアにて」を観てはっきりと思いました。
    いいね
  • ichihi_ja
    今日「シリアにて」を見に行くかどうか迷ってたんどけど、今日は見なくて良かったかも。あまりにも辛い現実。
    いいね
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    4849movies / tweets

    follow us